« 2015年1月 | トップページ | 2015年3月 »

2015年2月27日 (金)

スノーシューで子浅間山に登る

Dsc00271

Dsc02347_1024

2015年2月23日(月)
友人5人と、スノーシューで子浅間山(1655m)に登ってきました。
昨日は、友人が手配してくれた東急ハーベスト軽井沢高原に宿泊し、スノーパークのスキー場付近の林間を歩きました。
今日の天気は曇り空だった昨日より良くなり、青空も見える絶好の雪山歩き日和です。

浅間山には側火山(寄生火山)と呼ばれる離山、石尊山、子浅間山の3つの山があります。そのうちの一つ、子浅間山は浅間山の東側の国道146号沿いの山腹にコブのようについているので、アプローチも良く無雪期にはよく登られている山です。
朝、宿を出て東大火山観測所前の駐車場に車を止めて、そこからスノーシューを付けました。
トレースのある雪道は一見締っているように見えますが、スノーシューをつけないと腰近くまで沈みます。
観測所の建物横を抜け、緩やかな林間コースを動物の足跡などを見つけながらゆっくり登ります。
途中で、友人がニホンカモシカを見つけました。木の間から、こちらを見つめているようでした。最近山で、以前よりニホンカモシカに出会えることが多くなりました。絶滅も心配された国の天然記念物ですが、最近増えているのかもしれません。
昔、冬の山登りには尻皮を付けるのが普通でした。狩猟が禁止されていたニホンカモシカの毛皮が最上と言われ、高価な品でしたので、金もない若い僕たちは馬皮で作られた尻皮を使ったものでした。
ニホンカモシカといえば、北アルプスの燕岳から槍ヶ岳へのコースに喜作新道の名を残す小林喜作を思います。カモシカを追う名猟師であった喜作の、狩猟中の死にまつわるミステリーなど、若い頃興味深く読んだものです。
さて、浅間山の山腹が大きく見えるようになると、雪原状になった馬返しに到着です。ここまで約50分ほどかかりました。
Dsc02327_1024林間のコースではほとんど感じられなかった風が一気に強くなりました。左側(西方向)には雄大な浅間山の山腹、右手(東側)には、子浅間山の山頂が見えます。浅間山方向には少し先に登山禁止の大きな標識が立っていました。
子浅間山の登りは、雪が飛ばされて砂礫が表れているので、雪のある部分を選んで登ります。今までよりずっと傾斜がきつくなります。二つの峰がありますが、本当の山頂は東の奥のほうです。15分ほどで山頂の標識が見えましたが、一帯は強風で雪が完全に飛ばされ、夏山と変わらない山頂です。東方向には雄大な浅間山の裾野が一望されます。体が浮き上るほどの風が息つく間もなく吹き付けるので、早々に下山しました。
帰りはスノーシューの運びも滑らかに、下り一方の道、40分ほどで火山観測所まで戻ることができました。
Dsc02336_1024子浅間山登山、林間から雪原から雄大な浅間山を見ながら、変化にとんだ楽しいスノーシュートレッキングができて大満足でした。

ところで、雪を纏った浅間山(写真一番上)は、今はあまりスキー登山の対象にされないようです。
しかし日本初の女性グループのスキー雪崩遭難は昭和9年にこの浅間山で発生したとの記録があります。
この遭難は、大井正一氏の著作に次のように書かれています。

「昭和9年1月21日、9時鉄道大臣官房川崎、工作局三雲、保健課会田、経理局吉田の4氏とYWCA山岳部三田姉妹(好子、正子)は峰の茶屋から浅間山に向い消息を断った。
23日小浅間の南方600mの沢の中に、長さ700m、巾70mの雪崩跡を発見、27日遺体の発掘を行った。
遭難は13時頃と推定され、沢を下ったためといわれる。」

 

| | コメント (0)

2015年2月26日 (木)

