« 2016年2月 | トップページ | 2016年4月 »

2016年3月31日 (木)

2016年柳瀬川の桜開花状況---その5 満開宣言

Dsc00356_1024

開花標準木NO.11(写真上が今日、満開になったと判断しました。「満開宣言します
柳瀬川土手全体では、八分咲くらいかと思いますが、柳瀬川駅よりの桜は、ほとんどの木が満開です。早くも、花びらが舞い散っている桜もあります。
今日は風もなく、絶好のお花見日和でした。
駅近くで花見が出来るアプローチの良さから、柳瀬川駅で下車して来る人たちも多く、駅前のスーパー「サミット」は大賑わいです。
楽し気にお弁当を広げているお母さんグループの傍らで、小さな子供たちや、小学生たちが走り回る姿を見ていると、平和の有難味を強く感じます。写真下)
家族から離れて、疎開先で過ごした戦時中の僕の幼少期、そして小学校低学年時代に、お花見をした記憶は有りません。親たちは生きていくので精いっぱいの時代でした。
こんな、美しい景色が見られる平和な世の中が続くことを祈らずにはおられません。
今週末の天気が良いといいですね。

Dsc00352_320

| | コメント (0)

2016年3月27日 (日)

2016年柳瀬川の桜開花状況---その4 絶好のお花見日より

Dsc00347_320
3月27日(日)
天気予報が、良い方に外れたようです。風もなく晴れたり曇ったりの絶好のお花見日和となりました。
柳瀬川土手には、大勢のお花見客が来ています。

桜は柳瀬川駅より、ちょうど屋台が十数軒並んでいるあたりでは、早くも八分咲くらいとなっています。
土手下には、シートを敷いて、皆さん花見酒を楽しんでいます。ああ、春が来たのだと、実感するいつもながらの嬉しい景色です。

Dsc00349_320


| | コメント (0)

2016年3月26日 (土)

西原斜面林で、春の草花を見つけました(2016年3月末)

Dsc00332_1024

0330_10243月26日、午前中、「NPO法人エコシティ志木」主催の西原斜面林の手入れ作業に参加しました。
斜面林横の、ふれあい第三公園には、レンギョウ、ユキヤナギの花が咲き揃い、遊歩道を歩く人たちの眼を楽しませています(写真上)

今日も斜面林の手入れ作業をしながら、エコシティ会員の方から、一斉に咲き始めた春の野草の名を教えてもらうことが出来ました。
普段、見過ごしてしまいがちですが、こんなにたくさんの花が咲いていたかと、改めて斜面林の自然の豊かさに驚かされました。
これから開花する花も多く、その中でも、僕が一番楽しみにしているのは、イチリンソウです。
0333_1024

写真上から  
①オオアラセイトウ---別名ショカツサイ(諸葛菜)ですが、漢字で書くこちらの名前のほうが覚えやすいです。

②ハナニラの群落
③ジロボウエンゴサク---前回の斜面林手入れの記事(2月20日)で、次郎坊延胡索として花が咲くのが楽しみだと書きました。
 絶滅危惧種に指定されている貴重な植物のようです。
④タチツボスミレ---ハート型の葉が特徴です。
⑤キランソウ---まだ花が咲いていません。ジゴクノカマノフタとも呼ばれます。
⑥ホウチャクソウ
---芽が出たばかりです。花が垂れ下がって咲く姿が、寺院建築物の軒先の四隅に吊り下げられた宝鐸に似ていることから名付けられたとの説があります。
⑦ムラサキケマン

0342_1024

0341_1024

0344_1024

0339_1024

0335_1024

| | コメント (0)

2016年3月25日 (金)

2016年柳瀬川の桜開花状況---その3 三分咲から一部五分咲です

Dsc00328_1024

平成28年(2016)3月25日 午前11時
柳瀬川土手の桜を見てきました。標準木NO.11は三分咲ですが、柳瀬川駅よりの桜はご覧のように五分咲と見ました。写真上)
屋台は、まだ準備中でしたが、何軒かは営業していました。土手下にシートを敷いて、早くも盛り上がっているグループもいました。
明日の土曜日、そして日曜日は、かなりお花見客で賑わいそうです。今週末、柳瀬川土手はお花見OKです。
Dsc00327_1024

屋台は数えたら15軒ありました(写真左上)

土手下から見上げる桜は、かなりピンク色に見えます(写真中)

Dsc00326_1024

Dsc00323_1024

標準木NO.11写真左下)は、まだ三分咲といったところです。

| | コメント (0)

2016年3月24日 (木)

ベルギーの原発から、従業員が避難させられたのは、テロ攻撃から守るためではない!

