« 「三陸沖、宮城県沖地震」の続き | トップページ | 奥秩父の国師ヶ岳へ »

2016年8月28日 (日)

台風10号の進路予測

310261std
(8月28日18時の気象庁発表の台風10号進路予測)

Wp1216
(JTWCホームページに発表された進路予測)
(画像はクリックすると拡大します)
気象庁は、台風10号の予想進路について、関東地方上陸の可能性もあるとしてきましたが、最新情報では、もう少し北上し、東北地方上陸の進路を取るだろうと修正しています。
JTWC(米軍合同台風警報センター)でも、台風情報を発表していますが、こちらは当初から東北地方の牡鹿半島付近を台風上陸地点としてきました。
JTWCの予報と、気象庁の最新情報と比較すると、どうやらほとんど同じ進路を取るようです。
実は過去の台風進路予測を見ても、JTWCの進路予測は、かなり正確なのです。
JTWCの観測体制、情報収集等については、よくわかりませんが、迷走台風などの場合、気象庁予測と比べるてみると、役立ちます。
台風10号は、香港提案のLIONROCK(ライオンロック)という名がつけられています。香港の山の名前だそうです。いかにも強そうな名前ですが、悪いことに福島原発直撃の可能性もあります。
〇先の台風9号で、東京電力は次のような発表をしております。
「東京電力は22日、台風9号による降雨の影響で、福島第1原発の護岸に設置された井戸から汚染地下水が地上にあふれ、港湾内に流出する恐れがあると発表した」
地下水があふれ出ないよう、東電は護岸に設置された五つの井戸「地下水ドレンなどから、断続的に地下水をくみ上げている。東電によると、22日午後4時50分現在、海抜約4メートルの護岸地上に対し、観測用井戸で測定された地下水位は約3メートル50で余裕は約50センチしかなかった。

東電が国費350億円を使った、凍土壁工事による地下水流入阻止は、事実上失敗に終わりました。
凍結しなかった幅約20m~25m
の土壌から、通常でも集中的に地下水が流入しています。その量は凍土壁工事以前と変わらないと東電から発表されています。すなわち、周りの地下水が、弱い部分に集中しています。それが台風による雨量増大で、地下水は一気に増して、原発建物地下部分に流入するでしょう。
海寄りの護岸部分では、上記の台風9号以上に、汚染地下水が港湾内に流出することでしょう。港湾内と発表されますが、福島原発港湾内の海水は、常に外洋と入れ替わっているのです。すなわち汚染水が概要に流れ出す量が、格段に増大するということです。
福島原発では、台風10号に備えて、懸命の対策が行われているようですが、現場では、もう、打つ手がないと悲壮感が漂っているとも、建設会社担当者から漏れ伝わってきます。
ライオンが暴れないことを、祈るばかりです。

|

« 「三陸沖、宮城県沖地震」の続き | トップページ | 奥秩父の国師ヶ岳へ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 「三陸沖、宮城県沖地震」の続き | トップページ | 奥秩父の国師ヶ岳へ »