« 2015年5月 | トップページ | 2015年7月 »

2015年6月30日 (火)

育鵬社と自由社の中学校歴史教科書---志木市の選択は?

Dsc00181_1024


(写真上、左は現在志木市で使用されている東京書籍版歴史教科書。右は育鵬社版)

2016年春から公立中学校で使用する教科書が、8月末までに市区町村の教育委員会で採択されます。前回は4年前の2011年に行われました。
このブログでも5月22日、24日に「中学校歴史教科書に見るポッダム宣言」その1,2を書きました。
現在、全国の中学校で使用している歴史教科書のうち育鵬社自由社を含む6出版社のポッダム宣言の記述を比較したものです。
本当は、沖縄慰霊の日にむけて、第二次大戦での沖縄戦の様子が、それぞれの教科書にどのように記述されているかを書くつもりだったのですが、そんな折、国会での共産党、志位委員長の質問に対する安倍首相のお粗末発言が問題になりました。
そこで急遽、日本国総理は知らなくても、中学生でも学習しているポッダム宣言について書く事になってしまったというわけです。

さて、来年度からの教科書の話に戻すと、各社の教科書の見本展示会が全国各地で一斉に開かれています。
我が志木市でも総合福祉センターで、法定期間内の6月19日(金)から7月2日(木)まで行われています。
(法定期間とは教科書発行法第4条の教科書展示会を実施する期間のことです。文部科学大臣の告示により、平成 27 年度は、平 成 27 年 6 月 19 日から開始して 7 月 31 日までの間の 14 日間を選びます)

歴史と憲法について、他の教科書とはかなり異なる見解でまとめられているのが、ご存知のとおり「育鵬社」「自由社」の2社の教科書です。
自由社は中学校使用教科書のシェアが歴史、公民とも0.1パーセントと低いので今日のところは論議から外します。
問題は育鵬社で、歴史が3.9%(47,000冊)公民が4.2%(49,000冊)を占め、前回の採択で大きく伸ばしました。
来年度は、育鵬社版を編集した日本教育再生機構が、安倍政権の「教育再生政策」の成否を決する重要な場と位置づけて、採択率を10%まで押し上げたいと意気込んでいます。
与党自民党が推すのは勿論育鵬社版であり、その啓蒙活動に驚く程の力を入れています。安倍首相もこの教科書を後押しする姿勢を隠しません。
安倍政権の支持基盤である「日本会議」は、全国の地方議会で育鵬社教科書を採択させるために、傘下の日本会議地方議員連盟の議員を通じて介入を深めています。

我が志木市でも、志木市選挙区(定数1)の鈴木正人県議会議員が、自身のブログで、「我が国に誇りを持てる教科書」をぜひ選んで欲しいと、教育委員会に望んでいます。
育鵬社のスローガンは「日本がもっと好きになる教科書」であり同じ立ち位置です。
「現在志木市で使用されている東京書籍版も「学び舎」よりは随分真ん中には見えますが、マイルドな階級闘争史観で自国に誇りが持てる程の内容ではありません」と暗にその選択を否定しています。
鈴木正人議員はもちろん、育鵬社版を推す日本会議地方議員連盟メンバーで、「学び舎」版についても次のように書いています。
「左巻き先生が新たにつくった学び舎「ともに学ぶ人間の歴史」は、ここぞとばかりの自虐史観、階級闘争史観、台湾統治もNHKジャパンデビュー並みのまるで独立した台湾を日本軍が制圧し、無理やり植民地にしたかのような記述に怒りを通り越して笑ったしまいました。」
左巻き先生との表現に見られるように、この右巻き議員の書く文章には品格と謙虚さが欠けていて志木市民の代表たる県会議員として、その言動に恥ずかしさを覚え、選挙区である市民として僕は良い感じをもってはおりません。僕も沖縄辺野古新基地建設に反対しているので、以前この議員さんから「左巻き左翼」と分類されました。

