« 「さよなら原発 志木ウオーキング」のお知らせ | トップページ | 粛々として進める---菅義直官房長官。この男の顔を見ると心が暗く沈む »

2015年1月18日 (日)

新春浅草歌舞伎---溌剌とした舞台を観ました

Ca390038_1024
Ca390039_1024「新春浅草歌舞伎」を見ました。
http://www.asakusakabuki.com/
歌舞伎鑑賞の師匠から、新春浅草歌舞伎は良かったよ、とくに中村種之助の踊りは一見の価値ありと勧められたので、急遽二部(夜)のチケットを入手して、浅草へ出かけました。
今年の舞台は平成生まれが多い若手の花形役者の揃いぶみです。
二部では仮名手本忠臣蔵の五段目、六段目を演じましたが、若手といえども、最近の皆さん、芝居が上手なのには感心します。演目も良いのですが、楽しめました。
さて、見ることを勧められた、中村種之助さんの舞踏「猩々」は本当によかったです。
批評など出来る目を持ちませんが、それでもきびきびとした動作の中にも品格と情感があり、そしてかわいいと感じました。足の動き、厳しい修練を積まれたのでしょう。
次の舞踏、「俄獅子」と共に、普段は道行、舞踏の場面で、うつらうつらしてしまう事も多いのですが、華やかな舞台に眠気を感じませんでした。
「新春浅草歌舞伎」見てよかったです。

Ca390034_1024

(浅草公会堂へ向かう道の、仲見世通り、賑やかでした)

|

« 「さよなら原発 志木ウオーキング」のお知らせ | トップページ | 粛々として進める---菅義直官房長官。この男の顔を見ると心が暗く沈む »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 「さよなら原発 志木ウオーキング」のお知らせ | トップページ | 粛々として進める---菅義直官房長官。この男の顔を見ると心が暗く沈む »