Doel_1024ロイター通信は、2016年3月22日、仏エネルギー大手エンジー(Engie)が、ベルギー当局の要請により、ベルギー国内のドエル原発(Doel Nuclear Power Station)ティアンジュ原発(Tihange Nuclear Power Plant)大半の作業員を避難させたと報じています。
(写真上、ドエル原発、写真下、ティアンジュ原発---ウイキペディアより)

従業員を避難させたのは、ベルギーの原発の全てとなる2か所の原発です。
ベルギーは人口1,128万人の小さな国ですが、電力の約55%を原子力発電に依存しており、北部のドエル原発に4基、南部のティアンジュ原発に3基の、計7基の原子炉Tihange_1024があります。
これらは、ベルギーのエネルギー企業・エレク(Electrabel)が所有していますが操業はフランスのエネルギー企業エンジーが請け負っています。エレクはエンジーの関連企業でもあります。
7基全て加圧水型の原子炉で、老朽化が進み、運転中止、再稼働など、製造後40年以上の原発という事もあり、いろいろと問題を起こしている原発です。このあたりのことは、詳しく書きませんが、ネットで「ベルギーの原発」と検索すると、記事の多いのに驚かされます。
ベルギー政府は2011年の東京電力福島第1原発事故を受け、段階的な脱原発を決定し、2025年までに国内全ての原発を廃炉にする方針は、決めているのですが、その間の老朽原発の稼働、エネルギー確保の問題などで揺れています。

 この、ベルギー国内2箇所の原発の従業員の避難は、ベルギーの首都ブリュッセルで22日、空港と地下鉄駅で連続テロが起きたこと関連した処置と思われます。

それでは「なぜ、避難させたか?」
テロの関係者のアジトから、原発関連の何らかの資料が発見されたとも伝えられ、ベルギーの原発がテロの標的として狙われていると考え、一時的に作業員の安全に配慮して退避させたと考えてもおかしくは有りません。
また、テロ攻撃に備えて、軍の兵士により厳重な警備体制が敷かれたとのことですから、多数の作業員が原発内にいることによる、混乱を避けたとも見られます。
 しかし、原発のテロ攻撃からの危険性は、今に始まったことではありません。
一番の原因は、2箇所の原発ともフランス企業が操業しており、多数の作業員が原発を渡り歩いて就業する下請け会社の労働者なのです。その請負形態は、8次下請けまであるとのことです。
これは事故処理に追われる日本の福島原発も同じですね。

彼らの低賃金と、被曝を伴う危険な労働に従事せざるを得ない実態は、書籍やドキュメンタリー映画でも発表されていますが、それほど知られているわけではありません。
今回の首都ブリュッセルでの連続テロを受けて、「原発放浪者」とも呼ばれ、身元確認などが疎かなまま、雇用状態にある彼らに、テロ組織が関わるような事態を考え、急遽原発から遠ざけた処置と考えたほうが良いと思います。
決して、原発へのテロ攻撃を考慮して、作業員の安全のために、避難させたわけではないのです。
エンジーの広報担当者によると、原発の施設内で作業する必要がある作業員約1000人は原発内に留まっていると述べ、彼らについては詳細な身辺調査が終了していると説明したと報じられたことからも、うなずけます。
両原発とも運転に必要な作業員以外に、停止、検査、再稼働を繰り返す老朽原発のメンテナンス、清掃などの作業に、臨時労働者が多数就労していたと思われます。

実際に、ベルギーの原発は、テロ攻撃と思われる事件が発生した過去があります。
 2014年8月、ドエル原発4号機で潤滑油が止まった状態でタービンが作動し過熱し、その際、大量の潤滑油65000リットルが地下貯蔵タンクに流されていたのです。
ベルギー諜報機関の一部門である、脅威分析機関は、この事故を、テロを目的とした破壊工作であった可能性が高いと分析、発表したと報じられました。
犯人は特定できず、内部犯行説が有力との見方があります。
この事件によって、原子炉の作業者は危険を感じ仕事をボイコット、再稼働を阻止しました。
原発がテロ攻撃に、晒される事を実感できる事件だったのです。

