« 2014年9月 | トップページ | 2014年11月 »

2014年10月25日 (土)

秋深まる

Dsc01994_1024


10月も残り1週間、秋が深まりつつあります。柳瀬川では、アユの釣り人たちが、川岸に指定席でも有るように一定の間隔で並んでいるのが見られます。20cm以上のアユが竿をしならせているのをよく目にします。

13日にはチビスケ2号と父親に誘われて、山手線ノンストップ一周のイベントに行きました。もちろん僕は初めてで、そんな行事があることも知りませんでした。品川区の団体の主催で、毎年行われ、もう20数回の歴史がある行事だそうです。
山手線大崎駅を午後2時半ごろ出発し、山手線の各駅に止まらずに、また大崎駅に戻ってくるという趣向です。
縫いぐるみやボランティアの若者たちが車内を回り、ゲーム、音楽などを子供と親が一緒になって楽しんでいました。他の山手線車両は通常運転しているわけですから、前後を挟まれながらゆっくりした速度で走ります。
Dsc01985_1024


車内の盛り上がりも楽しいのですが、電車が各駅のホームを通過する際、ホームにいる乗客が、あっけにとられたように見ているのも面白かったです。ホームに止まらない電車が来て、中では子供と大人が楽しげに騒いでいるのですから。
車内の乗客が手を振ると答えてくれる人達もいるのですが、スマホに夢中になって電車に気が付かない人達のなんと多いこと。ただただ下を向いて画面とにらめっこしているのは、やはり奇異に感じました。

先週の火曜日は、埼玉芸術劇場で蜷川幸雄演出の「ジュリアス・シーザー」を見ました。
当日は」予備席も含めて満員の盛況でした。平日のこともありいつもながら9割は女性です。
吉田鋼太郎さん以下、阿部寛、藤原竜也、横田栄司さんなど豪華キャストのシェイクスピア劇、皆さん熱演で見ごたえがありました。いつも入手が難しいチケットを手配して誘ってくれる友人に感謝です。
古い山の友でもある彼は、一年のうち50日以上は歌舞伎をメインにどこかの劇場にいるという演劇鑑賞の専門家と呼べる人物です。僕も10代の頃から、数こそ多くありませんが歌舞伎の舞台に親しめたのはすべて彼のおかげで歌舞伎鑑賞の師匠と呼ばせてもらっています。
もう一つ、これも別の友人の誘いで、木曜日に国立博物館で開催されている「日本国宝展」に行きました。午後も遅かったせいか、案じたほどの混雑はなくゆっくりと館内を見ることができました。信仰をテーマに、多数の国宝が展示されていましたが、僕にとって初めて見ることが出来た展示品が多く、中でも「中空土偶」はうれしい展示品でした。
また、日本書紀、源氏物語絵巻なども実物に接する機会は逃すものではないと感じた次第です。

最近読んだ本、読みつつある本は、考古学、山関係が多く、なかでも読み応えのあったものは「石の虚塔---発見と捏造、考古学に憑かれた男たち」、「旧石器時代人の知恵」「里山資本主義」「山の仕事、山の暮らし」「奥秩父 山、谷、峠そして人」などがあります。

また、Web動画の録画ソフトB's動画レコーダーを入手し、3月11日以後の福島原発事故関連の動画を録画しています。かなり時間のかかる作業ではあります。
事故以後、政府、官僚、学者、医者、評論家、そしてマスコミが何を語り、伝えたのか、今見直しても仰天の言動映像が、You Tubeに多数残されています。削除されたり、消えないうちに残しておきたいと思っています。

このところ、ブログの更新がままなりません。なにか、書く気力がないというか、書こうと思うと調べに時間がかかり、中途半端な状態で中断しているのです。
明日から、少し旅に出て英気を養ってきます。戻りましたらまた書くことにします。

| | コメント (0)

2014年10月22日 (水)

