« まさか、甘利明元経産相の云う第三者の元敏腕特捜検事の弁護士もこの人! | トップページ | 西原斜面林にて---紫陽花と玉虫 »

2016年6月12日 (日)

日本聖公会川越キリスト教会---フランス積みレンガ建築を見る

Dsc00668_1024
昨日(2016年6月11日)、日本共産党の志位委員長が、大宮駅で街頭演説をするというので、聞きに行きました 。
参院選で、安倍内閣の改憲に向けての勢力拡大を、何としても阻止したいという熱意が伝わる約45分間の演説でした。
 安倍総理から野合と嫌味を言われようが、いまや野党連合の「時の人」、会場の「そごう」前には多くの聴衆が集まっていました。
自公民安泰の選挙情報が流れる中、安倍政権の暴走を止める選挙結果が出ることを、痛切に感じた午後でした。

帰りに、川越線で川越に寄り、前から見たいと思っていた、日本聖公会川越キリスト教会を見てきました。
川越の大火で消失した明治期の古い建物を、大正10年に再建したレンガ造の教会です。
国の登録有形文化財にも指定されている由緒ある建物です。
ここには、前にホフマン窯について書いた、深谷の日本煉瓦製造のレンガ使われました。
数多く残るレンガ造建物でも、この教会に見られるフランス積みの建物は、現在、保存が確認されているのは、全国で約20棟程と、ほとんど残っていないのです。
数少ないその一つに、最近世界遺産に登録されて人気のある富岡製糸場があります。
東京では、池袋の立教大学キャンパスが有名です。
実は志木市にも、貴重なフランス積みレンガ造の建物が1棟あるのですが、この指定文化財級と思える建物は、個人所有で公にされず、残念ながら公開されていないのです。
昨日の川越は、土曜日でもあり、多くの観光客が訪れていました。
しかし、「時の鐘」近くにありながら、ここ川越キリスト教会を見学する人の姿はありません。
僕がフランス積みだなどと、目を輝かせても、一般の人にはただのレンガ造の古い地味な教会にしか見えないでしょうから。
Dsc00681_1024教会を見た後、川越駅に戻る道すがら、これも国の登録有形文化財に指定されている、レストラン「太陽軒」の建物を見ました。
ネットに情報が多いので、ここは写真だけとします。
それよりも、太陽軒の隣がスカラ座だったとは、知りませんでした。
川越市内に残る唯一の映画館にして、埼玉県最古の映画館でもあります。
経営者が高齢となり休館していたところを、若い人たちが、NPO法人を立ち上げ、映画館を存続させたのです。このあたりの事もネットを検索すると多くの情報があります。
今の時代、街の小さな映画館を存続させていくのは、とても大変なことだと思います。しDsc00688_1024かし、こんな映画館があることがとても嬉しいことです。
暑いし、歩き疲れたので、仲町の川越市指定有形文化財「田中屋ビル」のカフェ「エレバート」の2階で武州ハムをつまみに、小江戸ビール飲んで喉を潤しました。
かみさんはこの店の人気メニューである「さつまいもプリン」がとても美味しいとご機嫌でした。
2階から降りる階段の手前に、高さ1.2mほどの黒い蔵の扉のような非常口が有ったので、建築屋の性、これはどこに通じているかと聞いてみました。
なんと、寿司、懐石料理で有名な「風凛」さんとつながっているとの事。
そうか、「風凛」は田中屋さんの 大正4年に建てられた建物の住居部分を改装して店にしたもの、このカフェとは隣り合わせに繋がっていたのでした。そんな謎解きもして、ビールの心地よい酔いを感じながら、東武東上線の川越駅を目指したのでした。

|

« まさか、甘利明元経産相の云う第三者の元敏腕特捜検事の弁護士もこの人! | トップページ | 西原斜面林にて---紫陽花と玉虫 »

コメント

ソネットのブロガーにもレンガ造を研究している人が何人もいますので、その方たちのブログで私も多少レンガ積みを勉強させてもらっていますよ^^

投稿: トックリヤシ | 2016年6月13日 (月) 08時40分

>トックリヤシさま
レンガ積みもそうですが、世の中には森羅万象、本当に様々な分野を研究している人たちが多いですね。僕もレンガ積みの事を、レンガ研究家の皆さんのブログから勉強させてもらっています。

投稿: Souroku | 2016年6月13日 (月) 20時14分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« まさか、甘利明元経産相の云う第三者の元敏腕特捜検事の弁護士もこの人! | トップページ | 西原斜面林にて---紫陽花と玉虫 »