« 西原斜面林の八重ヤマブキ | トップページ | ホフマン輪窯へ---失われたレンガ刻印の記憶を求めて »

2016年4月26日 (火)

ユガテから顔振峠へ

Dsc00459_1024
4月20日(水)
天気予報で、好天が約束されたので、かみさんと急遽軽い?ハイキングに行ってきました。
場所に、奥武蔵の「ユガテから顔振峠へのコース」を選んでみました。
西武池袋線の東吾野駅で下車し、一つ先の吾野駅まで歩く周回コースで、歩行程約4時間です。
実は、志木から東吾野までは、東武東上線で川越駅まで行き、JR川越線に乗り、東飯能駅で西武池袋線に乗り換えると、約1時間半ほどで到着できるのです。
川越から先は川越線、西武線とも単線で、電車の運行便数も少ないので、乗り換えに時間がかかりますが、実際の乗車時間は1時間ほどなのです。
柳瀬川駅を8時31分に出て、乗り換え2回で吾野駅に9時48分に到着しました。

先ず、ユガテを目指します。コース途中にある、駅から20分ほどの福徳寺の境内を抜け、飛脚道と書かれた裏道に入ります。
しっかりした案内板もあり、ここから登りになります。
福徳寺は武蔵野三十三観音霊場の第30番の寺で、阿弥陀堂は鎌倉時代の和様建築として国の重要文化財に指定されています。小さな建物ですが、端正な姿は一見の価値ありだと思います。
少し急な上りの細い山道を歩くこと約50分ほどで、ユガテに到着しました(写真上)

暗い杉林の中から、突然明るく開けた広い場所に出るので、初めて訪れる方はちょっと驚きます。
暗い杉林と書きましたが、この顔振峠へのハイキングコースは、ほとんどが単調な杉林の中を歩く道で、かみさんにはつまらないコースと不評でした。
ユガテは山中に、農家が数軒ある隠れ里のような場所で、春には花が咲き乱れ桃源郷とも呼ばれる雰囲気の場所です。
僕がずいぶん前に訪ねた時には、初めてだったとこともあり、山道を抜けて突然現れた時代劇でも見るような集落に、タイムスリップしたような感じがして、確かに山上の楽園かと思いました。今日のハイキングの目的も、かみさんにこの場所を案内したかったのです。
しかし、今回は畑のフェンスなども目に付き、前より村落全体が狭く思えて、花は咲いていましたが桃源郷と呼ぶ雰囲気は残念ながら感じることができませんでした。かみさんも、ふーん、桃源郷?といった顔つきです。
以前には無かったベンチもあり、ここで昼食。
数人の登山者に今日初めて会いました。
ここから、エビガ坂、十二曲り、越上山分岐を経て諏訪神社を経て、顔振峠に抜けました。逆コースを歩く数人の登山者には会いましたが、杉林のなかの静かな山道歩きでした。山吹とシャガの花が、いたるところに咲いていて、鶯の鳴き声が、常に聞こえていました(写真下4枚)Dsc00467_1024

峠手前から、車道を少し歩き、目的地である顔振峠に到着。ここには茶店もあります。
目の前に、今日初めての眺望が開け、このハイキングコースで、ここが一番良い場所だねと、かみさんも喜びました。僕もガイドとして、ちょっとホッとした気分。(下の大きな写真2枚)
峠下に立つ、摩利支天を祀る二重の塔のある建物の縁側に座り、のんびり休憩。
最後は、吾野駅まで約1時間の下り道で今日のハイキングを終えました。
実は、吾野駅から送迎バスのある「休暇村奥武蔵」の日帰り入浴施設に寄りたかったのですが、歩くのに思ったより時間がかかり、運行便の少ない送迎バスに乗り遅れてしまいました。タクシーもいない、じつに不便な場所にある休暇村施設で、営業できているのかと心配になるほどです。

Dsc00468_1024

Dsc00470_1024

Dsc00471_1024

Dsc00477_1024
Dsc00479_1024

|

« 西原斜面林の八重ヤマブキ | トップページ | ホフマン輪窯へ---失われたレンガ刻印の記憶を求めて »

コメント

はい、私のよく歩くところです。すべてわかります
ユガテはちょっと変わったかもしれません
前はベンチなど無かったからです。
摩利支天から眺める山村はのどかですね
最近、この道通りました。
休暇村のお風呂ですが、前は60歳以上は半額だったのですが、最近寄ったら割引なし。入りませんでした
サービス後退したように思います

投稿: マジョ | 2016年4月29日 (金) 22時01分

>マジョさま
マジョさまの散策コースなのですね。山道を歩くことならどんなところでも幸せ気分になる僕と違い、かみさんはなかなかうるさいのです。でも帰ったら、またどこか歩きたいと言っていますので、このコース、まんざらで嫌ではなかったものと思っています。

投稿: Souroku | 2016年5月 1日 (日) 16時39分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 西原斜面林の八重ヤマブキ | トップページ | ホフマン輪窯へ---失われたレンガ刻印の記憶を求めて »