« 参院選が終わり、「日本会議」が牙を研ぐ | トップページ | 城ヶ島の海の青さと、黒松の並木道に感激 »

2016年7月15日 (金)

キキョウの花が負けるものかと競い合う

Dsc00778_1024

 Dsc00780_10245年ほど前、鉢で買ったキキョウ3本を、花が咲き終わってから庭に直植えしたところ、毎年花を咲かせてくれるようになりました。(写真上) クリックすると拡大します)
 困ったことに、キキョウは花が終わると枯れてしまい、地上からは消えて見えなくなります。
それでも翌年の春にはかわいい芽を出してくれるので、植えてあった場所をしっかり覚えておかないと、他の花を植えるためにうっかり掘り返してしまうことになります。
そこで、植わっていた場所に名札を立てて、保護してかわいがってきました。
僕は山でも良く見かけるキキョウの花の青さが好きです。リンドウはもっと好きです。
 このキキョウに異常が起こったのです
実は3本では寂しいので、近くの花屋の店先にあった売れ残っていたキキョウ2鉢を買ってきたのです。(写真の右側の鉢植え2本が新参者)
花が終わってから、直植え3本の横に植えてやろうと思ったからです。
そして、今年、今まででは考えられないくらいの、多くの花を咲かせたのは、前からある直植えの3本です。
「おっ!新しいのがきたぞ」グズグズしていると抜かれてしまうぞと思ったのか、なんと、横に置いた新参者である、鉢植えのキキョウに負けないくらいの花を咲かせたのです。
競い合わせると、すこしサボリ気味だった植物も目を覚ますことが良くわかりました。
さて、直植えになった5本のキキョウが、来年どうなるのか、ちょっと楽しみが増えました。

|

« 参院選が終わり、「日本会議」が牙を研ぐ | トップページ | 城ヶ島の海の青さと、黒松の並木道に感激 »

コメント

キキョウを見ると、儚さを感じていましたが、栽培が大変な事は知りませんでした。種は違いますが、今トルコキキョウがとても好きです。先日親代わりだったおじが急死し、淡いブルーと白のアレンジメントで天国へ送りました。やはり儚い花ですね。つい、色々想い出してコメントしてしまいました。

投稿: モリサチ | 2016年7月21日 (木) 17時49分

>モリサチさま
この、キキョウ、まだ毎日咲いているのですよ。確かに儚さを感じる、少し寂しげな花ですね。花言葉も「永遠の愛」の他に「清楚」もあります。僕も淡いブルー系の花が好みなので、トルコキキョウも好きな花の一つです。叔父上のご冥福をお祈りします。

投稿: Souroku | 2016年7月28日 (木) 12時50分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 参院選が終わり、「日本会議」が牙を研ぐ | トップページ | 城ヶ島の海の青さと、黒松の並木道に感激 »