« 9月14日夜、国会前 | トップページ | 9月17日夜、国会正門前 警官また警官 »

2015年9月17日 (木)

9月16日の国会正門前座り込み行動

Keikanntati_2
(写真上、この驚くべき数の警官たちの防御線)
9月16日。今日も午後から国会前の座り込み行動に行きました。
14時過ぎに有楽町線の桜田門2番出口から内堀通りに出る頃は、まだそれほどの混雑は見られませんでした。国会前の信号を渡り、国会正門に向かって左側の国会南前庭の歩道で、午後の座り込み集会に参加しました。今日は折りたたみ椅子持参です。
いつものように、国会正門前の信号角の国会北前庭側にステージがあり、大拡声器から聞こえるシュピヒコールに合わせて、僕たちも叫びます。近くで大学名を書いた幟を掲げたシールズの学生たちが演説しています。
それにしても、警察官のなんと多いこと。クレーン付きの車の荷台からは、ガード用の鉄柵が次々と車道に下ろされ、今日は絶対に正門前の車道には、入らせないぞとの構えです。
国会南前庭の外務省前の道路には、窓のない機動隊のバス十数台、列になって止まっています。車中には多数の機動隊員たちが待機しているようでした。
Dsc00355_320
ステージでは、民主、共産党などのの参議院議員が、「安保法案に関する特別委員会」の開催状況の報告に、国会内から駆けつけてきます。
それにしても、動員される警察官は増えるばかりで、警察は集会参加者の数など数えるより、警察官動員人数は5000人などとの発表をしたらどうですか。
これまた多くの私服公安が、いたるところで鋭い視線を参加者に投げつけます。写真左2枚目)

僕たちは今日はここまでと、18時30分からの大集会に参加せず帰路につきました。
そこまではさほどトラブルはなかったのですが、参加者が膨れ上がるにつれ夜の大集会では、また道路に縦一列に車両を並べて、車道に入らせまいとする警察官たちともみ合いになる一触即発の危ない状況がいたるところで見られたのです
。(写真いちばん上)
Dsc00358_320国正門前の歩道だけに数万人の参加者を押し込めるのは無理です。
警察は鉄柵を2列、3列に並べ、挙句には十数台の車両で道路を塞ぐなら、最初から全面開放して集会を開かせたらどうですか。
こういった挑発的警備を続けていれば、必ず暴動的な混乱が起きますよ。

Dsc00359_320

|

« 9月14日夜、国会前 | トップページ | 9月17日夜、国会正門前 警官また警官 »

コメント

16日ですが、どこかですれ違ったかもしれませんね
私は夜の集会へ行きました。桜田門5時ころです。
ご懸念されたように、私たちと警察のせめぎ合いがあり
13名が逮捕されたと聞いています。
これは、容赦なく逮捕せよという指令があったのではないでしょうか
とにかく、尋常ならざる警備です
私たちは、暴力を排除した節度ある抗議者です
これほどまでの警備は必要ありません。
国会を埋め尽くす人々、それをさせないためのものと考えます
採決はどうなるかわかりませんが、
今後は、もっと抗議の輪は広がると思えます
これからも頑張りましょう!

投稿: マジョ | 2015年9月17日 (木) 19時33分

>マジョさま
僕たちの帰りが、少し早めだったかと思います。今日も夜の集会に行きましたが、ブログに書いたとおり、十重二十重にガードするさまは、マジョさまの形容どおり、「尋常ならざる」警備体制です。これからも、全国で何度も抗議集会は開かれるでしょう。このままだと、衝突必至です。挑発には乗りたくありませんが、老兵といえども、蹴散らしたい思いもあるのです。打倒安倍政権と法案賛成議員の選挙落選へと頑張ります。先ず、選挙民を挑発する「日本を元気にする会」の松田公太です。

投稿: Souroku | 2015年9月18日 (金) 00時45分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 9月14日夜、国会前 | トップページ | 9月17日夜、国会正門前 警官また警官 »