秋色、安倍政権

Dsc01995_1024女性看板閣僚のダブル辞任で、頭の痛い安倍総理ですが「驕れる者久しからず」安倍政権に秋風が吹き始め、紅葉から落葉に、なにやら木枯らしの季節も近づいています。
景気の失速、消えた第三の矢、貿易赤字の増大、株価の低迷等々、このところ安倍政権の経済政策の誤算が顕著に表れてきました。
北朝鮮の拉致問題進展で支持率アップを狙ったはずが、期待した解決時期の「夏の終わり」はとうに過ぎてしまいました。
確か安倍総理の選挙公約でもあった尖閣諸島に公務員常駐どころか、尖閣問題棚上げまで、ささやかれ始めました。一時盛り上がった尖閣諸島防衛論は、日本の生命線を守ると言われるシーレーン防衛論と同じで、戦略のせの字も見えない机上の空論にすぎません。
政府発表に「景気は持ち直し傾向」などの判断と共に「横ばい」「足踏み」「弱含み」などわかりにくい言葉が使われますが、弱含みなどと表現されると、ちょっと弱いのかな程度に考えてしまいます。でも株式用語で言えば「弱含み」とは相場に上昇する気配が感じられず、これから下がるだろうと予想される状態を指します。持ち直しつつ、弱含みはありません。
株価の上昇が政権の維持につながるとばかり、日経平均に神経をとがらせ、アベノミクスで株価も上昇と得意顔していたのが嘘のように、このところ株式市況の話しには触れたがりません。株価について、もう少し触れるなら、第二次安倍政権の誕生した平成24年12月26日の日経平均は10,230.36円、NYダウは13190.08ドルでした。
今日(10月22日)は日経平均は昨日から391.49円上がって15,195.77円で、NYダウは16,614.81ドルです。政権誕生からの上昇差額は、日経平均が4965円、NYダウが3,424ドルです。
このところ、米国の景気の先行き不透明感から株価が低迷などと解説されますが、米国株式市況に連動してきた日経平均ですから、それは当然のことで、アベノミクス云々での上昇効果は低いのです。
第二次安倍政権誕生以来の約2年間で、日経平均が、円とドルの単位は違いますが、NYドルの数字を越えたことが、確か一度だけあります。
昨年の5月21日と22日の二日間にわずかながら日経平均が上回りました。でもそれも3日目の5月23日には日経平均は1143円も急落してその差が、いつもの定位置のような-1000(数字)ほど開きました。以後数字は近寄ったり離れたりで今日の株価を比べてもその差は1419(数字)です。そんなところから今年の日経平均を占うと12月末までに、現在のNYダウの数字、16,600円まで上昇すれば御の字だと思っています。今年も残るところ2ヶ月、評論家諸氏の予想した日経平均18、000円に届くには、あと3000円ほど上がらなければなりません。2か月で3000円の上昇相場なら、だれでも買えば儲かることになりますが、そんなうまい局面が来るとは思えません。
この3週間で大きく下げていることからも、これからも勿論下がる事も考えられますが、不思議と節目節目で日経平均連動株などに買い支えられの動きが見られ、僕はこれを政府保険相場と呼んでいます。保険付きですからあまり心配しないで鷹揚に構えましょう
でも、本当のところは年金基金がどうなっていくのかとても心配しています。
さて、少し脱線した株価の話はこのくらいにして、最後に消費税値上げ問題です。
増税派が、10パーセントは国際公約、上げなければ社会保障ができない、財政破たんに向かうなど、脅しをいくらかけても、無理なものは無理。10パーセントへの増税は無いとみます。
安倍総理がブレーンと、決断を半年延期しよう、いや1年だ1年半先だと、すったもんだしているさまが目に浮かびます。
Dsc01993_1024(写真上、志木ニュータウンの木々も、色づき始めました。)
(写真下、今年はムラサキシキブの実が多いようです)

| | コメント (0)

2014年10月16日 (木)

畑のマルチ掛けは機械化されていたんだ!

