« 黄金のスカイツリー | トップページ | 埼玉県議会議員選挙---困った。刷新の会と自民党しか選択肢が無い »

2015年4月 7日 (火)

またも不快なり---「粛々と進める」は今後使わない

Photo前にこのブログで、菅官房長官、この人の口から「粛々」の言葉を聞くだけで僕は不快になると書きました。

沖縄県の翁長雄志知事が、菅官房長官の「粛々と進める」との発言について、「問答無用という姿勢が感じられる」「上から目線の粛々という言葉を使えば使うほど、県民の心は離れ、怒りは増幅される」「かっての沖縄の自治は神話だと言ったキャラウエイ高等弁務官の言葉と重なる」などと訴えたことで、菅官房長官は今後、粛々という言葉は使わないと表明せざるを得なくなりました。
それでも、まるで他人事みたいなこの物言いはなんですか。「上から目線と感じられるとあれば、表現は変えるべきであろう。不快な思いを与えたということであれば使うべきではないだろう」
「この期に及んで」発言もそうですが、「粛々と」この言葉をさんざん使って、沖縄県民を恫喝してきたきたのはご自分でしょう。

テレビ朝日の「報道ステーション」での古賀茂明氏の官邸の圧力発言にしても、「事実無根。公共の電波を使った行動として極めて不適切」「放送法という法律がありますので、テレビ局がどのような対応をされるか、しばらく見守っていきたい」と発言。この場合の
放送法が単に、公平中立な立場での放送を望むものではなく、この菅官房長官の口から発せられると、こちらには放送局の免許取り消しの権限があるぞと聞こえてきます。
法政大学時代の級友の評は、「何を考えているのかわからない、胸襟を開いて話せない男」これ、今も変わらないようです。
相手の心の痛みがわからない政治家になってしまいました。

|

« 黄金のスカイツリー | トップページ | 埼玉県議会議員選挙---困った。刷新の会と自民党しか選択肢が無い »

コメント

何を言っても、上から目線を変える気はないようですな。。。

投稿: トックリヤシ | 2015年4月 7日 (火) 20時19分

>トックリヤシさま
安倍内閣の閣僚全員が、なにか人間味のない顔つきをしているように感じます。

投稿: Souroku | 2015年4月 8日 (水) 11時58分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 黄金のスカイツリー | トップページ | 埼玉県議会議員選挙---困った。刷新の会と自民党しか選択肢が無い »