« 新春浅草歌舞伎---溌剌とした舞台を観ました | トップページ | さよなら原発 志木ウオーキングが行われました »

2015年1月18日 (日)

粛々として進める---菅義直官房長官。この男の顔を見ると心が暗く沈む

K10046982611_1501151410_1501151414_「辺野古移設は安全面に留意しながら粛々と進めていきたい
菅義直官房長官。この男の記者会見発表映像を見るたびに気が滅入ってくる。
「安全面に留意」とは何を指すのか、「粛々とすすめる」だと。バカを言うな。辺野古現地の何処に「粛々」の文字があるのだ。
ダンボール工場、築地市場、. 新宿の飲食店の皿洗いなどをしながら法政大学(二部)に学んだ苦労人とのことだが、懸命に生きている人たちのことなど少しもわかろうとしないではないか。自由と進歩の精神を培う建学精神、そして二部に学ぶ多くの多才な学友たち、一体法政大学で何を学んできたのだ。なにが自己犠牲だ、滅私奉公だ。
沖縄県民の事を思いしっかりと顔を上げて国民の目を見て喋れ。内容に問題があっても、まだ米国や中国の報道官の方が、真剣に話そうとしているではないか。
人に言わされているような顔をするな。

|

« 新春浅草歌舞伎---溌剌とした舞台を観ました | トップページ | さよなら原発 志木ウオーキングが行われました »

コメント

おっしゃる通り・・・。つまるところ、こう言っておかないと明日の我が身が保てない、職業政治家そのものを演じているとしか言いようがありません。

投稿: トックリヤシ | 2015年1月18日 (日) 21時52分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 新春浅草歌舞伎---溌剌とした舞台を観ました | トップページ | さよなら原発 志木ウオーキングが行われました »