« 2015年3月 | トップページ | 2015年5月 »

2015年4月30日 (木)

米国と共に「平和を仕事に」はもう出来ない

Zieitai2


Zieitai1

(写真上、東京新聞より。これが自衛隊の一番の仕事だ。銃口を向けて射殺しようとしているのは人間だ。僕の子供の頃は、周りに戦争で人を殺した大人がいた。親戚のおじさん、友人の父、近所のお兄さん。もう、殺し合いは絶対にやめようと誓って70年。また、繰り返すのか)

「積極的平和主義」
「国際平和支援法」

そして自衛隊員募集ポスターには、「平和を仕事に」

安倍晋三首相は28日昼(日本時間29日未明)、オバマ米大統領との日米首脳会談後の共同記者会見で「きょう私たちは半世紀を上回る日米同盟の歴史に新たな1ページを開いた。世界の中の日米同盟とも呼ぶべきものだ」と表明した。

 同時に「日本と米国は自由、民主主義、基本的人権、法の支配といった基本的価値を共有するパートナーだ。その揺るぎない絆で結ばれた日米同盟はもはやアジア太平洋地域のみならず、世界の平和と安定になくてはならないものになっている」と訴えた。

安倍首相は、「平和」「国際支援」という言葉が好きだ。「積極的平和主義」「国際平和支援法」そして自衛隊員募集ポスターには「平和を仕事に」。
このポスターには武器が見えず戦争の影がない。しかし安倍首相の言う「平和」の裏には全て「戦争」が隠されている。
ベトナム、イラク、アフガニスタン、
米国の介入した戦争で平和と安定がもたらされたことはない。米国が火をつけて戦争に至ったことがいくつあるだろう。
米国の世界各地での戦争に協力すると約束した自衛隊に、「平和を仕事に」はブラックジョークにしかならない。各国の軍隊への加入を呼びかけるポスターに、和を仕事に」
に類したキャッチフレーズなどが使われている例を知らない。
以前、イラク戦争派遣時に自衛隊員が戦死したら国葬、弔慰金は1億円以上などの声も聞こえたが、政府、そして自民党、公明党はこの事態が戦争に深く関わるとの認識をどれほど持っているのだろうか。
安倍首相と閣僚、影で入れ知恵する者達、自民党、公明党議員そして外務官僚達は人の命を軽んじてはいないか。人の命に対する真摯さを失っていないか。兵隊と民間人の区別さえつかない現代の戦いを理解しているのか。
米国支援の戦争で戦死者が出たら、世界の平和と安定に尽くしてくれた英雄だったと、胸を張って国民に説明出来ると思っているのだろうか。
中東に、ウクライナに、アフリカに。世界の安定の名のもとに米国と共に参戦する準備を着々と行う日本国。今、自衛隊員、その家族の胸中は複雑な思いで揺れていることだろう。

| | コメント (2)

2015年4月29日 (水)

ナンジャモンジャの花(ヒトツバタゴ)

 志木ニュータウン近くで、ナンジャモンジャの花が咲いているよとエコシティ志木の会員の方に教えられ、今日、西原ふれあい第三公園斜面林の手入れ作業に参加した帰りに訪ねてみました。
ナンジャモンジャとは別名で、正式には「ヒトツバタゴ」という名だそうです。
絶滅危惧種にも指定されている、関東地方では珍しい部類の木のようです。
木全体に白い小さな花がついて、綺麗です。この木は以前からう植えられていたので、なぜ今まで気付かなかったのか。こんな花初めて見ました。別名が面白いですね。(写真はクリックすると拡大します)
Dsc00143_1024

Dsc00144_1024



| | コメント (0)

2015年4月27日 (月)

