« ムクドリは白い葉牡丹がお好き(訂正 ヒヨドリらしい) | トップページ | 負けてはいられない »

2014年12月26日 (金)

嫌味なやり方---沖縄振興予算(産経新聞と菅官房長官)

○先ず産経新聞にリーク記事を書かせる。

「沖縄振興費削減へ 辺野古移設阻止踏まえ3案検討

 政府が平成27年度予算案で沖縄振興予算の削減方針を固め、(1)大幅削減(2)小幅削減(3)小幅削減と執行停止の組み合わせ-の3案を検討していることが25日、分かった。
沖縄県の翁長(おなが)雄志(たけし)知事が米軍普天間飛行場(同県宜野湾(ぎのわん)市)の名護市辺野古移設の阻止を主張していることを踏まえた措置だ。山口俊一沖縄北方担当相は26日、上京中の翁長氏と初めて会談し、振興策に関する認識を確認した上で政府内の調整に入る。

 政府は沖縄振興と辺野古移設は直接的に「リンクしていない」(山口氏)との見解を示しているが、振興と辺野古移設などの安全保障上の施策は「車の両輪」で「間接的にリンクしている」(政府高官)と位置づける。移設が妨げられれば振興予算の減額に踏み切らざるを得ないという。

 23年度に約2300億円だった沖縄振興予算は、26年度に約3500億円まで増額し、27年度概算要求では3794億円を計上している。大幅削減の場合、概算要求額から1割程度減らす可能性がある。
翁長氏が強硬策を取るか見極めるため、辺野古埋め立て承認の取り消し・撤回などに踏み込んだ段階で、振興予算の一部の執行を見送ることも検討する。


○次に記者会見で、菅官房長官は削減の方針を固めたという事実はないと、一応否定するが、今までの振興費が具体的にどのように使われているのかチェックし、ほかの予算と同じように査定すると、脅しととられかねない文言を加えることも忘れない。自民党政権のマッチポンプには慣れていても、こうあからさまにやられると実に不快だ。
「電源立地地域対策交付金」の」原発再稼動で交付金増、停止したままの自治体への配分減と同じやり方。

菅官房長官は閣議のあとの記者会見で、来年度・平成27年度の沖縄振興予算について、アメリカ軍普天間基地の移設計画と関連付けて決まることはないとしたうえで、今までの振興予算の使いみちを精査し、査定を行う考えを示しました。

この中で菅官房長官は、来年度・平成27年度の沖縄振興予算について「まさに調整中で削減の方針を固めたという事実はない。沖縄振興は特別措置法に基づいているわけで、アメリカ軍普天間基地の移設計画とリンクすることもない」と述べました。
そのうえで菅官房長官は、安倍総理大臣が去年、沖縄県の仲井真前知事との間で、平成33年度まで毎年3000億円台を確保すると合意したことについて、「政府が約束しているので、今までの振興費が具体的にどのように使われているのかチェックし、ほかの予算と同じように査定をしていく」と述べました。

参考
http://www.kantei.go.jp/jp/headline/okinawa_shinko/yosan_sesaku.html
首相官邸ホームページより

|

« ムクドリは白い葉牡丹がお好き(訂正 ヒヨドリらしい) | トップページ | 負けてはいられない »

コメント

TVで安部さんの得意満面な顔を見せつけられるたびに
胸がムカつきます。。。

投稿: トックリヤシ | 2014年12月27日 (土) 09時22分

>トックリヤシさま
まったく同じ思いです。麻生大臣、菅官房長などますます悪相になっています。

投稿: Souroku | 2015年1月18日 (日) 17時49分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ムクドリは白い葉牡丹がお好き(訂正 ヒヨドリらしい) | トップページ | 負けてはいられない »