 

| | コメント (0)

2016年3月21日 (月)

2016年柳瀬川の桜開花状況---その2

Dsc00320_1024

 「柳瀬川の桜開花状況」その2をお届けします。

 2016年3月21日 柳瀬川土手の桜が開花しました。開花宣言します。
今日、柳瀬川土手の開花標準木NO.11で開花を確認しました。
一昨年、昨年とも開花が3月25日でしたから、今年は4日ほど早い開花です。
 
まだ、露天商の屋台の準備は出来ていませんが、今週末には、素晴らしいお花見が出来ることでしょう。
富士見橋から市役所近くの高橋までの間には、ぼんぼりが吊るされて、夜桜見物客を迎える準備も整いました。
Dsc00321_1024

(写真左、開花標準木NO.11)

Dsc00322_1024

| | コメント (0)

2016年3月20日 (日)

2016年柳瀬川の桜開花状況その1---開花は明日か明後日?

Dsc00319_1024毎年恒例、「柳瀬川の桜開花状況」その1をお届けします。

 毎年の桜開花の目安にしている開花標準木、NO.11の状況を、今朝見てきました。
標準木といっても、あくまで僕が勝手に決めて、毎年の開花宣言をしている桜です。柳瀬川駅から志木大橋に向かう右岸にある、枝ぶりの良い桜です。
残念ですが、写真(左2枚目)のように、蕾が膨らんで開花寸前といった状態でしたが、開花には至っていませんでした。
一昨年、昨年とも開花が3月25日でしたから、今年は数日早いものと思われます。
ことによると、あすの夕方には開花宣言出来るかもしれません。まだ、露天商の屋台の準備は出来ていませんが、お花見は今週末からが見頃と思います。
Dsc00316_1024


| | コメント (0)

2016年3月16日 (水)

「さよなら原発 志木ウォーキング」開催のお知らせ

Mr15_001_1024
志木市では、「さよなら原発 志木」の主催による、原発に反対する集会とデモ行進が、奇数月の第三日曜日に開催されています。
その第9回目の集会が、来る3月20日(日)に開催されます。(上、ポスター。クリックすると拡大します)
私たちは「ひとたび事故が起きれば、今の生活を簡単に壊す危険な発電システムとして原発稼働に反対しています。」

世論調査により、原発推進派は少数派であることは明らかなのに、現政権下では原発政策推進、再稼動に異論が挟まれる事を極端に警戒し排除します。
読売、産経新聞などのメディアも政府に協力します。
ネット上には原発反対を上回る量の推進派の記事が溢れ、原発政策に反対する意見には、激しく攻撃してきます。

福島原発事故により、福島県富岡町から水戸市に避難している主婦、木田節子さんは、「人々が追われた故郷は、この5年間で大きく変わってしまったのに、変わらないのは、原発の再稼働を急ぐ国の姿勢だけ。原発がまた事故を起こさない限り、国は反省しないのかな」と原発への怒りと望郷の念を、東京新聞の取材で語っています。

国内で再稼働した川内原発2基、高浜原発2基のうち、3月9日、大津地裁は高浜原発3、4号機に対し「過酷事故対策や緊急時の対処方法に危惧すべき点がある」として原発停止命令を出しました。
「発電の効率性は、甚大な災禍と引換にできない」との指摘は、私たちの思いを的確に捉えてくれました。「原発の無い日本へ」の道は険しくとも、私たちは声をあげ続け、行動してゆきます。

以前にも書きましたが、私たちは原発の危険性、致命的欠陥、使用済み燃料の危険性とその処理、核燃料リサイクルの破たん、他の発電方式とのコスト比較の欺瞞、再生可能エネルギーに対する冷遇、今なお、10万人近い人たちが避難生活を強いられている福島第一原発事故の対応、被害補償、被曝による健康被害、子どもたちの甲状腺がん発生、再稼動への強引な手法、福井地裁の仮処分取り消しに見られる司法の行政への従属、原発輸出政策への疑問、東京電力の除染費用の支払い拒否、九州電力の川内原発の免震棟建設の回避、原発直下にある活断層への的確な対応、電力会社の度重なるウソと隠蔽体質、事故による動植物、環境への影響、核兵器開発との関連など、書き出すと切りがないくらいの疑問と疑惑を、今後も詳細に調べ、反対運動に反映させてゆきます。

| | コメント (0)

2016年3月13日 (日)

福島の復旧の遅れー---民主党政権時代の科学的根拠のない高い線量規準のせいで、人が戻れない!!!!

