« 9月17日夜、国会正門前 警官また警官 | トップページ | 安倍首相---安保法案成立の翌日にゴルフ映像を見せられる、国民の心中は! »

2015年9月19日 (土)

安保法案成立、あれこれ---その1(3党合意の議員たち)

安全保障法制関連法案(米国従属戦争参加法案)が、19日未明に参議院で可決成立しました。
可決されたこの法案の、今後の法律運用に対して、如何に真剣にウオッチして暴走を止めるかを考え、新聞などの解説を参考に自分自身の為に少し整理しておきたいと思います。

十把一
絡げとはよく言ったもので、「安全保障法制関連法案」は既にある法律十本をひとつにまとめた「平和安全法制整備法案」と、新法の「国際平和支援法案」の計二本です。

安倍首相はこの法制を「平和安全法制」と名づけ、繰り返し国民の命と平和な暮らし、平和な日本、安全な国などと、安全、平和を枕詞のように繰り返されると逆に不信感が湧いてきます。
新法の「国際平和支援法案」は他国軍の戦闘支援のため自衛隊を随時派遣できる内容です。
「平和安全法制整備法案」は他国を武力で守る集団的自衛権を行使できるようにする武力攻撃事態法改正案が柱となっている10本ひとまとめの法案です。

この法律は米軍の負担を減らし、国防予算の肩代わりを日本に望む米国国防総省(単に米国という広い概念ではなく、主役は米国国防総省なのです)の強い圧力により、安倍総理が米国議会で、日本国内での議論も無しに、夏までには成立させると約束してきました。
また自衛隊内部でも、日本共産党が国会で暴露した内部文書で明らかにされたように、この法案が国会で審議される前と法案作成前に、早くも米軍との間で法案の具体化を進めていたことが明らかにされています。
この11本の法制がどんなものなのか、そして政府が一体運用する方針である「特定秘密保護法」との関連を知ることは、先に書いたこの法律運用を見守るために必要ですから、後で少しづつまとめることにします。

今日のところは、先ず法案成立に賛成した野党3党の事を書いてみたいと思います。
〇三党合意
法案成立後に菅官房長官のいつもながらの白ける発言
「与党が17日の参院平和安全法制特別委員会で採決したことには「10党のうち(野党を含む)5党が法案に賛成しており、強行採決でないことは明々白々だ」
Santou
5党といっても、自民、公明の与党2党以外の3党とは、こんなもの。
参議院議員数(総議員数 242名)
次世代の党 5名(衆議員2名)
新党改革   1名(衆議員0)
日本を元気にする会 5名(衆議員0)

「3党は、日本が武力攻撃を受けるおそれがある時などを除く「存立危機事態」では、自衛隊を派遣する際に例外なく国会の事前承認を求めるなどとした付帯決議を参議院で行うとともに、それを尊重するとした閣議決定を行いたいとの与党側の提案を受け入れた」

「3tougouiPDF.pdf」をダウンロード 平和安全法制に関する合意事項(安倍政権は、この合意事項を、秘密保護法と関連させ、あれやこれやと理由づけして守ろうとしないだろうが、安保法の実施にかなりの縛りがあるので、野党側は攻めに使える)


 来年の参院選では、日本を元気にする会の松田公太議員など、3党11名のうち5名も改選議員がいますから、安保法案に反対した野党の共闘議員たちとどう戦えるのか、自民党との間で、どんな選挙協力ができるのかじっくり見守らせてもらいます。

もちろん、落選を願っています。
「来年の参院選で改選される3党の参議院議員」

「次世代の党」 江口 克彦 2010年「みんなの党」比例代表で当選
          浜田 和幸 2010年「自民党」鳥取選挙区で当選

「新党改革」   荒井 広幸 2010年比例代表でただひとり当選

「日本を元気にする会」 松田 公太 2010年「みんなの党」東京選挙区で5位当選
                山田 太郎 2010年の選挙では落選したが、2012年比例代表で衆院選にくら替えした議員がいたためラッキーな繰り上げ当選 

 

|

« 9月17日夜、国会正門前 警官また警官 | トップページ | 安倍首相---安保法案成立の翌日にゴルフ映像を見せられる、国民の心中は! »

コメント

いつも、詳細なブログをありがとうございます。
いい加減な新聞を読むより、わかりやすく、信頼できる記事ばかりですね。
一番許せないのが、国民がほとんど知らないのに、米国に行き安保法制を確約してきたことですね。主権者である自国民を無視していることです。自由民主党と名前にあるのに、まったく独裁的で、国民は自分の自由になると考えているのは、考えが甘いということを、教えなくてはならないですね。つくづく選挙が重要だと思います。それに宗教団体を母体としている公明党が同じ考えにあることに、驚きですが、宗教って、いい加減なものと仏教を疑いたくなります。私も成立の仕方がおかしい、この法律を廃棄することに賛成です。

投稿: トントン | 2015年9月20日 (日) 11時59分

>トントンさま
「成立の仕方がおかしい」全く同感です。中立の立場で憲法を守るはずの内閣法制局長官に子飼いの男を任命し、NHK会長には卑劣な男を送り込み、そのほか、いくつものメディア介入を行うなど、法案成立の過程が尋常ではありませんでした。
法廷で憲法違反を追求するとともに、国会で締めつけ、参院選では自民党を敗北させたいと思います。

投稿: Souroku | 2015年9月21日 (月) 13時29分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 9月17日夜、国会正門前 警官また警官 | トップページ | 安倍首相---安保法案成立の翌日にゴルフ映像を見せられる、国民の心中は! »