« ホフマン輪窯へ---失われたレンガ刻印の記憶を求めて | トップページ | 鐘撞堂山に登る »

2016年5月10日 (火)

5月7日--西原斜面林の植物その1

Karasumugi_1024

5月7日(土)
月に二度行われている西原斜面林の手入れ作業に参加しました。
作業の合間に、いつものようにエコシテイ志木の会員の方から教わった植物です。
とても勉強になり、参加の楽しみの一つです。
(写真上)左から、カラスムギ、イヌムギ、ネズミムギ (クリックすると拡大します)
道端でよく見かけるイネ科の雑草として、見過ごしていましたが、西原斜面林だけでも、3種類を教わりました。確かによく見れば、形がかなり違いますね。
「wikipedia」に次のように書かれていました。
植物の名称に「カラス」や「イヌ」と付けるのは、それが人間の食用には適さない植物であるという見方によることが多く、このカラスムギもその1つである。しかし実際は食用に適しており、欧州や中東では栽培化以前にも野生種が利用されていた。
食用に適していると書かれていますが、実際に雑草のカラスムギをミルク粥にして食べた方のブログあり、美味しい書かれていました。
http://portal.nifty.com/kiji/110630145443_4.htm

|

« ホフマン輪窯へ---失われたレンガ刻印の記憶を求めて | トップページ | 鐘撞堂山に登る »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ホフマン輪窯へ---失われたレンガ刻印の記憶を求めて | トップページ | 鐘撞堂山に登る »