 2月7日、丸川珠代環境大臣は長野の講演会での問題発言について、当初、記憶にない、記録をとっていない、そういう言い回しは無かったなどと、釈明と逃げの答弁に終始しましたが、一転、国会で自身の講演内容の問題部分を読み上げ、撤回し謝罪しました。
一応、1ミリシーベルトの科学的根拠を認識し、今後の除染にも継続する旨の発言をしていますので、一件落着のように見えますが、丸川環境大臣が、本心からそう思っているとは到底思えません。
問題発言を追求される過程で、「言葉足らずでありお詫びする」などと、しらっと言い逃れようとする態度などを映像で見ていると、この方、環境大臣の任にあらず云々より、人間性にひどく問題ありと思えます。
これは、全くの私見ですが、顔つきも少しおかしくなってきているような気がします。私の嫌いな女性たち、桜井よしこ、高市早苗、稲田朋美、安倍首相のお気に入りと噂されるNHKの女性記者など、人としてのやさしさ、相手を思いやる気持ちに欠けるのではないか、なにか似ているのではないか、そんなように感じます。
嘘を突き通そうと考えたとしても、講演内容の録音や記録などは必ず存在するし、数日後には露見することなど、誰の目にも明らかなのに、言い張る心中が理解できません。
それにしても、ネットで1ミリシーベルト、20ミリシーベルトなどと検索すると、除染目標が高すぎる、根拠がない、法律がない、この程度の放射線量は問題無いなどという論調の人たちがおどろくほど圧倒的です。
しかし、国際勧告による数値の根拠や、守らねばならない数値としての法律は厳然とあるのです。
放射線業務関連の法令が、やや難しい点もありますが、法を犯せば罰せられるのです。
福島原発の事故後、放射線業務作業従事者や放射線管理区域の関連法についてはいろいろと書いてきましたので、ここでは詳しくは書きません。
Radiation_warning_symbol_svg_2
左写真の原子力マークを病院などで目にすることもあって、その存在が比較的わかりやすい放射線管理区域というのは、放射線による障害を防止するために設けられた区域で、しっかりと法令により定められています。
建築技術者の私たちが、病院建築に携わる際、放射線管理区域、放射性物質の管理、保管、廃棄施設などの設計、工事が厳しく指導されるのは、その仕事に従事する放射線業務関係者の基準だけでなく、一般人を放射線の被爆から守るためにあるのです。
5ミリシーベルト、20ミリシーベルトなどと、簡単に言われますが、20ミリシーベルトとは、放射線業務従事者にのみ、職業上やむを得ないと定められた年間被曝数値です。
もし、放射線管理区域内で、子供たちが遊んでいたり、お弁当を食べている人たちを見たら、厚労省の係官は卒倒するでしょう。
そんな、放射線管理区域に相当する福島県の場所に、放射線被曝を過小評価して国民の居住を促すのは法令違反なのです。
健康に害が有る無しを、勝手に決めてはいけないのです。
残念ながら無能な丸川珠代環境相は、全く理解していないのでしょう。
大臣の長野の講演会での発言、国会での自身の読み上げを、書きおこしてみましたので、全文載せておきます。

「とりわけ私、今、福島の仕事しているから本当にひどかったんだと思っています。
私、なんで福島の仕事しているかと言うと、環境省の仕事していますから、除染の仕事をやっているんですね。
今まで環境省というのは、エコだ、なんだって言っていれば良かったんですけれど、あの震災から5年間、ずっと除染の仕事やってます。どれだけ除染するからっていう議論があるんですね。
100ミリシーベルトを下ったところ、年間100ミリシーベルトを下ったとこっていうのは、基準が無いもので、ずっと国際的にも20から100の間のとこで、いいとこで切ってください。
地域地域にあった線量を決めてくださいと云うのでやってきたんです。
ところがその一番低い20ミリシーベルトになるように除染しましょうねといっても、「反放射能(脳?)派」というと変ですけれども、どれだけ下げても心配だっていう人は世の中にいるんですよ。
そういう人たちが、ワァーワァー、ワァーワァー騒いだなかで、
何の科学的根拠もなく、その時の細野さんという環境大臣が1ミリシーベルトまで下げますって、急に言ったんですよ。誰にも相談しないで、何の根拠もなく、そういった結果、帰れるはずのところに、今まで帰れない人が出てきているのです。以上」

