« 河野太郎」さんのメルマガ通信が面白い---四捨五入で100歳? | トップページ | 育鵬社と自由社の中学校歴史教科書---志木市の選択は? »

2015年6月22日 (月)

雑草の無い畑

Dsc00187_1024

6年間、市民農園を借りて野菜を作りました。少し大袈裟に言うなら雑草と害虫との戦いでした。
 そんなわけで散歩の途中に見る、全く雑草のない畑が不思議に思われるのです。
畑の隅の道路際のフェンスの下あたりには、僕を悩ませた雑草が僅かに見られますが、他には全くありません。
もし除草剤を使っているとしても、これほど劇的に効果があるものなのでしょうか。

不思議といえば、もうひとつ。スーパーなどで買ってくる野菜、とくにキャベツ、白菜、インゲン、ピーマンなどの歯ごたえの硬さ、すなわち食感の悪さです。
素人の僕でさえ普通に作れた柔らかい野菜が、なぜプロが作れないのだといつも苛立ちます。
美味い不味いは、主観の問題で、自分が作った野菜、それも採れたてだから旨く感じるのだろうと言われると、反論できません。
でも売られている形の揃ったきれいな野菜の食感が、僕の作った虫食いの不ぞろいの野菜に確実に劣る。これは事実です。
考えられることは、僕は使わなかった除草剤と農薬の使用、これが硬い野菜の原因だと思わずにはいられません。違うのでしょうか。

|

« 河野太郎」さんのメルマガ通信が面白い---四捨五入で100歳? | トップページ | 育鵬社と自由社の中学校歴史教科書---志木市の選択は? »

コメント

朝霞で春以降野菜づくりをしています。6年間に亘り志木市民農園で野菜づくりをしてこられたとのことですが、原発事故以降もでしょうか。たまたまこのブログを知りましたが近くで原発等につき継続的にアクティブに活動されていることに刺激を受けました。市民農園(15平米)程度の広さでの朝霞での野菜づくりは問題ないでしょうか。本ブログでご意見等掲載いただければ嬉しいです。(K・S)

投稿: | 2015年7月16日 (木) 16時58分

さきほど質問・コメント欄に書き込みをいれたK・Sです。本ブログで掲載されなくとももしコメントいただければありがたいです。何度も失礼しました。(K/S)

投稿: | 2015年7月16日 (木) 17時07分

>K・Sさま
福島原発の爆発による放射性物質の飛来は、特に3月15日から18日頃にかけて、志木市、朝霞市などにももちろん有りました。ただ、その後の研究者などの発表を聞くと、放射性物質を運んだ気流の主要な流れが、千葉県の柏市、流山市から狭山市方向に向かったようです。このため、志木市、朝霞市などは汚染が少なかったと見られます。
私が借りていた18㎡ほどの市民農園でも、購入した測定器で常にチェックしていましたが、地表面の放射線量は、当時報道されて問題視された近郊の地点よりはるかに低く、これなら農作物は可能と自己判断して作り続けました。
志木市でも周りは平地で、そこだけ高層建物がある場所、例えば志木市役所や志木ニュータウンの高層棟周りなどには、何らかの気流の変化が起きて高線量のホットスポットが生じたと思われるところが点在します。
しかし原発事故から現在まで毎月、市内館地域の放射線量定点観測を発表している、志木市議会議員、高浦やすひこさんのデーターでも、最近は地表面の測定値が低くなってきています。現在、朝霞市内の市民農園で収穫した農作物に、私は放射能汚染の心配はないと思います。どうぞ、新鮮な野菜作りを楽しんでください。

投稿: Souroku | 2015年7月17日 (金) 14時42分

K・Sです。早速の懇切なコメントありがとうございました。ブログは今後も読ませていただきます。(K/S)

投稿: | 2015年7月18日 (土) 09時50分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 河野太郎」さんのメルマガ通信が面白い---四捨五入で100歳? | トップページ | 育鵬社と自由社の中学校歴史教科書---志木市の選択は? »