イチリンソウ、キランソウ、ジュウニヒトエを見ました

Dsc00136_1024

NPO法人「エコシティ志木」の会員の方に案内されて、今年もある場所でイチリンソウを見ることができました。イチリンソウは埼玉県準絶滅危惧種に指定されている貴重な植物です。
市内ではほとんど見られなくなったイチリンソウですが、この場所では会員の皆さんに大切に保護されている可憐な白い花が群落していました。
イチリンソウ群落地の近くで、ジュウニヒトエ、キランソウ(別名地獄の釜の蓋)、シャガも見ることができました。これからも大切にしたい場所です。写真はクリックすると拡大します)
Dsc00141_1024

「イチリンソウ」

Dsc00131_1024

「シャガ」

Dsc00133_1024

「シャガ」

Dsc00138_1024

「ジュウニヒトエ」

Dsc00142_1024

「キランソウ」

| | コメント (0)

2015年4月25日 (土)

福島県富岡町の放射性廃棄物一時保管所のドローン空撮映像

ドイツのベルリンに拠点を置くビデオニュース社「Ruptly」が伝える福島県富岡町の放射性廃棄物一時保管所の空撮映像です。
https://www.youtube.com/watch?feature=player_detailpage&v=Te9sqtxcS9w
集められた多量の放射性廃棄物を入れた黒い梱包物。これだけの空撮映像は初めて見ました。中間貯蔵施設に移される前に、梱包の破損、津波による流出などが無いことを祈るばかりです。
この映像はラジコンヘリの一種であるドローンで撮影されました。
数日前、首相官邸屋上で発見されたドローンにより、慌ただしく所持登録義務、操縦者免許制度、飛行区域制限などが法制化されようとしています。
しかし突然名乗り出た実行者と称する男に驚きつつ、この一連の動き、なにかスッキリしない気持ちで見守っています。

| | コメント (0)

2015年4月23日 (木)

原発より交通事故が危険?---村上春樹さんの脱原発を訴える回答

著名な作家の村上春樹さんが、ネット上で読者の質問に答えるサイト「村上さんのところ」で「原発NO!に疑問を持っています」という質問に対し、原発事故の影響の大きさと脱原発の必要性を回答しました。
これに対して重箱の隅を楊枝でほじくるようなあら探し的な反論が多いのに驚きました。日本を代表する小説家に脱原発を唱えられると困る。その影響の大きさを危惧したような攻撃です。
 質問自体が僕には首をかしげるようなもので、それに対し丁寧に脱原発の必要性を訴えている村上春樹さんの回答は、それほど難しい事を言っているわけではありません。
僕はこの著名な小説家の訴えに素直に耳を傾け、論旨に賛成したいと思います。

原発事故と交通事故の身に迫る危険性の比較を論じる質問を見て、僕はアスベスト被害のあることを思いました。
福島原発事故の放射線の影響による健康被害の矮小化と同じ論理でまとめられているアスベストの安全性に関する論文です。
その論文とは、石綿の危険性を、交通事故などより少ないと論じる1987年頃にアスベスト建材を生産している業界団体の「石綿スレート協会」が発行した石綿スレートの安全性を広報した「石綿スレートと健康」と題した小冊子です。
細かく比較分析すると長くなりますので、まずはこの小冊子に書かれていた一部を紹介します。
この小冊子発行から約30年、その後の我国のアスベスト被害はご承知のとおりです。
高濃度の職場環境などではなく、一般環境でも被害者は発生し、アスベスト被害による中皮腫、肺がん等による死亡者数は年間数千名にも及び、今後ますます増加する傾向です。
僕の友人、知人でもアスベストによる中皮腫、肺がんで3名が亡くなり、今も発病の危険性のある者が数名います。皆、30年から40年の潜伏期間の後、発病するという悲しい事態でした。
ちなみに、この小冊子が発行されていた頃、もう欧米先進国では、石綿の危険性を日本より問題視して対策に取り組み始めていました。
駐留米軍のアスベスト建材使用箇所の除去工事の厳重な安全管理と比較しても、およそかけ離れたところにあった日本の建築業界のずさんな状況については、このブログで以前少し詳しく書いたことがあります。

以下、小冊子よりの抜粋

Q10. それでは一般の人々に僅かにせよ危険はあるということですか?

