« au リスモのロゴデザインとアンペルマン | トップページ | からすうりの花とウリボウ »

2015年8月 8日 (土)

ロウバイの盆栽もどき

Dsc00249_1024
7月9日のブログに、落ちていた銀杏から芽を出したイチョウを、「盆栽もどき」にしたことを書きました。
でも盆栽評論家チビスケ2号の反応はいまいちでしたので、今度は盆栽らしい木を選び、「おっ、いいね!」と言わせようと思います。
選んだのはロウバイです。イチョウの盆栽は少ないですが、ロウバイはネットで販売されている写真を見ることも出来ます。
左写真ロウバイの種が芽を出したものです。
4月6日の日付が見えますので、種を埋めてから4か月後の姿になります。
西原ふれあい第三公園の斜面に見事な花を咲かせるロウバイの木が有ります(写真下)
この種は、西原斜面林の手入れ作業に参加した際、エコシテイ志木の会員の方がこの木の枝から採ってくれたものなのです。
この素焼風の鉢はこのロウバイの為に購入したものです。ああ、盆栽は高くつきます。
でも、土を分けて小さな丸い形の双葉が出てきたときには、感激ものでした。写真の状態は丸い双葉の間からさらに細長い双葉が出てCa390041_1024きたところです。
これからどんな風に成長してくれるのか、楽しみです。でも、盆栽もどきになるには何年後でしょうか。チビスケがデカスケになっているのかも。
柄にもなく、また花言葉。ロウバイの花言葉は「ゆかしさ」「慈愛」「先導」「先見」
いまや、
戦前回帰の右派集団「日本会議」の会員で占められている安倍総理とその閣僚、そして驚くべき暴言を吐く自民党議員たちに贈りたい言葉です。

|

« au リスモのロゴデザインとアンペルマン | トップページ | からすうりの花とウリボウ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« au リスモのロゴデザインとアンペルマン | トップページ | からすうりの花とウリボウ »