« 2014年11月 | トップページ | 2015年1月 »

2014年12月26日 (金)

嫌味なやり方---沖縄振興予算(産経新聞と菅官房長官)

○先ず産経新聞にリーク記事を書かせる。

「沖縄振興費削減へ 辺野古移設阻止踏まえ3案検討

 政府が平成27年度予算案で沖縄振興予算の削減方針を固め、(1)大幅削減(2)小幅削減(3)小幅削減と執行停止の組み合わせ-の3案を検討していることが25日、分かった。
沖縄県の翁長(おなが)雄志(たけし)知事が米軍普天間飛行場(同県宜野湾(ぎのわん)市)の名護市辺野古移設の阻止を主張していることを踏まえた措置だ。山口俊一沖縄北方担当相は26日、上京中の翁長氏と初めて会談し、振興策に関する認識を確認した上で政府内の調整に入る。

 政府は沖縄振興と辺野古移設は直接的に「リンクしていない」(山口氏)との見解を示しているが、振興と辺野古移設などの安全保障上の施策は「車の両輪」で「間接的にリンクしている」(政府高官)と位置づける。移設が妨げられれば振興予算の減額に踏み切らざるを得ないという。

 23年度に約2300億円だった沖縄振興予算は、26年度に約3500億円まで増額し、27年度概算要求では3794億円を計上している。大幅削減の場合、概算要求額から1割程度減らす可能性がある。
翁長氏が強硬策を取るか見極めるため、辺野古埋め立て承認の取り消し・撤回などに踏み込んだ段階で、振興予算の一部の執行を見送ることも検討する。


○次に記者会見で、菅官房長官は削減の方針を固めたという事実はないと、一応否定するが、今までの振興費が具体的にどのように使われているのかチェックし、ほかの予算と同じように査定すると、脅しととられかねない文言を加えることも忘れない。自民党政権のマッチポンプには慣れていても、こうあからさまにやられると実に不快だ。
「電源立地地域対策交付金」の」原発再稼動で交付金増、停止したままの自治体への配分減と同じやり方。

菅官房長官は閣議のあとの記者会見で、来年度・平成27年度の沖縄振興予算について、アメリカ軍普天間基地の移設計画と関連付けて決まることはないとしたうえで、今までの振興予算の使いみちを精査し、査定を行う考えを示しました。

この中で菅官房長官は、来年度・平成27年度の沖縄振興予算について「まさに調整中で削減の方針を固めたという事実はない。沖縄振興は特別措置法に基づいているわけで、アメリカ軍普天間基地の移設計画とリンクすることもない」と述べました。
そのうえで菅官房長官は、安倍総理大臣が去年、沖縄県の仲井真前知事との間で、平成33年度まで毎年3000億円台を確保すると合意したことについて、「政府が約束しているので、今までの振興費が具体的にどのように使われているのかチェックし、ほかの予算と同じように査定をしていく」と述べました。

参考
http://www.kantei.go.jp/jp/headline/okinawa_shinko/yosan_sesaku.html
首相官邸ホームページより

| | コメント (2)

2014年12月17日 (水)

ムクドリは白い葉牡丹がお好き(訂正 ヒヨドリらしい)

Dsc02184_1024


Dsc02185_1024
あれっ!庭の葉牡丹の葉が小さくなってるぞ。そうか、去年も丸坊主にされたあいつの仕業だ。そう、ムクドリです。(追記--訂正します。ヒヨドリらしい)
植えたばかりなのに今年も早くもやってきました。葉牡丹の葉の周りからどんどん食いちぎってしまいます。
不思議と赤い色の葉牡丹は、お好みではないのか食べません。
寒冷紗などでカバーをしてしまうと、葉牡丹が見えなくなってしまいます。
そこで、元作男さんが考えたのが寒冷紗のトンネル掛けに使ったアーチ状の支柱。
農作業からは引退したけれど、まだ保存してありました。写真のように、葉牡丹の周りを鳥籠のように囲みました。これで、うまくゆくのか。二、三日様子を見ることにします。

| | コメント (0)

2014年12月15日 (月)