A. 、がんのメカニズムが未だに十分に解明されていない以上、一般大気に含まれている極微量の石綿について、全く危険が無いことを立証することは不可能であります。
この意味に於いて極めて僅かながら危険があると云えるかもしれません
一方我々の日常生活の中にも僅かづつではありますが、危険の要素は沢山あります。
例えばタバコによる肺がんの恐れや
自動車等の交通事故、航空機事故、飲酒による健康障害等は誰直ちに思いつく危険ですが、その他にもスポーツやレクリエーションによる事故死、日光浴による皮膚がんの危険、レントゲン検査、サッカリン、魚や肉の焼きこげによるがんの危険等思わぬところにも危険の要素がひそんでいます。
これ等の我々が日常生活に於いて遭遇する危険性と一般大気中の石綿の危険性について英国の著名な環境、公害問題の専門家のコミンズ博士は、主として米国の諸統計をもとにいろいろな因子による生涯の危険の度合いを計算し表-3のようにまとめています。(表-3省略)
これによりますと、
石綿による危険はタバコや交通事故の危険は云うに及ばず日常生活の中で起こり得るいろいろな危険に比べてもはるかに低いレベルにあります。
そして、この生涯危険率1/100,000というレベルは世界保健機構」(WHO)の1984年飲料水の発がん性の認定に於いて示した「許容できる危険」のレベルでもありあります。

小冊子の「あとがき」
がんの実態は未だ解明されていません。世界中の科学者たちがその正体を明らかにすべく凡ゆる角度からアプローチしていますが、石綿とがんとの関連についても多の人が研究を続けています。然しこれ迄調査研究は、そのほとんどが過去の高濃度の職業上の石綿ばく露を長期間受けた人々についてでありました。
従って現在の整備された作業環境で働く労働者、更にそれよりも格段に低濃度の一般環境にあっては、石綿とがんとの関係は全くないと云うのが私共の考えです
然し中には「石綿に被曝する度合いが少なければすくない程がんの危険性は減少するが、いかに低濃度であっても危険性はゼロになることはない」と主張する科学者もあります。
然しこの考えを認めたとしても、これによる危険は、前に述べました如く我々が日常生活に於いて遭遇するいろいろな危険に比べてもはるかに小さく、云わば「許容される危険」の範疇に入るものではないでしょうか。

一方石綿スレートは重要な建設資材としてあらゆる方面に数多くっ使用され、特に代表的な不燃建材として毎年多くの人命、財産火災から守ることに大きく貢献していることはご承知の通りであります。
消防白書によりますと昭和59年の全国の建物の出火件数は38,254件で、これにより1,354人の尊い人命が失われておりますが、この内950人(70.2%)が木造建物で亡くなられた方々でありました。
若しこの木造建築物に不燃建材がもっと使用されていたならばこの内何割かの人命を失わずに済んだかと思はずにはいられません。
以上いろいろ申し述べましたが、石綿スレートの安全性について皆様の十分なご理解を得られたものと確信いたします。
(抜粋終わり)

| | コメント (1)

2015年4月17日 (金)