Dsc01970_1024いつものウオーキング中に、近所の畑で見た写真の光景にびっくりしました。
実は6年も家庭菜園でマルチ掛けをしましたが、いつもうまく張れず、何故プロの畑のマルチがあんなにきれいに掛けられているのだろうと思っていたのです。
なんだ、こういうことだったのか。恥ずかしながら知りませんでした。
耕運機のような機械を引いてくると、その後にはピンと張られたマルチがあり、端部に来ると切断も機械がやってくれます。いや待てよ、マルチ掛けだけの機械ではなくて、あれは耕運機にマルチ掛けのアタッチメントを取り付けたのかもしれません。
いとも簡単に見えたので、聞いてみるとマルチを等間隔にまっすぐ張るための位置決めが難しいとのこと。写真では見えませんが、糸が張られています。それにしても、機械化されていたとは
耕運機なのかは、作男さん、聞きそびれました。でも驚いたな。
(写真はクリックすると拡大します)

| | コメント (0)

2014年10月10日 (金)

日曜日にゆっくり東京新聞を読んで---御嶽山のこと、本田勝一さんのこと、新国立競技場のこと、考古学のことなど。その2

2014年10月5日の東京新聞朝刊は充実した内容の記事が多く、とくにゆっくり読んだ記事として「御嶽山噴火」、「新国立競技場のこと」に続いて、今日は本多勝一さんのことです。
○その記事は「あの人に迫る」 本多 勝一(ジャーナリスト)

インタビューアーは、これも異色の東京新聞記者である、吉岡 逸夫氏で、読み応えのあるインタビュー記事にまとめられていました。
僕は、今から50年ほど前、上高地の帝国ホテルの冬季小屋近くで若かりし本多勝一氏の姿を見た記憶があります。取材中だった思うのですが、とても颯爽としていました。
その本多さんも今年83歳、掲載の写真に、失礼ながらおお、お年を召されたなと感じます。
脱線しますが年を取ったといえば僕も同じで、最近こんな事がありました。
かみさんと自転車保険に入ろうかと話しあい、申し込もうとしたら、なんと自転車保険は本人年齢が70歳までしか加入できないとのこと。
保険にも入れないのかと驚きましたが、保険以前にじいさんは危ないから自転車に乗るなということでしょうか。
まあ、山の幕営場の受付でも、なんとなく気恥ずかしく、年齢詐称しようかと思う年にいつのまにかなってしまったということです。

さて、インタビュー記事は、本田氏らが創刊し、この夏創刊千号を越えた雑誌「週刊金曜日」の創刊当時の思い出から、ジャーナリストを志したきっかけ、朝日新聞に入社した記者時代の活躍そして文化人類学から政治的な記事を書くようになり、幅広い分野で多くの著作を残した経過などが語られます。

中で興味深かったのが、筑紫哲也(故人)さんが朝日新聞の同期入社だったこと。そして二人は朝日新聞が初めて一般常識を入社試験からはずした年の入社であり、翌年には一般常識が試験に戻されたこと。その後のお二人の活躍を思うと、何かを教えてくれるような気もします。
最近の朝日新聞について、「基本的には、朝日新聞と東京新聞がひっくり返ったみたいだ。今の東京新聞は、昔の朝日新聞のように、いい記者が自由に書いている気がする」
そして、記事のとらえ方は上の人の姿勢の問題だとのこと。
この上の人の姿勢の問題は、今の東京新聞によく表れていると、僕も思います。