ちなみに議員さんが気にした台湾について、志木市使用の東京書籍版を見ると次のように書かれています。
「台湾を領有した日本は、台湾総督府を設置して、住民の抵抗を武力でおさえ、植民地支配をおし進めました。」
それでは、育鵬社版ばどうかというと、次のように書かれています。どちらも台湾の記述は少ないですね。
「日清戦争の下関条約で日本の領土となった台湾でも、日本政府は住民の抵抗をおさえ、台湾総督府を置いて開発を行いました。」

やはり東京書籍版は、武力での植民地支配と書かれていますので、議員さんにはお気に召さないようです。
育鵬社版は、ここに見られる記述のように、肝心のところが分かりにくいのです。植民地支配は禁句で、植民地化に至る過程や住民の苦難には触れづ、近代化の功績を書くことが多いのです。日本は正しい戦争を行ったのだという認識の差が全てです。
何はともあれ、志木市の中学校教科書選択からは、目が離せません。勿論、閲覧公開に参加して意見書を提出します。

もう一つ関心を寄せているのが、沖縄県の石垣市です。
2011年8月、石垣市と与那国町、石垣市でつくる「八重山採択地区協議会」が中学校公民教科書に育鵬社版を選択し、これに反発した竹富町の教育委員会が独自に東京書籍版を選択したのです。国からの圧力は凄まじいものがありましたが、竹富町教育委員会の慶田盛 安三さんらが粘り強い抵抗を続け意思を貫いたのです。教科書無償配布を止められるなどの経過が報道されましたので、ご存知の方が多いと思います。
石垣市は、公民は育鵬社版を選びましたが、歴史については帝国書院版で一致しています。これを4年に一度の今夏の選定で、
中山市長を含む育鵬社推進派は「歴史教科書」も育鵬社版にしようと活動しています。
市民の反発もありますが、選択結果がとても気になります。

| | コメント (0)

2015年6月22日 (月)

雑草の無い畑

Dsc00187_1024

6年間、市民農園を借りて野菜を作りました。少し大袈裟に言うなら雑草と害虫との戦いでした。
 そんなわけで散歩の途中に見る、全く雑草のない畑が不思議に思われるのです。
畑の隅の道路際のフェンスの下あたりには、僕を悩ませた雑草が僅かに見られますが、他には全くありません。
もし除草剤を使っているとしても、これほど劇的に効果があるものなのでしょうか。

不思議といえば、もうひとつ。スーパーなどで買ってくる野菜、とくにキャベツ、白菜、インゲン、ピーマンなどの歯ごたえの硬さ、すなわち食感の悪さです。
素人の僕でさえ普通に作れた柔らかい野菜が、なぜプロが作れないのだといつも苛立ちます。
美味い不味いは、主観の問題で、自分が作った野菜、それも採れたてだから旨く感じるのだろうと言われると、反論できません。
でも売られている形の揃ったきれいな野菜の食感が、僕の作った虫食いの不ぞろいの野菜に確実に劣る。これは事実です。
考えられることは、僕は使わなかった除草剤と農薬の使用、これが硬い野菜の原因だと思わずにはいられません。違うのでしょうか。

| | コメント (4)

2015年6月21日 (日)

河野太郎」さんのメルマガ通信が面白い---四捨五入で100歳?

昨日の衆議院議員、河野太郎さんの「メルガマ通信ごまめの歯ぎしり」が面白いので、転載させていただきます。
全文掲載のみ転載が許されておりますので、全文を。

ごまめの歯ぎしり 2015年6月20日号 週末の企画

......ごまめの歯ぎしり メールマガジン版......

 

       衆議院議員 河野太郎の国会日記

 ===========================================================
あるテレビ局の記者が、議員会館の私の部屋で油を売っている。
「週末の番組に自民党の若手議員をよんで安保法制について議論
をしてもらう企画をしているんです。」

「へーえ、おもしろそうじゃん。でも野党はよばないの」


「いや、野党の若手もよんで討論みたいな企画なんです。」


「自民党は誰がでるの。」


「声はいろいろかけてるんですけど、
党本部から出演が禁止されたみたいで、まだ誰もOKしてくれないんです。」

「じゃ、俺が出ようか。」


「いや、若手議員に出てもらおうという企画なんで。」


ふん、どうせ四捨五入すれば私は百歳だよ。

転載終わり

| | コメント (0)