産経新聞元ソウル支局長の記事

産経新聞の加藤達也元ソウル支局長にたいする、韓国政府の出国禁止措置が解除され、日本に帰国した翌日の4月15日午前に、安倍首相と約45分ほど面会したと報じられました。
加藤氏が産経新聞WEBサイトへ書いたコラム「朴槿恵大統領が旅客船沈没当日、行方不明に---誰と会っていた?」が朴槿恵大統領の名誉を毀損したとして在宅起訴され、昨年8月以降日本に帰国できないでいたことは、報道、言論の自由の侵害として問題になっていました。
僕は言論、報道への圧力として、あってはならないことと思いながらも、嫌韓報道記事の多い産経新聞のことでもあり、そのソウル支局長の拘留には、やや冷めた目で経過を見ていました。
産経新聞には、詳しく報道されていたのかもしれませんが、僕が嫌うこの新聞は、他紙との記事表現の違いを調べる時以外は、読むことは少なかったのです。
他のマスコミからも、加藤氏の主張など、裁判の経過、詳細が伝わらなかったこともあり、ここに来て突然の帰国、そしてすぐに官邸での安倍首相との面会に驚いた次第です。
安倍首相との面会、加藤氏の今後の裁判などなどについて、あまりマスコミが大きく取り上げないのは、なんとなく腑に落ちない感もあるのですが。
それにしても何とも配慮や慎重さの足りない安倍首相です。記者が帰国しても、しばらくは情報を得る程度にしておく度量があれば良いものを、翌日には官邸に招き、お疲れさんなどと慰労したら、事情はどうあろうとも韓国の感情を逆なでするようなものです。何しろ、韓国大統領の名誉を毀損したとして起訴されているのですから。
翁長沖縄県知事が何度面会要請しても、時間の調整がつかないなどと言いながら避け続け、産経新聞となると我が味方なりとばかり便宜を図る。この単純さが情けない。
韓国とのぎくしゃくした関係を改善する方向とは全く逆のことをやらかしています。


そんなことで、僕は韓国政府から「名誉毀損」とされた加藤氏の記事の概要を知っているだけで、全文を読んだことはなかったので、この際だからと読んでみました。
まあ、なんというか、がっかりする記事でした。
朝鮮日報のコラム記事の引用に、嫌味な刺を加えたような内容で書く事にどれほどの意味があったかと思いました。
韓国政府も引用元の自国の朝鮮日報でなく、日本の産経新聞を標的にしたのは、それなりの意味があったのでしょうが、もう少し落ち着いた対応ですませば良かったのにと思いました。
報道機関に対する圧力として、これさえ認められないことではありますが、注意喚起、遺憾の意などで不快の念を表明する程度で済ますことです。
ちなみに日本の安倍政権はもっと露骨に文書、電話、メールなどで報道各社に干渉していますが。
韓国政府の行った新聞記者への起訴は絶対にあってはならないことです。今後、韓国において加藤氏の出頭のもと、裁判が継続されるとの事、何度でも韓国に渡り、言論、報道の自由を求めて、断固主張を曲げずに大いに論戦をして無罪を勝ち取って欲しいものです。
ただ、惜しむらくは、安倍首相に直接慰労されるほどの記者でありながら、問題視された記事が報道の自由云々を語るにしては、なんともお粗末なのがちょっと恥ずかしい。
このあたりが、日本のマスコ各社が今ひとつ乗り切れない理由かもしれません。
以下、記事全文のコピーです。
(クリックすると拡大して読みやすくなります)
Sanba1
Sanba2
Sanba3

| | コメント (2)

2015年4月14日 (火)

高浜原発再稼働差し止め---素直に考えれば当たり前の判断

今日(2015年4月14日)、福井県や関西の住民ら9人が、関西電力高浜原発3,4号機の再稼動差し止めを求めた仮処分の申し立てを、福井地裁は認める決定をだしました。

福井地裁の判断は

○高浜原発は想定できる地震の規模に対して想定が甘い
○基準より小さな規模の地震だったとしても、外部の電源それから内部に水を届ける給水管について、関西電力は何重にも防護しているから大丈夫だと、重要な設備ではないと考えている。それでは事故が起きる能性がある。
○使用済み核燃料のプール、これがしっかりと作られていないということで問題がある。
○高浜原発は仮の緊急時の対策所があるだけで免震の重要棟があるわけでない。
こういったことを具体的に挙げた上で、原子力規制委員会が決めた新しい規制基準、これが緩やかすぎる。
適合したとしても安全性が確保されていないので何かあった時に、訴えた住民の人格権を侵害する危険性があるとして、動かしてはならないという決定をしたのです。
細かく言えばきりがありませんが、福島原発事故とその後の福島現地、そして日本の状況を考えれば、まっとうな判断だと思うのです。

これに対して
菅義偉官房長官は14日午後の記者会見で、福井地裁が関西電力高浜原発3、4号機の再稼働差し止めの仮処分を決定したことについて、「原子力規制委員会の判断を尊重して再稼働を進める方針に変わりはない」と述べました。

いつもながら、何とも情けない発言です。
福井地裁は原子力規制委員会の決めた新しい基準に対しても疑問を投げかけているので、それに対して、「裁判所の判断を、政府としてどう考えるかか少し時間が必要」ぐらいに言っておけばまだ大人なのに。再稼働に「粛々」という言葉を加えれば、普天間基地新設の立ち位置とまったく同じ、問答無用の論法です。

「4月15日追記」驚いた、ここでもまた「粛々と」だって!!