衆院選挙の翌朝に思う

昨日の衆議院総選挙の当日、僕は前日から真鶴半島の福浦漁港で、友人たちとの忘年会を兼ねた海釣をしていました。
風が強く、とても寒くて釣り日和とは言えませんでしたが、風を避けて岸壁の影でバーナーでお湯を沸かし、釣りもする、お湯割りも飲むと、いつもながらの忘年会を楽しみました。
 福浦漁港は、駐車場も有りメジナ、イカなどが釣れる良い釣り場なのですが、今までは大目に見られていたと思われ防波堤部分の釣りが規制され、これは危険防止の意味で仕方がないのでしょうが釣り場としての魅力は失われました。

さて、選挙ですが、僕を含めて皆、期日前投票を済ませていましたが、あまり選挙の話はしませんでした。選挙を行う意味もわかり難いし、与党大勝報道にも白けていたのでしょう。

昨夜のテレビの選挙速報も早々と見るのを止め、今朝、最終的な選挙結果を見て、改めて何のための選挙だったかと思うのです。
自公民の与党大勝と言われますが、あくまで前回選挙の大勝を繰り返しただけで、議席数にそれほど変化はないし、共産党を除く野党もしかりです。
自公民の現政権は、閣僚も代えないと報道されていますし、政局、経済の状況も選挙前となんら変わらないのです。現に与党大勝を伝えるニュースの裏で、今日の株価は一時300円近くも値下がりしました。アベノミクスで株価上昇といっても、米国の株価を追従していることがよくわかります。

選挙結果を詳細に分析すれば、これからの日本はどうなるだろうと、いろいろ考える事はありますが、結局のところ、700億円の経費をかけて、日本共産党の議席を倍増させて、いや21議席にまでに増やしてくれた、そして沖縄の4小選挙区で、自民党議員が消えてしまったそれに憲法改正などの自民党右派の補完勢力と期待された次世代の党の17議席減の壊滅が大きな収穫の選挙だったのかと思うのです。
日本共産党が21議席になったことは、独自の議案提出ができて、質疑の持ち時間も増えるでしょうから、安倍政権にとってはいやな奴が増えたと思うことでしょう。政権にとって答えに詰まる質問にそう悪い内容はありません。今後日本共産党に対して、マスコミも含めて反勢力からの風当たりは強くなることは必至です。
しかし、テレビの国会中継などを見ていると良くわかりますが、共産党、社民党議員の質問は、よく調べられ、核心をついていることが多いのです。
アベノミクスばかりに、焦点があてられますが、集団的自衛権行使容認とそれに合わせた特定秘密保護法、原発再稼働、企業優先、TPP問題、沖縄普天間基地新設など、現政権の施策に強く論戦を挑むことができる議員が増えたことは、僕は良いことだと思うし嬉しいことです。

安倍首相や石破氏などは、痛いところを突かれたり、反論されると切れやすく、論旨が混乱してしまうタイプです。テレビでもキャスターに逆上してしまう場面がよく見られます。
およそ政権の重要な地位にいる政治家とは思えない、
反抗期の中学生レベルのような情けない姿を国民の前にさらします。
この弱点をねちねちと突いて答弁の失点を重ねさせ、政策と論旨の矛盾点をあぶりだして欲しいと思います。

それにしても、沖縄小選挙区で、自民党議員が全滅したのに、「普天間基地新設は民意を聞きながら粛々として進めるだけ」と言い放つ現政権の閣僚は、沖縄を属国と思っているのか、米軍基地問題を解決してくれと願う沖縄県民を、沖縄以外の国民と区別する2等国民としか見ていないのかと思わざるを得ません。

いかん、こういった話になると、長く長くなりますので、今朝のところはこの辺で。

| | コメント (2)

2014年12月 8日 (月)

我家の廻りの柿もミカンも旨いのだ

Dsc02182_1024今朝の我家の外部気温計は0.5度を指していました。地表面に下ろすとちょうど0度(写真)
今年一番の冷え込みです。でも、この時期に四国にあんなに雪が降るなんて、驚きました。

