« 福島第一原発の爆発 「自衛隊によるヘリコプター放水」 | トップページ | 波型の手すり「クネット」 »

2014年9月28日 (日)

再び日向山へ、そして御嶽山噴火のこと

Ca390007_1024
昨日(2014年9月27日)は、御嶽山から40kmほど離れた、伊那市にいました。
御嶽山が突然噴火した時間帯には、伊那の名物「ソースかつ丼」の有名店で、皆でにこやかに注文の品が運ばれるのを待っていたのです。同じ県内の山で、大変な惨事が起こっているとも知らずに。
前日は、友人たちとの集まりがある伊那市に向かう途中、山梨県白州町の日向山(1660m)に寄り道登山をしました。
日向山は甲斐駒ケ岳から鋸岳への尾根の途中から北側に派生した尾根にある(Wikipediaより引用)眺望のよい山で、頂上付近が花崗岩の風化した白砂のザレバになっていることで知られている山です。
そして下山後に、集合場所である伊那の大芝高原のコテージに宿泊し、友人たちとの楽しい夜を過ごしたのです。
日向山には、昨年登って眺望が得られなかったことから、同じメンバーの3人と、頂上に飛び出すところが劇的に良い山だ、行こう行こうと誘いをかけて友人1人を加えました。
台風16号の去った後の快晴の登山日和に恵まれて、頂上では素晴らしい眺望が待っていました。写真上、甲斐駒ケ岳の雄姿。写真下、八ヶ岳方面の大眺望)
Ca390010_1024
紅葉にはまだ早い時期でしたが、山頂へと向かう明るい落葉樹の木々の間を抜ける気持ちの良い登山道は、昨年以上に友人たちと山にいる喜びを感じさせてくれました(写真横と下)
Ca390002_1024
楽しかった登山のことを、もっと書きたいのですが、御嶽山噴火による、同じ登山愛好者の方々の日本登山史上、類を見ない火山噴火による大量遭難を思うと、胸が張りさける思いがして、書くことをためらいます。

美しい紅葉の山が一転地獄の山に変わり、驚かれたでしょう、苦しかったことでしょう。
昨年、同じ仲間で木曽駒ヶ岳に登った際、前方に雄大な姿を見せる御嶽山を見ながら、あの山にも登ろうと話をしたことを思い出し、僕たちも同じ噴火に巻き込まれることだってあったのだと思うと、何とも言えない苦しさがこみ上げてきます。

遭難によりお亡くなりになった登山者の皆様には深く哀悼の意を表します。そして再びこのような惨事が起きないよう、火山の噴火予知対策、そして登山者の安全を守る予報がより充実されることを願うばかりです。

Ca390004_1024

|

« 福島第一原発の爆発 「自衛隊によるヘリコプター放水」 | トップページ | 波型の手すり「クネット」 »

コメント

御嶽山のニュースを聞き、一瞬よもや!と・・・、
とにかく信じられないような光景に心が痛みます。。。

投稿: トックリヤシ | 2014年9月29日 (月) 09時02分

>トックリヤシさま
御嶽山は、最近山登りが好きになった友人たちと、今秋登る候補の山のひとつでしたので、この恐ろしい遭難がとても他人事とは思えない心境です。行方不明者の中に、同行者とはぐれた小学生や高校生がいるとの情報が辛いです。

投稿: Souroku | 2014年9月29日 (月) 10時05分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 福島第一原発の爆発 「自衛隊によるヘリコプター放水」 | トップページ | 波型の手すり「クネット」 »