最後にこれが愉快です。
今後やりたいことはと聞かれて「南アルプスの三千メートル峰の残りいくつかはまだ登頂していないので、それは登りたい。南アルプスは九峰あり、山脈としても日本で最大級。地元だから登らないと。縦走は山に対して失礼だから、一つ一つ周りを見ながら丁寧に登ろうと思う」
この気力、うれしいですね。さすが「五〇歳から再開した山歩き」「五五歳の時に登った山山」「六〇歳の記念に登った山山」「初めての山に六〇年後に」他、若いころから多くの山関係の著書がある本多氏の面目躍如といったところです。
これからも本多勝一氏の活躍を期待します。

| | コメント (0)

2014年10月 7日 (火)

27㎝のアユが釣れています!----柳瀬川

今日、いつものウォーキングで柳瀬川土手を歩いていると、川の両岸にかなりの数の釣り人が見えました。「いつもより対岸に多いな」
「お得コース」をひと歩きしての帰りに、川岸の釣り人のところに寄ってみました。「驚いた!」
20cm以上のアユが次々と釣り上げられています。少し大げさに言えば秋刀魚クラスも混じります。
志木大橋から、竿の上げ下げを見て、どうも釣れていないようだなと思ったのですが、そうではなく、魚が大きいので水中で手元に寄せているのでそう見えたのです。
チビスケ2号と夏前に釣っていた頃にはまだ10cmほどでしたから、ここまで成長したかとちょっと感激しました。
聞けば、このところの雨による川の増水で餌のコケ類が流されたので、食いが立っているとのことでした。これは楽しめそうだ、僕もやってみたいと思ったのでした。
Dsc01965_1024

Dsc01967_1024

対岸で釣り上げられたアユを、望遠で撮りました。(写真はクリックすると拡大します)

Dsc01968_1024

 

こちらは、目の前で釣れたもの。釣り人が写真を撮りやすいように針から外してくれました。これは小さいサイズです。

| | コメント (0)

2014年10月 6日 (月)

日曜日にゆっくり東京新聞を読んで---御嶽山のこと、本田勝一さんのこと、新国立競技場のこと、考古学のことなど

御嶽山の噴火による、登山中の50名を越える遭難者のことを思うと、同じ登山愛好者として何ともやりきれない気持ちで、この1週間を過ごしました。何をしていても心が晴れず、前向きになれませんでした。
噴火時に御嶽山から40km離れた同じ長野県の伊那市にいた事が、その思いを強くします。もしかしたら、あの日は友人たちと共に登っていた可能性もあった山でもあったのです。
報道される亡くなった方々のプロフィールを読むと、皆さん明るく前向きに生きて、職場で、学校で多くの人たちに愛されていたことが知れます。
現在も当てはまるかはわかりませんが、昔、山に登る人に悪い人はいないと言われていたこともありました。
グループや家族、そして友人たちと、比較的登りやすいとはいえ、3000メートルの高みを目指した登山者たちは、みな素晴らしい人たちでした。噴火当時、山頂付近にいた登山者の5人に1人が遭難されたことをことを考えると、噴火がなぜ、土曜日だったのか、あの時間だったのか、考えれば考えるほど本当に残念でなりません。

昨日、久しぶりにゆっくりと「東京新聞」朝刊を読んで、行方不明になっていた方の中で、とても気になっていた小学生の女の子が発見されたとの記事を読みました。
登山した同じグループの女子高校生と、山頂の神社の境内で楽しそうにおにぎりを食べていた姿が最後に目撃されていました。女子高校生は山頂付近で発見されましたが、この小学生はザックのみが女子高校生と同じ場所で発見されていただけだったのです。
10月4日に女の子が発見されたのは山頂から登山ルートとして30分ほど離れた二ノ池付近だったとのこと、そして誰に着せてもらったのか、本人のものでない上着を身に着けていたそうです。
頂上付近で発見された男性が女の子の帽子を手に握っていたとの報道もあり、なぜ女の子が二ノ池まで行けたのか、だれと一緒だったのか、ご家族のお気持ちを思うと胸が痛くなります。今はご家族のもとに帰ることができた女の子のご冥福を祈る気持ちでいっぱいです。
御嶽山噴火遭難の詳細を少しでも得たいと毎日インターネットの情報を探る中で、心ない書き込みの多いことにも驚きました。「心ない」とはまだおとなしい言い方、実に品性下劣な書き込みと言い切りましょう。おそらく、書き手は美しい山に登るなどとは、無縁の暗い闇の中に生きている人たちなのでしょう。

