« プーケットで----カタタニ・プーケット・ビーチ・リゾート(ホテル) | トップページ | 11月16日(日) さよなら原発 志木ウオーキング »

2014年11月11日 (火)

日中首脳会談に思う

日中関係の改善に向けた話合い  日本外務省

平成26年11月7日

 日中関係の改善に向け,これまで両国政府間で静かな話し合いを続けてきたが,今般,以下の諸点につき意見の一致をみた。

1 双方は,日中間の四つの基本文書の諸原則と精神を遵守し,日中の戦略的互恵関係を引き続き発展させていくことを確認した。

2 双方は,歴史を直視し,未来に向かうという精神に従い,両国関係に影響する政治的困難を克服することで若干の認識の一致をみた。

3 双方は,尖閣諸島等東シナ海の海域において近年緊張状態が生じていることについて異なる見解を有していると認識し,対話と協議を通じて,情勢の悪化を防ぐとともに,危機管理メカニズムを構築し,不測の事態の発生を回避することで意見の一致をみた。

4 双方は,様々な多国間・二国間のチャンネルを活用して,政治・外交・安保対話を徐々に再開し,政治的相互信頼関係の構築に努めることにつき意見の一致をみた。

「英文」
Regarding Discussions toward Improving Japan-China Relations

November 7, 2014
Japanese

Toward the improvement of the Japan-China relations, quiet discussions have been held between the Governments of Japan and China. Both sides have come to share views on the following points:

1. Both sides confirmed that they would observe the principles and spirit of the four basic documents between Japan and China and that they would continue to develop a mutually beneficial relationship based on common strategic interests.

2. Both sides shared some recognition that, following the spirit of squarely facing history and advancing toward the future, they would overcome political difficulties that affect their bilateral relations.

3. Both sides recognized that they had different views as to the emergence of tense situations in recent years in the waters of the East China Sea, including those around the Senkaku Islands, and shared the view that, through dialogue and consultation, they would prevent the deterioration of the situation, establish a crisis management mechanism and avert the rise of unforeseen circumstances.

4. Both sides shared the view that, by utilizing various multilateral and bilateral channels, they would gradually resume dialogue in political, diplomatic and security fields and make an effort to build a political relationship of mutual trust.

「中国外交部」
2014年11月7日,国务委员杨洁篪在钓鱼台国宾馆同来访的日本国家安全保障局长谷内正太郎举行会谈。

  杨洁篪指出,发展长期健康稳定的中日关系,符合两国和两国人民的根本利益,中方一贯主张在中日四个政治文件基础上,本着“以史为鉴、面向未来”的精神发展中日关系。由于众所周知的原因,中日关系持续面临严重困难局面,近几个月来,双方通过外交渠道就克服中日关系政治障碍进行了多轮磋商,中方重申了严正立场,要求日方正视和妥善处理历史、钓鱼岛等重大敏感问题,同中方共同努力推动两国关系改善发展。

  谷内表示,日方高度重视日中战略互惠关系,愿意着眼大局,同中方通过对话磋商,增进共识和互信,妥善处理分歧和敏感问题,推进日中关系改善进程。

双方就处理和改善中日关系达成以下四点原则共识:

  一、双方确认将遵守中日四个政治文件的各项原则和精神,继续发展中日战略互惠关系。

  二、双方本着“正视历史、面向未来”的精神,就克服影响两国关系政治障碍达成一些共识。

  三、双方认识到围绕钓鱼岛等东海海域近年来出现的紧张局势存在不同主张,同意通过对话磋商防止局势恶化,建立危机管控机制,避免发生不测事态。

  四、双方同意利用各种多双边渠道逐步重启政治、外交和安全对话,努力构建政治互信。

  杨洁篪强调,双方应切实按照上述共识精神维护中日关系政治基础,把握两国关系正确发展方向,及时妥善处理敏感问题,以实际行动构建中日政治互信,推动两国关系逐步走上良性发展轨道。

  谷内表示,上述四点原则共识非常重要,日方愿意同中方相向而行。

発表された日本と中国の合意文書の両国の思いの違いについて、あれこれ言われていますが、双方のメンツを立てた文書作成の苦労を推察し、両国がまがりなりにも懸案の諸問題について「意見の一致を見た」のですから、共に理解しあい友好関係構築に向けて前進することを願うばかりです。
なにしろ隣国である中国、韓国とは、歴史的にも我が国と対等的友好関係にあった時期を知りません
そう簡単に両国関係が友好的に結ばれるとは思えません。また、最大の懸案である米中関係のつばぜり合い、駆け引きを抜きにしての日中関係の進展も難しい課題です。
スローガンだけではなく少しずつでも実行することが望まれます。そんな芽が出てくることを期待します。

何はともあれ実現した両国首脳会談により、自民党安倍政権の選挙公約であった「尖閣諸島への公務員常駐」と安倍首相自身の「靖国神社参拝」は完全に封印されたとみてよいでしょう。
思えば、石原慎太郎氏の尖閣諸島購入発表とそれに続く国有化に端を発し、安倍首相の靖国神社参拝でこじれた両国関係を振り返ると、この二年半はいったい何だったのだろうとむなしい思いがこみ上げるばかりです。

|

« プーケットで----カタタニ・プーケット・ビーチ・リゾート(ホテル) | トップページ | 11月16日(日) さよなら原発 志木ウオーキング »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« プーケットで----カタタニ・プーケット・ビーチ・リゾート(ホテル) | トップページ | 11月16日(日) さよなら原発 志木ウオーキング »