菅官房長官、この人、判断力などに正常な思考が及ばないように思える。苦学して官房長官まで上り詰めた人には失礼だが、頭脳明晰とはお世辞にもいえない。
なんと例の上目使いの自信なさそうな顔で、「世界で最も厳しいと言われる規制の結果、
大丈夫だと判断された。(再稼働は)粛々と進めてゆきたい」と発言している。
「追記終わり」
 
問答無用といえば、以前イラクでの空輸作戦に参加した航空自衛隊が本来の輸送範囲を偽って、武装した多国籍軍の兵士を輸送していた問題に違憲判決が出されたことに対し、「そんなの関係ねえ」と発言した自衛官がいたことを思い出しました。

ところで安倍首相は米国での談話で「安全が再び100パーセント確保されない限り、原発再稼動は行わない」と語りました。

ところが原子力規制委員会の田中俊一委員長は国会の民主党福山哲郎議員の質問に対してこういう答え方をしています。
具体的な基準として、「非常用電源は多重性と多様性を備えている。格納容器のフィルターを付けたのは日本だけ。自然災害に対しては、地震・津波・台風など考えられる最高レベルのものを想定している」と述べたが、規制委員会はあくまで基準を満たしているかの審査をするだけで安全性を判断するわけではないと。

 安倍首相はこの安全性の判断について問われると、「100%安全と言ったことはない。常に安全性を高めていくのは当たり前のことだ」と述べ、規制委員会では住民の避難については対応していないことを指摘されると、他国の事例も交えて十分な対応を取っていると答えています。前に発言したことなど、気にしていないのか、開きなおっているのか、忘れているのか、それとも太田光さんの言ったことが正しいのか。

もう一度言わせてもらうなら、田中委員長の原子力規制委員会の体たらくを思うと、今日の福井地裁の判断は、素直にとらえて、ごく普通、当たり前の判断だと思います。

東京新聞夕刊のコラムに、JT生命研究館館長の中村桂子氏が、米国アスペン研究所理事長W.アイザックソンの講演「謙虚さが世界を救う」を引用してりーダーには寛容に裏打ちされた謙虚さの維持が不可欠と書き、米国の知識人が、リーダーに不可欠なものを一つあげるとしたら謙虚であると考えていることに、ちょっと驚きながらも共感し、日本のリーダーにも同じように語りかけたいと思った。首相をはじめとする多くのリーダーに、他人の言葉に耳を傾け、自分の考えを検討する態度が全く見られなくなっていることが、とても気になっているからである。政治の場での本格的な議論も見られない。一方的にそして声高に自分の信念を語る時、自由と民主主義にはリーダーの寛容さと謙虚さが不可欠だという認識があるのだろうかと書かれている。(抜粋)
(見識ある文章に共感し、無断で一部引用させていただきました)
(記事は、クリックすると見易い大きさに拡大できます)
Ap15001

| | コメント (2)

2015年4月 8日 (水)