どうも長くなりますが、ついでに関連する発言を書いておきます。
丸川大臣の発言は正しいと、擁護しまくりの、経済評論家にして自民党アジテーター、上念司氏の、3月10日(月曜日)文化放送「お早う寺ちゃん」での発言です。
丸川珠代環境相が、発言を取り消し、謝罪したことなど、全く眼中にないようです。
これも放送を録音して書きおこしました。こんなことしているから、時間が足らなくなることはわかっているのです。声が大きいだけで、かなりデタラメなことをまくし立てることの多い経済評論家のコメントなど、無視すれば済むことですが、狭量な僕は腹が立つのです。
でも、その発言から逆な意味で、自公政権が焦っているなどと、情報を得られることもありますが。

番組中の「福島では、復旧と除染が遅れていることに関して」

「これね、遅れているというより、遅らせていると思った方が、いいかなと私は思うのですよ。
これ、例えばね、広島なんて原爆落されて、核爆発したもんですから激しく放射能汚染されたんですが、とっくに復旧していますし、それからあの時に、激しく放射線を不幸にして浴びてしまった人も、まあ、子々孫々にはほとんど何も遺伝していないということはデーター上で明らかなんですよね。
それで、なんで広島は復旧できたかというと、科学者がちゃんと線量を測定して、安全な場所からどんどん、どんどん人を帰したからなんです。
ところが、まあ、東日本大震災の福島の原発事故の場合、ぜんぜん、ちゃんと計らないというか、計らせないというか、まあ、計ってもそこ危ないとか何とか云って、あと、非常に高い基準ですよね。
1ミリシーベルト以下に人工的に戻す、事故が起こった場所で1ミリシーベルト以下に戻すって、なかなか難しくて、だいたい国際的基準でも、20ミリ以下にして、取りあえず住み始めて、あとは年が経つにして減り始めるから、取りあえず、それでなんとかしましょうと。
実際、それより高い線量が出ている地域って世界中にもいっぱいあるんですよ。
自然線量とか、ラドンとか、そういうところに住んでいる人で、そんなにガンの発生率が高いということは無いんで、まあ、早めに人を戻したほうがいいんですが、
民主党政権時代に、非常に科学的根拠に基づかない高い基準のせいで、なかなか人が戻れない。
それが、復旧を妨げる最大の原因だと思いますね。戻れる場所には、人がどんどん戻った方が良いと思いますよ。」

| | コメント (4)

2016年3月10日 (木)

ミツマタとサンシュの花

Dsc00282_1024


Dsc00283_1024
3月9日、西原斜面林の手入れに参加して、作業のかたわら、西原ふれあい第三公園で撮った写真です。(写真はクリックすると拡大します)

今、園内の遊歩道脇には、ミツマタの花が満開です。黄色い小さな花が集まって毬のように見えます。
枝が三又になっているのがよくわかります。
ミツマタの木のある横の斜面に、同じように黄色い花が咲いていました。写真4枚目)
サンシュの木で、この花の別名がハルコガネバナと呼ばれると教わりました。「春黄金花」と漢字で書いた方がわかり易いですね。
Dsc00284_1024西原ふれあい第三公園では、春の到来とともにいろいろの花が咲き始め、散策が楽しみです。

Dsc00286_1024

| | コメント (0)

2016年3月 4日 (金)

鉄筋切断が誤りではなく、コア穴を開けること自体が誤りなのです---ああ、!ダイヤモンドカッターの乱用

Mr03_001_1024
上は2月29日、4日前の東京新聞記事です。
またかと思わざるを得ないマンションの施工不良の発覚です。
記事に書かれたマンションは、横浜市西区に建設され、住友不動産が販売した「パークスクエア三ツ沢公園」
このマンション名を聞いて、あれっと思う方も多いことでしょう。
そうです、建物を支える地中杭が、設計条件の強固な地盤に届いておらず、全5棟のうち1棟は傾いてしまったことが大きく報道されたマンションなのです。
杭意外にも工事の不具合を住民側に指摘され、調査の結果、鉄筋切断が判明したと記事には書かれています。
混同されやすいのですが、記事中にもあるように、同じく杭が地盤に届いていなかったことで、下請け施工の旭化成建材が厳しく糾弾された三井不動産レジデンシャルが販売し、全棟立替え方針が決定した「パークシテイLaLa横浜」とは別の物件です。

