« キキョウと紫陽花 | トップページ | 海賊対処法によるソマリア沖船舶護衛その38---海上自衛隊がCTF-151の司令官に!CTF-150への参加も現実味を帯びてきた(集団的自衛権の行使容認と無縁ではない) »

2014年7月 1日 (火)

梅雨の晴れ間に乾徳山へ

「2014年6月26日」
週間天気予報を毎日ながめていて、この日しかないと選んだ先週の木曜日、友人3人と乾徳山に登ってきました。
結果は上々、薄日もさす好天に恵まれました。同行の友人達の中で、二人は乾徳山は初めてだったので、変化にとんだこの山が楽しめたようです。
Dsc01755_1024

朝、徳和の登山口近くの林道脇の小さな駐車スペースに車を止め、9時頃から歩き始めました。歩くこと約15分で登山道入り口着。右手に案内板があります。
ここから、朝の登り始めにはちょっと辛く堪える、石のゴロゴロした急な樹林帯を登ります。
春セミが鳴き、新緑の緑がきれいです。
最初の銀晶水に到着すると、残念、ほとんど流れはありませんでした。
なおも急坂を登り、廃道化した林道を二度横切り、次の銀晶水に到着。ここでは筒先から勢いよく冷たい水が流れ出ていました。下山時には汲んで帰ろう。
ここからが、乾徳山登山の楽しいところ。
勾配が急に緩くなり、明るい疎林の中を行くと国師ヶ原です。つつじがきれいな所なのですが、もうほとんど花は咲き終わっていました。小さな黄色い花が沢山咲いていましたが、名がわかりません。(写真下から2枚目)
Dsc01741_1024おや、避難小屋に通ずる林道が舗装路のように整備されている。なぜかなと思って避難小屋の白い建物を覗いたのですが荒れた小屋に変わりはありません。(これ、下山後立ち寄った三富温泉の「みとみ笛吹の湯」で地元の方から、トイレの新設工事のために林道整備したのだろうと教えられました。国師ヶ原にトイレが整備されるなら、登山者にとっては朗報です。写真下から3番目)
国師ヶ原から、明るく開けた登山路を50分ほど登ると、月見岩と呼ばれる大きな岩がある扇平に到着。
ここで、岩陰でバーナーでお湯を沸かし、前方に開けた眺望を眺めながらのんびりと昼食。

Dsc01763_1024

さあ、ここからがまた、樹林帯の急坂です。木々が密生し眺めは得られません。扇平から高度差約300メートルに足らない最後の登りですが、結構きつい登りです。
何か所か岩場を越えると乾徳山名物の天狗岩の岸壁が立ちはだかります。
高さ約15メートルほどの一枚岩のような壁に鎖がとりつけられています。(写真一番下)

最初の5メートルほどは、狭いクラックに足を入れて、ほとんど腕力で直上し、右上に伸びる割れ目に沿って斜め横に移動し、そこからはやや傾斜が緩んだ岩溝に足場を見つけながら鎖を頼りに登ります。下が切れ落ちていないので高度感が無いからいいものの、ここが北アルプスの登山道なら、間違いなく鉄梯子が取り付けられるだろう難所でしょう。
この岩場を避ける迂回路もつけられていますので腕力の無い女性は、そこを登られた方がよいかもしれません。

Dsc01760_1024

 天狗岩を越えると、もう標高2036mの乾徳山頂上です。他の登山者は誰もいません。
今日は、徳和の駐車場にも僕たちの車だけだったし、途中5,6人の登山者に逢ったのですが、皆大平牧場の方に降りたのか、扇平から上と、下山中には誰にも逢わない僕たちだけの静かな山でした。

小さな祠が祀られた山頂は、360度の大眺望なのですが、残念ながら今日は、雲が多く眺めは良くありません。それでも梅雨時の登山にしては上々と皆で喜び合いました。
帰りも同じ道を下り、銀晶水付近から、雨の下山になりましたが、夕方4時半頃、無事車に戻ることが出来ました。

Dsc01756_1024

|

« キキョウと紫陽花 | トップページ | 海賊対処法によるソマリア沖船舶護衛その38---海上自衛隊がCTF-151の司令官に!CTF-150への参加も現実味を帯びてきた(集団的自衛権の行使容認と無縁ではない) »

コメント

以前、ビューベルジュ安中榛名の記事にコメントを書かせてもらった豊ちゃんです、私も山に登って居ます、100名山は達成していませんが… 先月は長野の御座山に登って来ました、あそこは100名山の甲武信岳や金峰山がまじかに見え、北岳、両神山、上越国境の山から北アルプス、中央アルプス等も見えて良かったですよ。 今月は空木山に日帰りで登る予定です。  頑張りましょう。

投稿: 豊ちゃん | 2014年7月 4日 (金) 16時36分

>豊ちゃん さま
南相木村から登る御座山は200名山でしたね。良い山だったようですね。私も登ってみたいと思っています。今月は越後駒ヶ岳と岩木山を計画しています。楽しく安全な登山を続けたいですね。判断力がいたって低下してきているので、道迷いに備えてGPS(eTrex20J)を購入しましたが、操作が難しく、だいたい小さな画面の字が読みずらく、面倒なものを購入してしまったと思っています。

投稿: Souroku | 2014年7月 5日 (土) 20時46分

越後駒ヶ岳は2003年の10月に登って居ます、紅葉が綺麗でした、枝折峠からピストン、たっぷり休憩をとって10時間54分でした。 岩木山は超簡単(リフトを使いました)ですから、帰りに八幡平も行ってくるのも良いと思います。
八幡平は山登りじゃ無いですよね。 ハハハ
GPSの件ですが難しいのですか~ 私はSONYのポータブルナビです。山岳モードでもうちょっと地図が拡大されれば良いとは思ってます。

投稿: 豊ちゃん | 2014年7月 7日 (月) 12時59分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« キキョウと紫陽花 | トップページ | 海賊対処法によるソマリア沖船舶護衛その38---海上自衛隊がCTF-151の司令官に!CTF-150への参加も現実味を帯びてきた(集団的自衛権の行使容認と無縁ではない) »