第三回さよなら原発 志木ウオーキング

Fe26001

第三回「さよなら原発 志木ウオーキング」が行われます。
3月15日(日) 東武東上線柳瀬川駅西口広場に午後2時集合、2時半出発

デモコースは、前2回と異なり、柳瀬川駅より志木ニュータウンを抜け、幸町を通り、東京電力志木支社を経由して志木南口に至ります。
そこから志木陸橋を経て志木駅東口駅前広場で解散する約1時間半のデモ行進です。
どなたでも参加できますので、どうぞデモ行進に加わってください。

| | コメント (0)

2015年2月19日 (木)

風景非常漂亮----柳瀬川川霧

Dsc02300_1024

朝:6.30 S通信員「今朝は川霧期待大」
この声聞きて我ガバとはね起き、カメラ握りしめ柳瀬川の土手に立ち至れば、おお!川面一面に湧いては消え、また湧きいたる幻想的な霧また霧。川面一面、白き煙のごとし。
されば良き場所より写真を撮りてブログのネタにと、護岸を走る我に驚きて、霧の中よりカモたち、一斉に飛び立ちゆかん。なんとも美しき景色なり。
Dsc02286_1024

Dsc02290_1024


Dsc02291_1024


Dsc02296_1024


| | コメント (2)

2015年2月17日 (火)

鹿沢高原でスノーシュー---「雪山讃歌に思いを馳せて」

Dsc02284_1024
(写真上、休暇村の泊まった部屋からの眺め。右手の山は村上山です。屋根から大きなつららが下がっていました。)

鹿沢国民休暇村に宿泊し、鹿沢園地の「鹿沢インフォメーションセンター」主催のスノーシュー企画に参加してきました。http://www.kazawa.jp/event-detail.php?

鹿沢インフォメーションセンターでは、今冬4つのテーマ別スノーシューハイキングの企画が組まれているのですが、僕とかみさんが参加したのはそのうちの一つ「雪山賛歌に思いを馳せて」です。
「新美南吉生誕101年記念スノーシュー」という企画も組まれていますので、鹿沢インフォメーションセンターのスタッフは、かなりロマンチックな方々とみました。
2月14日(土)の午後と15日の午前中、スタッフとパークボランティアの方に案内されて、休暇村と園地周辺の森を、スノーシューを付けてゆっくりと歩き回りました。
普段は歩けない場所も、雪が積もると自由に歩くことが出来るのがスノーシューの魅力です。
ラッセルして進む新雪の森で、パークボランティアのSさんから樹木や植物、動物たちの話を聞くことが出来で、とても有意義な企画でした。
二日目には、ザックの後ろに長いロープで結ばれた袋を引き、戻る頃にはアイスクリームができているというなんとも楽しいおまけまでつきました。
初日は晴れ、二日目はやや風が強く小雪が舞う天候でしたが、インフォメーションセンターのスタッフのFさん、Tさん、そしてパークボランティアのSさん、ガイドしていただきありがとうございました。また来年の企画にも参加したいと思います。
今回、気温はー5度程度でしたが、カメラが動かなくなり写真が撮れませんでしたので、パークボランティアのSさんのブログ」(下にURL)から、アイスクリームの袋を引っ張る写真をお借りしました。写真下)
そうだ、肝心のスノーシューの企画名「雪山賛歌に思いを馳せて」については、薪ストーブの燃える暖かいインフォメーションセンターの部屋で、スタッフのFさんから詳しい説明がありました。
雪よ、岩よわれらが宿り、俺たちゃ、町にはすめないからに---の歌詞で知られる「雪山賛歌」は、作詞者である西堀栄三郎氏が、歌詞をここ鹿沢で作詞(原曲はイギリス民謡)した由来があり、歌詞の彫られた石碑もたっているそうです。

鹿沢国民休暇村へは、長野新幹線の上田駅から、送迎バスも運行されているので、割と短時間で行けますし、施設も温泉も良く季節を問わず僕の好きな宿です。
隣接する鹿沢インフォメーションセンターの、冬季スノーシュー企画はお勧めです。
参加費も二日間で保険料の500円だけですし、スタッフや協力するパークボランティアの素敵な方たちとパウダースノーを体験してみませんか。

