« コアラを見たのは初めて? | トップページ | 志木ニュータウン秋色 »

2015年11月24日 (火)

柳瀬川にカモ飛来---冬の訪れ

Dsc00009_1024

昨日、志木大橋の上から、柳瀬川を覗いたら川原の砂利の上に、群れているカモの姿を見ました(写真上)
先月来、川に何羽かづつのカモたちが飛来しているのを見ていましたが、これだけ集まっているのは初めてです。
今年も柳瀬川に来てくれたんだ、遠くシベリヤからの長旅、お疲れさまでしたと声をかけてあげたい気持ちです。
写真に写っているのはヒドリガモのようです。
右端には偶然アオサギも一緒に写っていました。廻りのカモたちが、どんなに動き回ろうとも、凛として直立しています。
ここ、柳瀬川ではカモは10年ほど前までは、毎年1000羽以上もの飛来数がありました。しかし、最近は200から300羽程度で推移しています。
埼玉県全域にに飛来する数は、調査では減っていませんので、何らかの理由で分散してしまったのでしょう。
飛来数の多いのは「ヒドリガモ」、「コガモ」、「オナガガモ」の順です。マガモは残念ながら、ここ数年飛来してくれません。Hidorigamo

(写真上 ヒドリガモ)

Onagagamo

(写真中 オナガガモ)

Kogamo_06a6772sv

(写真下、コガモ)

Magamo


(写真一番下、マガモ)
(4枚の写真はWikipediaよりコピーさせていただきました

マガモは毎年1月初めに柳瀬川で行われる、ガン、カモ調査では、2012年の2羽を最後に3年間飛来していません。今冬には、是非発見したいと思っています。
ちなみに、2015年1月11日の調査では、
コガモ(142羽)、ヒドリガモ(83羽)、オナガガモ(43羽)カルガモ(30羽)
例年、ヒドリガモが最も多いのですが、2015年の調査では、コガモが最多数という希な現象が起きました。

|

« コアラを見たのは初めて? | トップページ | 志木ニュータウン秋色 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« コアラを見たのは初めて? | トップページ | 志木ニュータウン秋色 »