« スノーシューに行ったけど、山に雪がありませんでした | トップページ | 鉄筋切断が誤りではなく、コア穴を開けること自体が誤りなのです---ああ、!ダイヤモンドカッターの乱用 »

2016年2月28日 (日)

東京スカイツリー展望台からの夜景

Dsc00280_1024_2

Dsc00281_1024
2月27日
東京スカイツリー展望台からの夜景を見に行きました。
夕方4時前に当日券チケット売り場の長い列にに並びましたが、土曜日とあって、かなりの混雑でした。結局、一時間半かかってチケットを購入しました。
実は東京スカイツリーを真下から見上げたことは数回あるのですが、展望デッキに登るのは今回が初めてなのです。
チケット売り場では、一人一枚の購入方式がとられ、代表が並んで複数枚購入することはできないことも初めて知りました。
東京デイズニーランドのアトラクション入場のように、チケット売り場まで、ロープに沿って行ったり来たりを繰り返すのは、高齢者にはなかなか辛い時間です。
登った感想は、さすがに地上350mからの、東京を一望する夜景は見ごたえがありました。
入場の長い列の割には、展望デッキの混雑はそれほどでもなく、回廊を廻りながら、着陸間際の飛行機の窓から眺めるような、美しい夜景を眺めることが出来ました。
でも、夜景見物にまた来たいかと聞かれれば、混雑も考え、まあ、一回見れば良いかなという心境です。多分、リピーターにはならないでしょう。
一つ、驚いたのが、分速600mという、東芝製のエレベーターでした。
地上から、350mの高さまでわずか50秒で到達する速さもさることながら、上昇、下降時ともにショックを全く感じさせず、ほとんど動いていないのではないかと思いました。
エレベーターもここまで進化したかと、大容量、日本最速エレベーターに乗って実感しました。
(写真は、残念ながらキラキラした夜景の美しさが出ていません。実際にはもっと明るく、白熱電球のような赤っぽい照明も、ハッキリと輝いていました。一見の価値ありの夜景です)

|

« スノーシューに行ったけど、山に雪がありませんでした | トップページ | 鉄筋切断が誤りではなく、コア穴を開けること自体が誤りなのです---ああ、!ダイヤモンドカッターの乱用 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« スノーシューに行ったけど、山に雪がありませんでした | トップページ | 鉄筋切断が誤りではなく、コア穴を開けること自体が誤りなのです---ああ、!ダイヤモンドカッターの乱用 »