昨日の東京新聞は、読み応えがありました。
Winner_work_img_1

まず、新国立競技場建設の記事。総工費の増大と施設建設を進めた有識者会議とその下に設けられたワーキンググループの議事録からの検証が書かれています。
新国立競技場建設をめぐり、東京新聞の一連の記事が建設賛成意見を排除した「左翼新聞の世論誘導」であり、コンペで採用された現設計案に反対しないと建築家とは呼ばせないといった雰囲気が建築界にはあり、それを後押ししているのが東京新聞でその罪は深いとまで書く識者がいますが、僕はそうは思いません。ごり押しで進められる巨大ダム建設の是非とその過程を暴く記事と同列と考えます。
ネット上でも多くの意見が書かれていますが、法的なこと、景観のこと、建設の技術的なことなど、難しいことは抜きにして上の写真のコンペ当選案が、1000億円の工事費で建設可能と判断した人たちは、この建物が税金で建てられることを失念していたと思います。
大型ダム建設と同じで、自分たちが必要だと考えたものは、どんな理由付けをしてもよい、金はいくらでも追加できると思ったのでしょう。そこに当選案は、他案を圧倒する美しい魅力的な建物であっても根本的な欠陥があったのです。
もう少し詳しく書くと、大学OBで、すでに退職しているが大手建設会社の友人たちと、ある会合でこの建物の初期案のパースの話になった。
大型建築現場に長く、積算にも詳しい一人は、「1000億だっけ、1300だったかな。おれならその2倍から2.5倍かな。東京国際フォーラムみたいに、あとからじゃぶじゃぶ出してくれる時代じゃないしな」
もう一人の友人は、「実施設計次第だが、どうせいくつかに分離発注されるだろうけど、トータルで最低入札が2000億くらいなら、相見積りに参加する価値はあるんじゃないか」

すったもんだの末に、修正された現在案(写真下)と当初案(コンペ当選案)の写真を比べて見て、専門家はまだしも東京新聞読者でさえ、これ同じ建物、それでも1600億円かかるのと首を傾げるのではないでしょうか。
そうなんです、建築家は積算(建築工事費見積り)と建設後の建物メンテナンス配慮にとても弱いのです。

D0e55e9e_2

次は本多勝一さんのこと、そして考古学の本「石の虚塔」---(発見と捏造、考古学に憑かれた男たち)と藤森栄一さんのことなど。
でも長くなってきたので、明日に続けます。

| | コメント (0)

2014年10月 1日 (水)

波型の手すり「クネット」

Ca390012_1024昨日、所用でお茶の水の東京医科歯科大学病院に行きました。
地下鉄丸ノ内線のお茶の水駅から病院方面への階段に、写真(上)の波型手すりが設置されていて、階段上には、くねくね手すり「クネット」の使い方の説明書が貼られていました(写真下
この手すり、バリアフリー機能をもつ手すりとして、交通機関、小中学校などでかなり使われているようです。
しかし僕はカタログやメーカーのHPで、その存在を知ってはいましたが、実は実物を見るのは初めてでした。建築設計を仕事にしていた者としてはちょっと恥ずかしい限りです。実際に手すりを掴んで階段を昇ってみましたが、この手すり、とても優れものだと思いました。
掴みやすく、体を支えるのが楽で昇降の姿勢に安定感が持てます。(写真はクリックすると拡大します)
Ca390011_1024_2


http://www.qunetto.co.jp/about/
メーカーのホームページ

| | コメント (0)

« 2014年9月 | トップページ | 2014年11月 »