 さて、ブログ題の「鉄筋切断が誤りではなく、コア穴(設備用の配管を通すために開けた穴)を開けること自体が誤りなのです」について、説明いたします。
マンション(ビルなども同じです)には、地下ピットと呼ばれる周囲を「基礎梁」で囲まれた空間(部屋)があります。部屋の高さは1mから、ビルなど汚水などの貯留槽となると3m以上にもなる場合もあります。ここは床下の配管スペースとなりますので、設備の配管が水平方向に何本も通ります。外部に排水する為の管もあれば、設備機械を結ぶ配管もあります。水道、ガスなど外部から入ってくる配管もあります。それらの配管が、地中梁りを貫通するために、コンクリートを打設する前に、ダンボール筒や塩ビ管を入れて、コンクリートが流れ込まないようにするスリーブ穴を開けておきます。
コンクリート打設が終わったあと、そのスリーブに各種配管が通ることになります。
これは、地下ピットだけでなく、地上の各階の天井内の梁も同じです。上の階の配管が天井内を通るからです。
記事の「パークスクエア三ツ沢公園」の場合は、この地中梁に、本来開けておかなければならなかった設備配管用のスリーブ穴を入れ忘れたものと思われます。
工事が進んで、地下ピット内の設備工事で配管を通すことが出来なくなった、当然です、地中梁にスリーブ穴が開いてないのですから。
そこで、どうしたか。コンクリートに易易と穴を開けることが出来るダイヤモンドカッターの登場です。コンクリートだけでなく、内部の鉄筋だって切断して、トンネルのような穴を開けます。
315ヶ所と書かれているのが、ダイヤモンドカッターで開けた貫通穴の数なのか不明ですが、ともかく調べたら、どうもコンクリートだけでなく、内部の重要な鉄筋も一緒に切断してしまったらしい。それが23箇所あったと判明したとのことです。
誤って内部の鉄筋を切断したとありますが、建物を支える地中梁内には、びっしりと鉄筋が組まれています。それを避けて後から穴を開けることはとても難しいのです。それでなくとも地下ピットの配管は口径が大きいものばかりですから。多分、補助的な鉄筋は切断やむなしとして、切断を発表したのは、構造上かなり重要な配筋、主筋と呼ばる鉄筋だったのでしょう。
設備用の配管の中でも、排水管は水が流れやすいように、勾配を付けるので、こっちの梁では避けられても、次の梁では、どうしても鉄筋にぶつかるということは、地中梁だけでなく地上階の梁でも同じです。
ですから、誤って鉄筋を切ったのではなく、鉄筋を切らざるを得ない穴を開けたというのが正しいのです。根本的には、コンクリート打設前にスリーブ穴を開ける準備を忘れたのが原因で、後からダイヤモンドカッターで穴を開けることが、大間違いなのです。

同じように、配管用のスリーブ穴を700ヶ所以上開け忘れ、後からダイヤモンドカッターで貫通穴を開けたことが判明し、取り壊されることになった「ザ・パークハウスグラン南青山高樹町」も記憶に新しいことです。売主が三菱地所レジデンス、施工が鹿島建設で販売価格が数億円の超高級マンションだったことで、マスコミにも大きく取り上げられました。
これ以外にも、スリーブ穴の貫通問題を起こしたマンションが、いくつもありますが、ほとんどが内部告発で発覚した事例です。もし、告発されていなければ、何事もなかったように販売されていたことでしょう。
そうなんです。梁貫通、または構造壁のスリーブを入れ忘れ、または追加工事発生で、後からダイヤモンドカッターで、穴を開けることなど、珍しいことではないのが現状なのです。本当は、絶対にあってはならないことなのですが。
なぜ、今の建築業界でこんなお粗末なことがまかり通るのか、責任の所在、原因究明などこれについてはネット上に多くの方が書かれていますので、ここでは触れませんが、ダイヤモンカッターの売れ行きが好調、スリーブ穴を開けてくれるコア抜き会社が盛況と聞くと、なんとも複雑な気持ちになります。

| | コメント (0)

« 2016年2月 | トップページ | 2016年4月 »