D0945e7f3e650896ed8a5d3a5985a2a6
http://blog.goo.ne.jp/samegao/e/8667968f43c12c2ea79c53ab99b496b6
(パークボランティアSさんのブログ)

| | コメント (2)

2015年2月10日 (火)

今冬の最低気温でした

Dsc02255_1024Dsc02257_10242月10日(火)
我家の今朝7時頃の気温は、ベランダでも地上近くでも同じ氷点下3.5度でした。
多分今冬でもっとも寒い朝だったと思います。
同じ県内の「さいたま市」の今日の最低気温が氷点下4.8度と発表されていますので、多分我が家でも夜間、早朝は同じくらいまで冷え込んだことでしょう。
僕はどちらかといえば寒さに強い方で、気温が下がると嬉しくなるのです。ですからこの寒さも嫌ではありません。
寒い中、庭の梅の花も咲き始め、チューリップが沢山芽を出し始めました。春も近づいているようです。
今年はキンカンが豊作で、2、3日中に収穫してキンカン酒を作ろうと思っています。

Dsc02258_1024

Dsc02259_1024

| | コメント (2)

2015年2月 7日 (土)

斜面林の手入れに参加----西原第三公園

Dsc02241_1024_2

Dsc02249_1024_2
今日は「NPO法人エコシティ志木」の主催で行われる、「西原斜面林」の手入れ作業に参加することができました。
西原ふれあい第三公園内の斜面林は志木市内に残る貴重な自然林として保護されています。
この斜面面林の手入れに、NPO法人エコシティ志木の皆さんがボランティア活動の一つとして取り組んでいます。
会員の方に混じり、午前中の2時間ほど、斜面に厚く積もった落ち葉を掻き出したり、下草を刈ったり、通路の清掃などに汗を流しました。
初参加でしたが、植物の名前を教えてもらえたりして、有意義な時間を過ごすことができました。
みなさんのこういった努力で、斜面林が守られていること、その努力により春になるとたくさんの野草も芽を出すことが出来る事を知り、次回も是非参加したいものと思ったのでした。
Dsc02238_1024


Dsc02240_1024

Dsc02251_1024

(落葉が寄せられた道路脇には、ハクセキレイがきて、盛んに餌をついばんでいました。何を食べているのだろう)

| | コメント (0)

2015年2月 2日 (月)

柳瀬川「冬の野鳥観察会」に参加

Dsc02231_1024_22月1日(日)
「NPO法人エコシティ志木」主催の「冬の野鳥観察会」に今年も参加しました。
サミット前に午前9時集合。晴天ながら北風が強く少しばかり寒さが身に染みる観察会になりました。
スコープや双眼鏡などを使って、講師の方の説明を受けながら柳瀬川の右岸土手を志木市役所まで歩き、約2時間ほどの野鳥観察を楽しみました。
最後に参加者全員で今日観察できた鳥の確認、「鳥合わせ」をして散会しました。
いつもながら、なかなか覚えられない鳥の名前ですが、いくつかは確実に見分けられるようになってきたのは、収穫です。
今日の鳥合わせで確認できた野鳥は26種類で、いつもよりやや少なかったようです。
カルガモ、オナガガモ、コガモ、ヒドリガモ、カイツブリ、キジバト、カワウ、アオサギ、ダイサギ、コサギ、オオバン、イカルチドリ、イソシギ、モズ、ハシボソガラス、ヒヨドリ、ムクドリ、ツグミ、スズメ、キセキレイ、ハクセキレイ、セグロセキレイ、タヒバリ、カワラヒラ、シメ(1種類を記録し忘れたようで25種類です)

Dsc02232_1024_2

(左岸の日だまりで、羽を膨らませて日向ぼっこするヒドリガモたち)

Dsc02233_1024_2

(川の水量が少ないので、全身を表し、のんびりと休んでいる感じのカッパの「流れちゃん」)

| | コメント (0)

« 2015年1月 | トップページ | 2015年3月 »