埼玉県議会議員選挙---困った。刷新の会と自民党しか選択肢が無い

4月12日の埼玉県議会議員選挙。ここ南第17区 志木市。
定員1名に「刷新の会代表」「自民党公認」の二人が立候補。あれ、前回はどうだったかと調べるとなんと、現職の刷新の会代表しか立候補者がおらず、無投票当選。どおりで記憶になかったんだ。
今回、現職に挑戦するのは、自民党の41歳の若い候補者。この方はインターネットで調べても、情報は少ない。
それに対し、僕はあまり知らなかったけれど、「現職」は庶民派をうたうが、ネットで見ると地元以外やや県政外の活動も多い。この日本会議正会員候補から言わせると、僕は辺野古新基地建設に反対しているので、左巻きの左翼」ということになる。
http://ameblo.jp/masato-suzuki-jimukyoku/theme-10054388360.html  教科書問題 すーさんのブログ

http://trans.ne.jp/masato2/index-doga-sakura.html チャンネル桜

https://www.youtube.com/watch?v=HHojXrfHm4Q  朝霞高校修学旅行

https://www.youtube.com/watch?v=JUpHA6TEDGw  沖縄集団自決

http://www.nicovideo.jp/watch/1397699842?ref=search_tag_video  沖縄辺野古新基地

| | コメント (2)

2015年4月 7日 (火)

またも不快なり---「粛々と進める」は今後使わない

Photo前にこのブログで、菅官房長官、この人の口から「粛々」の言葉を聞くだけで僕は不快になると書きました。

沖縄県の翁長雄志知事が、菅官房長官の「粛々と進める」との発言について、「問答無用という姿勢が感じられる」「上から目線の粛々という言葉を使えば使うほど、県民の心は離れ、怒りは増幅される」「かっての沖縄の自治は神話だと言ったキャラウエイ高等弁務官の言葉と重なる」などと訴えたことで、菅官房長官は今後、粛々という言葉は使わないと表明せざるを得なくなりました。
それでも、まるで他人事みたいなこの物言いはなんですか。「上から目線と感じられるとあれば、表現は変えるべきであろう。不快な思いを与えたということであれば使うべきではないだろう」
「この期に及んで」発言もそうですが、「粛々と」この言葉をさんざん使って、沖縄県民を恫喝してきたきたのはご自分でしょう。

テレビ朝日の「報道ステーション」での古賀茂明氏の官邸の圧力発言にしても、「事実無根。公共の電波を使った行動として極めて不適切」「放送法という法律がありますので、テレビ局がどのような対応をされるか、しばらく見守っていきたい」と発言。この場合の
放送法が単に、公平中立な立場での放送を望むものではなく、この菅官房長官の口から発せられると、こちらには放送局の免許取り消しの権限があるぞと聞こえてきます。
法政大学時代の級友の評は、「何を考えているのかわからない、胸襟を開いて話せない男」これ、今も変わらないようです。
相手の心の痛みがわからない政治家になってしまいました。

| | コメント (2)

2015年4月 4日 (土)

黄金のスカイツリー

今週始め、浜松町の日の出桟橋から浅草行の水上バスに乗りました。
隅田川岸の満開の桜を見ながら、川をさかのぼり、終点の吾妻橋近くで、この光景に出会いました。
アサヒビールグループ本社ビルの金色のカーテンウォール壁面に、東京スカイツリーが映って、輝いています。船内アナウンスによると、限られた短い時間帯しか見ることができないとかで、ラッキーでした。
黄金のスカイツリーです
スカイツリーの鉄骨総重量は約3万6千トン。現在の金相場はこのところ値上がりしていて1グラム5千円程度です。
それでは東京スカイツリーを本物の黄金だとすると、幾ら位かなと計算してみると、なんと180兆円とでました。12桁の計算機ではエラーが出てしまったのでことによると間違っているかもしれません。
でもこれは架空の計算で、世界で
採掘されて精製加工されて存在する金の総重量は16万6千トンしかないので、日本一国ではタワー建設はどだい無理な計算ですね。世界の金を全部集めてもオリンピックプール3.5杯分くらいしかないってご存知でしたか。たったそれっぽっちという感じですね。かなり掘り尽くしてしまい埋蔵量はあとプール1杯分程度とも言われています。
建設資材として考える金と鋼鉄の比重ですか、強度、体積云々と言われると、お手上げです。
真はクリックすると拡大します)Dsc00089_1024

| | コメント (0)

« 2015年3月 | トップページ | 2015年5月 »