« 川内原発を停止させると決断するのは何時、そして誰なのか---政府は稼働継続に危ない賭けをしている | トップページ | ユガテから顔振峠へ »

2016年4月19日 (火)

西原斜面林の八重ヤマブキ

Yamabuki_1024

4月10日(日)
西原斜面林の手入れ作業に参加しました。八重ヤマブキがきれいに咲いています。
作業の合間に、いつものようにエコシテイ志木のAさんから、斜面林に自生する植物について、いろいろと教えてもらう事ができました。(写真左--クリックすると拡大します)
エコシテイ志木の皆さんが、その保護に努力している埼玉県準絶滅危惧種である「イチリイソウ」が今、樹林帯の中で可憐な花を咲かせています。(写真左の一番下2枚)
とても貴重な植物ですので、群落の中に立ち入ったり、近くまで寄って写真を撮ることは避けて頂きたいと願っています。
Amigasadak_1024(写真左--上から)
アミガサダケ
ショカツサイ(ハナダイコン)
ヘビイチゴ
ホウチャクソウ
キランソウ
クサノオウ
シャガ
ヤエヤマブキ
ジロボウエンゴサク
ジュウニヒトエ
イチリンソウ(群落)
イチリンソウ

Dsc00441_1024

Hebiitigo_1024


Houtyakusou_1024


Kiransou_1024


Kusanoou_1024

Syaga_1024


Yamabuki_1024_2


Zirobouengosaku_1024


Zyuunihitoe_1024


Itirinsou21024







Itirinsou2_1024

|

« 川内原発を停止させると決断するのは何時、そして誰なのか---政府は稼働継続に危ない賭けをしている | トップページ | ユガテから顔振峠へ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 川内原発を停止させると決断するのは何時、そして誰なのか---政府は稼働継続に危ない賭けをしている | トップページ | ユガテから顔振峠へ »