2015年6月17日 (水)

南高梅が豊作---梅酒を作る

Dsc00218_1024

Dsc00216_1024
我家の庭の南高梅の木は、川越喜多院の植木市で買ってきた苗木が成長したものです。20年以上たっています。
最近樹皮が剥がれたりして、なんとなく老木めいてきました。
そこで梅の木の寿命はどのくらいなのかと調べると、長寿で100年以上も育つと書いてある一方、南高梅は20~30年程度とも書かれています。すると我家の梅の木は、そろそろ---。
そんな心配を吹き飛ばすように、今年の梅の実は過去最高の大豊作です。
こんな小さな木(写真左)ながら、5kgもの実がなり、大きさもピンポン玉くらいあります。実のほとんどは、手を伸ばせば採れる高さですが、一部脚立を使い凄い、凄いと収穫しました。今年はアブラムシもつかず無農薬でした。
早速、ヘタを取り、よく洗ったあと2時間ほどあく抜きのため水に浸け、梅酒、梅ジュース、梅ジャムにと、すべて使いきりました。

梅酒作りは、2011年、福島第一原発の爆発で、黄色い粉が庭やベランダの手すりに舞い落ちたあの忌まわしい年を除いて、毎年欠かさず作ってきました。今までブランデーを使ったり、日本酒を入れたり、ハチミツを加えたりしていろいろと試してみたこともありましたが、結局良い梅の実があれば、ホワイトリカーでオーソドックスに作るのが最上との結論に達しています。
梅酒作りのレシピに書かれている、梅と氷砂糖を交互に入れ重ねるというのも、一日もすると、上の梅酒びんの写真のように氷砂糖と梅が上下に分かれてしまいますので、あまり意味が無いように思います。
それでも年によって梅酒としての出来栄えにはっきりとした差があり、これは数年熟成しても同じで、何年モノが良いと言われるワイン作りに似たところがあるのかと感じています。多分、今年はうまい梅酒が出来る年になるような予感がしてとても楽しみです。

| | コメント (0)

2015年6月11日 (木)

館近隣公園(ニュータウン中央公園)で朝の太極拳をしませんか

Dsc00215_1024_2
毎週水曜日と金曜日の朝6時20分から7時まで、館近隣公園(ニュータウン中央公園)で、皆さんが集まり太極拳を行っています。
主催は公園使用を許可された団体の「志木ニュータウン太極拳クラブ」ですが、参加はどなたでも自由で無料です。
朝の清々しい空気のなかで皆が集まり、練功十八法、八段錦、楊名時太極拳を楽しもうというだけのクラブです。
ニュータウンはもちろん、柏町、本町、新座市などからの参加者も多くいます。
太極拳教室ではないので、細かい練習ではありませんが、全くの初心者でもリーダーの真似をすることから始めると、いつのまにか全体の流れがわかりますし、気の流れと呼吸法も会得できるようになります。24式太極拳の1式づつの部分練習もありますので、少しづつ覚えられるようにもなります。
グループの練習で、孤立感が解消でき、身体を動かす心地よさも深まるうえ、多くの人の気が交流して、エネルギーも高まります。
近隣公園にいらして、今日から参加したいと伝えて頂ければもう太極拳仲間です。皆さん、太極拳をしませんか、どうぞお気軽に参加してください。お待ちしております。
ちなみに、僕はかみさんに誘われて、3月末から参加した全くの太極拳未経験者でしたが、2ヶ月半すぎて、なんとか太極拳の24式の流れを理解した程度で、形などどうこういう段階では無いのですが、もう少し上手くなりたいと思っています。

| | コメント (0)

2015年6月 9日 (火)

「さよなら原発 志木ウオーキング」への参加を続けます

Dsc00184_10242枚の写真は5月17日(日)に行われた「さよなら原発 志木ウオーキング」のデモ行進の様子です。
志木市の東武東上線の柳瀬川駅西口広場に集合し、志木ニュータウン、幸町を通り、東京電力志木支社を経由して志木駅南口ロータリーを経て志木駅東口駅前広場まで、約4.5kmを1時間半かけて歩きます。

