« 埼玉県議会議員選挙---困った。刷新の会と自民党しか選択肢が無い | トップページ | 産経新聞元ソウル支局長の記事 »

2015年4月14日 (火)

高浜原発再稼働差し止め---素直に考えれば当たり前の判断

今日(2015年4月14日)、福井県や関西の住民ら9人が、関西電力高浜原発3,4号機の再稼動差し止めを求めた仮処分の申し立てを、福井地裁は認める決定をだしました。

福井地裁の判断は

○高浜原発は想定できる地震の規模に対して想定が甘い
○基準より小さな規模の地震だったとしても、外部の電源それから内部に水を届ける給水管について、関西電力は何重にも防護しているから大丈夫だと、重要な設備ではないと考えている。それでは事故が起きる能性がある。
○使用済み核燃料のプール、これがしっかりと作られていないということで問題がある。
○高浜原発は仮の緊急時の対策所があるだけで免震の重要棟があるわけでない。
こういったことを具体的に挙げた上で、原子力規制委員会が決めた新しい規制基準、これが緩やかすぎる。
適合したとしても安全性が確保されていないので何かあった時に、訴えた住民の人格権を侵害する危険性があるとして、動かしてはならないという決定をしたのです。
細かく言えばきりがありませんが、福島原発事故とその後の福島現地、そして日本の状況を考えれば、まっとうな判断だと思うのです。

これに対して
菅義偉官房長官は14日午後の記者会見で、福井地裁が関西電力高浜原発3、4号機の再稼働差し止めの仮処分を決定したことについて、「原子力規制委員会の判断を尊重して再稼働を進める方針に変わりはない」と述べました。

いつもながら、何とも情けない発言です。
福井地裁は原子力規制委員会の決めた新しい基準に対しても疑問を投げかけているので、それに対して、「裁判所の判断を、政府としてどう考えるかか少し時間が必要」ぐらいに言っておけばまだ大人なのに。再稼働に「粛々」という言葉を加えれば、普天間基地新設の立ち位置とまったく同じ、問答無用の論法です。

「4月15日追記」驚いた、ここでもまた「粛々と」だって!!

菅官房長官、この人、判断力などに正常な思考が及ばないように思える。苦学して官房長官まで上り詰めた人には失礼だが、頭脳明晰とはお世辞にもいえない。
なんと例の上目使いの自信なさそうな顔で、「世界で最も厳しいと言われる規制の結果、
大丈夫だと判断された。(再稼働は)粛々と進めてゆきたい」と発言している。
「追記終わり」
 
問答無用といえば、以前イラクでの空輸作戦に参加した航空自衛隊が本来の輸送範囲を偽って、武装した多国籍軍の兵士を輸送していた問題に違憲判決が出されたことに対し、「そんなの関係ねえ」と発言した自衛官がいたことを思い出しました。

ところで安倍首相は米国での談話で「安全が再び100パーセント確保されない限り、原発再稼動は行わない」と語りました。

ところが原子力規制委員会の田中俊一委員長は国会の民主党福山哲郎議員の質問に対してこういう答え方をしています。
具体的な基準として、「非常用電源は多重性と多様性を備えている。格納容器のフィルターを付けたのは日本だけ。自然災害に対しては、地震・津波・台風など考えられる最高レベルのものを想定している」と述べたが、規制委員会はあくまで基準を満たしているかの審査をするだけで安全性を判断するわけではないと。

 安倍首相はこの安全性の判断について問われると、「100%安全と言ったことはない。常に安全性を高めていくのは当たり前のことだ」と述べ、規制委員会では住民の避難については対応していないことを指摘されると、他国の事例も交えて十分な対応を取っていると答えています。前に発言したことなど、気にしていないのか、開きなおっているのか、忘れているのか、それとも太田光さんの言ったことが正しいのか。

もう一度言わせてもらうなら、田中委員長の原子力規制委員会の体たらくを思うと、今日の福井地裁の判断は、素直にとらえて、ごく普通、当たり前の判断だと思います。

東京新聞夕刊のコラムに、JT生命研究館館長の中村桂子氏が、米国アスペン研究所理事長W.アイザックソンの講演「謙虚さが世界を救う」を引用してりーダーには寛容に裏打ちされた謙虚さの維持が不可欠と書き、米国の知識人が、リーダーに不可欠なものを一つあげるとしたら謙虚であると考えていることに、ちょっと驚きながらも共感し、日本のリーダーにも同じように語りかけたいと思った。首相をはじめとする多くのリーダーに、他人の言葉に耳を傾け、自分の考えを検討する態度が全く見られなくなっていることが、とても気になっているからである。政治の場での本格的な議論も見られない。一方的にそして声高に自分の信念を語る時、自由と民主主義にはリーダーの寛容さと謙虚さが不可欠だという認識があるのだろうかと書かれている。(抜粋)
(見識ある文章に共感し、無断で一部引用させていただきました)
(記事は、クリックすると見易い大きさに拡大できます)
Ap15001

|

« 埼玉県議会議員選挙---困った。刷新の会と自民党しか選択肢が無い | トップページ | 産経新聞元ソウル支局長の記事 »

コメント

今の政治家は皆国民の為の政治ではなく
自分の地位を確保するのが第一目的なのでしょう。
寛容さ謙虚さはなんて邪魔、余計なことなんですよ。。。!

投稿: トックリヤシ | 2015年4月15日 (水) 09時08分

>トックリヤシさま
政治家の劣化が目に余りますね。人相も良いとは言えないし。

投稿: Souroku | 2015年4月15日 (水) 19時59分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 埼玉県議会議員選挙---困った。刷新の会と自民党しか選択肢が無い | トップページ | 産経新聞元ソウル支局長の記事 »