さて、我家からのウォーキングコースに、野菜の無人販売所を廻るコースがあることは何度か書いたことがあります。
その名も「お得コース」。場所は残念ながら我が志木市ではなく、西隣の三芳町に入ります。
それら幾つかの販売所には、名前もあります。もちろん僕が勝手につけた名です。

「大富豪」豪邸の立派な門先にあるだよ。
「庄屋様、今日も年貢を分割で持ってきただよ。だべ、ちょっくらここの野菜を頂いてゆくだよ」 てな感じ。野菜はきれいに洗われて、束ね方もお上品。
「きんたまーに」この家のおばさんの愛猫タマが、出向いてきては、落としだねを作ってゆくので、困った近所の方が病院で去勢手術をしてあげた。「勝手にキ○○○抜かれた」と嘆くおばさん。
「50円」ほとんどの野菜が50円均一。安いので遅くゆくと売り切れが多い。
「泥つき」他は泥を落として販売しているが、ここは泥つき野菜が多い。でも無農薬が売りもの。
「事務机」スチール製の古い事務机に野菜が並び、代金は鍵のついた引き出しの穴に入れる。
「おでん屋台」道路に面した広い畑の横に、ぽつんとおでんの屋台がある感じ。ここにはハウス野菜もある。
「こめや」本業はお米屋さん。北海道米ゆめぴりかを販売。忘れたころに店先に野菜が並ぶ

実は、今これらの販売所では野菜だけでなく、柿とミカンを売ってくれるのです。ほとんど一袋100円です。
ミカン!と驚かれる方もおられるでしょうが、同じ埼玉県の寄居町の風布地区はミカン栽培の北限地区として知られており、ミカン園が幾つもあるのです。志木市からそれほど遠くではありません。
でも、我がお得コースの柿、ミカンは畑の横に立っているか、庭先にある木ですから、とても栽培とは言えないものです。肥料はと聞くと、「なんも、畑から浸み込んでるだよ」
それでも、なぜかこの虫食い跡のある、見栄えはぱっとしない柿もミカンもうまいのです。とくにミカンはスーパーで売っている品より、甘くて味わいがあり、いかにもこれがミカンだという感じ。ワックス掛けなど無縁ですから、割とすぐに皮がしなびてしまいます。
でも嬉しいことに安いし、まだ、ここ何日かは食べられそうです。
ほんとにこれが「お得コース」

Dsc02180_320

「甘い冬がき」 富有柿かな?

Dsc02181_320

Dsc02179_320

Dsc02178_320

| | コメント (0)

2014年12月 6日 (土)

「この道」はいつかきた道へ

Dsc02154_1024


Mr06004_1024


Dsc02169_1024
最上段の写真は、一週間前の志木ニュータウンの我が家近くの紅葉です。
2枚目は同じ場所の約30年前の風景です。上の写真と比べるとこの間の銀杏、ケヤキの成長ぶりがわかります。
(3枚目は一昨日に撮りました。落葉が風に吹き寄せられて初冬の景色です)

志木ニュータウンは、集合住宅に「~の森」「
番街」と命名された先駆者と言えます。近頃、森を「杜」とする名も増えていますが、一部竣工から40年余りすぎて、今や数ある集合住宅の中でも屈指の、樹木に囲まれた森の街となりました。

