« 我家の外気温ー4.5度、下川町ではー31.8度を記録したそうです | トップページ | 梅一輪 »

2016年1月28日 (木)

カマキリの卵とミツマタの花

Dsc00199_1024


Dsc00200_1024先週の土曜日、「西原ふれあい第三公園」の斜面林の手入れに、ボランティア参加しました。
この日の手入れは、18日の降雪の重さで落下した木の枝の片づけ、遊歩道に凍結した雪の除去、下草の刈り込みなどを行いました。
NPO法人エコシティ志木の会員の方たちと一緒に行う作業では、いろいろと教わることが多く、植物、昆虫などに無知な僕にとって、とても有意義です。
今回も、ミツマタの花(写真上と左1枚目)と枝に付いていたカマキリの卵(写真左2枚目)について話を聞くことが出来ました。
ミツマタの枝には、遠目には綿花のような白い蕾が沢山ついていて、近くで見るとその蕾の中から淡い黄色い花が咲き始めていました。ミツマタの花、今まで気付かなかった花です。
    三椏の咲くや古雪に又降りつむ  水原秋櫻子
 
 枝に巻き付いたようなカマキリの卵は、卵鞘と云い、この中から百匹以上のカマキリが這い出して来るそうです。蛹にはならないので不完変態と云い、この卵鞘から細長い芋虫のような前幼虫という形で生まれ、薄い皮から脱皮すれば、ほとんど成虫と変わらないカマキリの形になるそうです。教えてもらわなければわからなかったカマキリの卵ですが、観察すると、他の枝にもいくつかの卵鞘を見つけることが出来ました。恥ずかしながら、これがカマキリの卵だと今回初めて知りました。Dsc00202_1024

Dsc00201_1024


(カマキリの卵鞘)
(西原ふれあい第三公園)

|

« 我家の外気温ー4.5度、下川町ではー31.8度を記録したそうです | トップページ | 梅一輪 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 我家の外気温ー4.5度、下川町ではー31.8度を記録したそうです | トップページ | 梅一輪 »