この集会とデモ行進は2ヶ月に一度行われています。自由参加なので、デモ行進の途中からでも構いませんから、是非列に加わってください。
同じような集会とデモは埼玉県内の新座市、川越市、春日部市などの各地でも行われています。
「なぜ反原発集会やデモに参加し続けるのか」

Dsc00186_1024のブログの、いちばん下に貼った産経新聞記事に書かれているように、これが今、政府と電力会社が原発を重視して再稼働を急ぎ、原子力政策を福島第一原発の事故前に戻そうと躍起になり、それを読売新聞、産経新聞、日経新聞などが国民に知らしめようと、電気料金が上がるぞ、上がるぞと、なかば脅しとも思われる啓蒙活動に協力している姿なのです。原発事故の反省、再稼動の負の側面などにはこれっぽっちも触れようとしません。
福島第一原発事故を教訓に、脱原発に舵を切ったドイツなどの各国と違い、人間の命より経済と金が優先している日本政府なのです。
 福島第一原発だけでなく、福島第二原発、女川原発、東海原発も同じ危険な状況に追い込まれていたことが判明し、爆発した福島第一原発事故原因の究明も不十分なまま、その反省も曖昧に原発再稼働へまっしぐらなのです。
書き出すとキリが無いのですが、訴えたいことの一端を箇条書きにしてみました。
私たちは、政府と電力会社、そして一部地方自治体の原発推進政策はおかしいぞと声をあげ、近隣の方々に原発再稼働に反対する姿勢を見てもらい、下に箇条書きした私たちが危惧することを少しでも伝えられるならばと行動をおこしているのです。
来年18歳で選挙権を得るかもしれない高校生の皆さん、家で読む原発推進の読売新聞だけでなく、図書館で脱原発を掲げる東京新聞にも目を通して幅広い知識を得て頂きたいと思います。

○原発を抱える自治体の避難計画の不十分さと、周辺自治体の反対。広域避難の有効性への疑問。不十分な賠償への備え
○川内原発再稼動にも見られる、立地する自治体の、住民さえもあきれるあまりに露骨な原発マネーへの執着と、それを助長する原発行政システムへの不信
○放射能物質で汚染されたゴミの行き場のなさ
○原発事故被害者団体連絡会(ひだんれん)が掲げるまっとうな目標と政府見解の乖離。
(謝罪と被害の完全保障、暮らしと生業の回復、詳細な健康診断と医療保障、および被曝低減策、そして事故の責任解明)
○国際原子力気管(IAEA)の最終報告書に見られる過酷事故再発の危機感
○再稼働抜きには日本経済は立ち行かないとの虚構。原発コスト、経済性の根拠の曖昧さ
○地震、津波、活断層、火山噴火などの自然災害への対応不十分
○原発再稼働に反対する者が多数の国民の声を無視
○福島第一原発にみられる、メルトダウンした核燃料の状況もわからない事故処理の困難さと、生産性無き膨大な人員投入と出費。安易な海洋放出願望にみられる汚染水処理の危機感。事故処理に当たる作業者の人身事故の多発
○誰も責任を取らず、被害は軽微に発表する政府、電力会社の姿勢
○日本政府は地球温暖化を口実にして原発推進政策を進める一方、ドイツ、イタリア、スイス、スペインなどにみられる脱原発の姿勢を無視
○政府の進める核燃サイクル推進の破綻。核武装能力保持のためという疑惑が払拭できない。
○使用済み核燃料の処分方法は未だ決まらず。そして使用済み核燃料に絡む怪しい原発利権。
○原発廃炉の高額な解体費と核の高濃度汚染ゴミの処理困難。電気料金への上乗せ
○避難住民の感情を逆なでするような、原発政策を推進し、福島原発事故で更迭、辞任した幹部責任者たちの退職金上乗せや好待遇での天下り
○原子力規制委員会人選にみられる、政府側の原発推進派の重用
(まだまだありますので、追記します)