12月もあっという間に一週間が過ぎて、いよいよ来週の日曜日は「衆議院総選挙」となりました。
はたして30年後の日本はどんな国となっているのか。人口が1億人を割るとも試算されていますが、将来への展望は掛け声だけで、目先の政策ばかりにうつつをぬかす政権では、はなはだ心もとないかぎりです。
安倍首相は、経済政策「アベノミクス」を前面に掲げ、声高に「この道」しかないと選挙戦を勝ち抜こうとしています。
自民圧勝、300議席確保などとマスコミは世論調査の結果を報じています。投票率も戦後最低だった前回の衆議院選の59.32パーセントを割り込む可能性もあるようです。
暗澹たる気持ちになります。日本という国はこうして、おかしな方向に向かってしまうのか、国民はそれを見過ごすのか。「この道」はいつかきた道に流れ込むのか。
安倍政権は我々は選挙で国民の信任を得たと、この道は消費税、第三の矢の経済政策だけでなく、集団的自衛権、特定機密保護法、原発再稼働と輸出、企業優先、沖縄県民の民意踏み躙り、しいては憲法改正にまで踏み込むことも、我が「この道」だったと居直ることは目に見えています。
平気で嘘をつき、ごまかし、逃げる卑怯者たちが国を動かす悲劇であり、それを取り巻く政治家に知性と道徳を求めても無理な話です。
なんとしても、自公民の勢力を削いで、真にこの政権の政策に反対し、抵抗する勢力を増やす努力をしています。
「この道」がいつかきた道に向かうことを防ぐ選挙にしたいと決心を固めています。
どうぞ、選挙を棄権しないでください。どうせ同じさとあきらめないでください。
そうだ、卑怯者と言えば、最後に言ってやりたい男がいます。衆院選に出馬していないからいいでしょう。
沖縄県知事「仲井真弘多」 この男卑怯者なり!

| | コメント (2)

2014年12月 2日 (火)

沖縄の菅原文太さん

菅原文太さん逝く。
ちょうど、一ヶ月前のこの動画を見たばかりだったのですが!。

11月1日(土) 沖縄県那覇市にある沖縄セルラースタジアム那覇で「オナガ雄志 うまんちゅ 1万人大集会」での挨拶映像です。

「もう一つは、これが最も大事です。」絶対に戦争をしないこと」
菅原文太さんのこの言葉、僕もこの思いを持って生きてきましたが、必ず若い人たちに伝えていくことを、あらためて心に誓います。

| | コメント (0)

2014年12月 1日 (月)

僕からみたらはるかに若い人達、選挙に行って意思を示そう

Jpeg
上図は総務省発表の衆議院議員総選挙の年代順投票率の表です
touhyouritu.pdf」をダウンロード(上図のPDF版)

自民党が圧勝した前回、平成24年の選挙の投票率59.32%は戦後最低の記録となりました。A(20,30,40歳代)とB(50,60,70歳代)の年代別に二つに分けると、投票率の高低が実にはっきりします。
Aの三世代平均は約50%、Bの三世代は68%となりその差は歴然です。
今度の抜打ち解散選挙は、前回以上に投票率が低いと、報じるマスコミもあります。そしてそれ(低投票率)は安倍政権にとって有利だと。
相手が低投票率が有利とふむなら、こっちは投票に行くしかありません。
僕は暴走する安倍政権が、作戦成功、してやったりとにんまりすることが無いよう、与党である自民党、公明党の議席が減ることを念じています。
自民党はいやだが、ほかに支持する政党も無い、選挙には無関心だ。投票にも行かない。今度の選挙はそれは止めましょう。
20代の皆さん、今しかできない事、その一つが選挙の投票です。
未来につなげる展望も得られるチャンスを避けていては、「立候補者を制限せず、自由な選挙の実施を」とただそれだけを求めて、官憲と立ち向かい血を流している香港の若者たちに顔向けできません。

安倍首相は「消費税増税延期の判断について国民に信を問う」と言うけれど、今度の選挙で、このあいまいな言に信を与えたりしたら、触れたがらずに選挙戦に臨んでいる集団的自衛権の行使容認、特定機密保護法の制定、原発再稼動、沖縄の民意無視等々、国民を踏みにじる政策を強行する力を与えてしまいます。
書き出すと、長くなりますが、前回選挙で投票率の低かった20代から40代の皆さん、投票所に、または期日前投票に足を運んでください。20代の投票率が37%、3人に一人などあまりにも政治に無関心すぎます。
そして願わくば国民の思いを軽視する安倍政権の自民党を信任しない一票を投じてください。もう一つ願わくば、安倍政権と対決する姿勢が鮮明な、共産党、社民党、生活の党に目を向けてください。
これからの日本を考えると、今度の選挙ほど国民の意思を知らしめる大事な選挙はありません。

| | コメント (2)

« 2014年11月 | トップページ | 2015年1月 »