« 会津駒ケ岳山頂から中門岳へ | トップページ | グリーン島でウミガメと泳ぐ、4歳のかわいい女の子に会いました »

2015年10月21日 (水)

会津駒ケ岳---駒の小屋、下山

Dsc00450_1024

Dsc00451_1024


Dsc00453_102410月15日(木)
晴天の朝を迎えました。気温は氷点下4度まで冷えこみました。
小屋に宿泊した登山者のほとんどがご来光を待って、小屋の外に並んでいます。薄手のインナーダウンでは寒いです。
駒の大池の向こうの空がひときわ明るく輝いたかと思うと、眩い光が広がりました。
今日の太陽が、上ったのです。(上写真)
会津駒ケ岳の山腹がみるみる赤く染まっていきます。上2枚目の写真では伝わらないのですが、もっと神秘的な赤色です。小屋に泊まらないと見られないこの景色、僕にとって至福の時間です。
少し散策しようと、小屋の周りの木道を歩くと、凍った板の上は実によく滑ります。
さあ、朝食を済ませたら、のんびりと下山です。
泊まった駒の小屋の収容人数は28名で、寝具がひとりづつ、すべてセットされています。昨夜は13名でしたので、ゆったりと寝ることができましたが満員の場合はかなりきついかもしれません。
夕方、入口横の小さな部屋に、管理人の三橋さんの手でランプが吊るされ、板を並べた仮の食卓周りには宿泊する皆が座り込み、思い思いの夕食の準備をします。
ガスバーナーが一斉に使われるので、部屋の空気はちょっと悪くなります。水は天水ですが、食卓脇にポリタンクで準備してくれます。
食事しながら皆が話す山の話で盛り上がります。
結構凝った料理を作るグループもいますが、僕たちはいつも定番のアルファー米とカレーです。ビール、日本酒は小屋で買うことができました。小屋にはその他、ペットボトルの水、カップラーメン、レトルトご飯、レトルトカレーなども売られています。ガスカセットコンロの貸出もしてくれます。
小屋は8時消灯です。皆、それぞれ重い掛布団に潜り込んで、長い夜が始まりました。
夜半目覚めたら、なかなか寝付かれません。何しろ8時前に寝たのですから。イヤホーンで「ラジオ深夜便」を聞きました。普段聞くことなど無い番組ですが、アナウンサーの話しに引き込まれ、人気だというこの番組の良さが分かった気がしました。
いつの間にか寝て、またイヤホーンから聞こえる音で目覚める。なんどか繰り返しているうちに朝を迎えました。それでも10時間近く寝たことになります。残念ながら、曇って星を見ることはできませんでした。
昨夜と同じ様に、テーブルの周りに座り、皆で朝食を食べます。
管理人御夫婦の気配りが伝わる清潔で気持ちの良い小屋です。別棟になっているトイレも掃除が行き届き快適に使えます。また、泊まっても良いな、素泊まり3000円は安いと思いました。管理人ご夫婦の人柄に惹かれたファンも多く、予約が取り難いのが難点ですが。
Dsc00455_1024
朝食を済ませると、中門岳に向かうグループ、キリンテに下山する人など思い思いに行動を始めます。
僕たちは8時過ぎに、車を止めて登ってきた滝沢登山口目指して下山しました。
小さな池塘には、氷が張っていました。冬がそこまで来ています。駒の小屋も10月で閉鎖です。
昨日以上に、燧ヶ岳が大きく、くっきりと見えます。写真3枚目)
昨夜ゆっくり休めたので、登りに較べて下山は好調で2時間半ほどで、登山口に到着しました。
下りは、足元ばかり見つめていた登りと違い、視野が広がり、紅葉の景色が十分に楽しめました。
登山口のポストに下山カードを入れて、僕たちの会津駒ケ岳は無事終わりました。
年齢的にも、いつまで登れるかわからないし、膝の故障が再発すれば、多分再起はできないでしょう。いつもこれが最後の登山になるかもしれない、サヨナラの山だと思っています。
さて、車に戻った僕たちは、林道を走り国道へ。昼食に檜枝岐のそばを食べ、誰も入っていなかった駒の湯の露天風呂を楽しんでかDsc00454_1024ら、一路、東北自動車道へと車を走らせました。







Dsc00456_1024


Dsc00457_1024

|

« 会津駒ケ岳山頂から中門岳へ | トップページ | グリーン島でウミガメと泳ぐ、4歳のかわいい女の子に会いました »

コメント

ご来光の写真、素敵ですね。太陽が昇るごとに、徐々に周りの風景が明るく変化してくのも、自然ならではの采配で、それが早朝の山の魅力ですね。何か肌を刺すような透明な山の空気が写真から流れてくる感じで、気持ちが良いです。
私も一回だけ、思い付きの登山で、軽装で、蝶ケ岳に
登り、ご来光を見て、感じたのは悠久の時の流れと
自分の人生が一瞬なのだと思いました。
自然って、それほど偉大な存在ですね。

投稿: トントン | 2015年10月25日 (日) 13時06分

>トントンさま
長く山に登っていても、素晴らしいご来光を見る事は案外少ないのです。会津駒ケ岳はとても良かったです。
登られたという穂高岳が赤く染まる、蝶ヶ岳のご来光も素晴らしいですね。大自然の中に身を置くと、価値観が変わる事を感じます。

投稿: Souroku | 2015年11月 2日 (月) 09時26分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 会津駒ケ岳山頂から中門岳へ | トップページ | グリーン島でウミガメと泳ぐ、4歳のかわいい女の子に会いました »