さて、問題の産経新聞記事はこちら↓
川内原発再稼働へ 着実な運転再開必要
産経新聞5月26日(火)7時55分配信


九州電力川内(せんだい)原発1号機(鹿児島県)が25日の発表通り7月下旬に再稼働すれば、国内全基が停止した原発ゼロの異常事態が約1年10カ月ぶりに解消される。
代替する火力発電の燃料費で電気料金が高止まりした現状が改善される期待も高まりそうだ。
同時に、電力各社の電気料金には既に原発の再稼働が織り込まれており、国民負担の軽減には他の原発の着実な運転再開が前提となる。

 国内では、平成25年9月に関西電力大飯原発(福井県)が停止して以降、原発ゼロの状態が続いている。
電力各社は発電コストが高い火力発電の稼働増で電力不足を防いでおり、いまや電源構成に占める火力の割合は9割になる。原発事故前に比べた全国平均の電気代は家庭用で2割、企業用で3割値上がりした。

 コスト上昇分を転嫁できない中小・零細企業では廃業の危機もいわれており、川内原発の再稼働が電気料金の値下げにつながるかに注目が集まりそうだ。

 ただ、九電の現行の電気料金は川内と玄海原発(佐賀県)計4基の再稼働が前提となっている。九電は、再稼働が川内だけであれば再値上げに踏み切る可能性を示唆している。

 原子力規制委員会の審査に合格した原発は、川内のほか、関西電力高浜3、4号機(福井県)と四国電力伊方3号機(愛媛県)の計3カ所にとどまる。
11月の再稼働を想定する高浜は、福井地裁が差し止めの仮処分決定を下したことで、実現が見通せていない。政府は平成42年度の電源構成で、電気料金の抑制や地球温暖化対策への配慮から、低コストで二酸化炭素(CO2)を出さない原発の比率を20~22%まで回復させる方針を示した。
原発停止の弊害が目立ち始めた中、資源小国の日本にとって安全性を確認した原発の再活用は不可欠だ。(田辺裕晶)

| | コメント (2)

2015年6月 5日 (金)

箱根大涌谷の轟音を聞く

Dsc00200_1024
箱根の大涌谷は、気象庁が5月6日に噴火警戒レベルを2に引き上げ、立ち入り区域も規制して以来、温泉供給の源泉地確保の難しさや、箱根観光の目玉である大涌谷ロープウェイの停止による観光客減少などが連日大きく報道されました。
レベル2になってから2週間後、現地の雰囲気はどうなのかを知りたいこともあり、前から約束していた強羅の友人の設計事務所を訪ねた後、強羅温泉に泊まってきました。
当日、友人の事務所があるリゾートマンションで終日聞こえていたジェット機の噴射音に似た轟音は、ホテルに着いてからも聞こえていたのですが、夕方6時頃にぴたりと止んで静かになってしまいました。
ホテルの部屋の窓からは、大涌谷は望めませんが、山の向こうに立ち上る噴煙は、黒色だったり、水蒸気のような白い煙になったりと変化しながら、常に流れていきます。(写真上、建物奥に雲のように見えるのが噴煙)
飽かず眺めていると、やがて夕闇が迫り、山も雲に包まれて見えなくなりました。

昼間聞こえたあの轟音はなんだったのかと、ホテルの従業員に聞いたところ、風向きで聞こえたり、聞こえなかったりするが大涌谷の蒸気の吹き出す音だと教えてくれ、小爆発などの避難訓練は常に繰り返しているので心配ないようにとも話してくれました。
昼間、音の大きさを訝る僕に、友人は慣れているのか、あれは報道のヘリコプターの音じゃないかなどと、あまり気に留めていないようでした。
でも、テレビでしか現地の状況を知らなかった僕には、予想以上の音の大きさと、山越しに見える吹き出す蒸気の多さに、以前観光で訪れ、探勝路を歩いた時とは様変わりしたであろう大涌谷を想像し、その火山活動に驚かされたのでした。

Dsc00199_1024

(写真左、翌朝、怖いもの見たさに、ケーブルカーで早雲山まで上がると、ほとんど人影のないロープウェイ駅に全線運休の張り紙が寂しく貼られていました。)

| | コメント (0)

« 2015年5月 | トップページ | 2015年7月 »