« 今夜、三芳町竹間沢こぶしの里でホタルを見ました | トップページ | ねむの木にこんなに花が! »

2014年6月13日 (金)

海賊対処法によるソマリア沖船舶護衛その37(2014年5月)

インド洋給油活動の時と同じように、派遣前には、あれほど大騒ぎしたマスコミが、その後の状況をまったく報じなくなった、海賊対処法によるソマリア沖派遣護衛艦の毎月の活動を書いています。(防衛省、国土交通省海事局発表資料、ソマリア沖EU部隊、NATO部隊資料、CTF-151部隊、海上自衛隊情報、ジブチ情報その他資料による)
105_12l_320

(写真左上、第18次派遣部隊の護衛艦105「いなづま」)
(写真左下、158「うみぎり」)
(海上自衛隊ホームページ、ギャラリーより転載しました)

158_02l_320





 








*平成26年5月の海賊対処法による船舶護衛実績(559回護衛~568回護衛の10回)

護衛艦(第18次派遣部隊) うみぎり  いなづま(ゾーンディフェンス艦)       
(5月9日より12日と22日より25日の2回、ジブチ基地に停泊し補給、乗組員休養)

     護衛した船舶  日本籍船 0隻
    日本の船舶運航事業者が運航している外国籍船    7隻
 合計7隻 1回平均0.7隻                                    
                外国籍船 32隻  1回平均3.2隻

10回の護衛中、日本貿易関係船舶が0隻だったのは6回(護衛艦は日本の船舶を護衛していると思われている方にはショックの数字です)
◎日本の船舶運航事業者の運航している外国籍船(日本の貿易関係船舶)7隻中、タンカーは3隻(タンカーが1ヶ月で3隻とは、シーレーン防衛などで誇張して報道されているより、実際の船舶数が少ないことに驚かれる方も多いと思います)
◎外国籍船32隻のうち、タンカーは12隻
◎外国籍船の
船舶運航会社の国籍
1.中国 8隻(うちタンカーは5ないし6隻ほど)
(日本貿易関係船舶より、中国の船舶運航会社の船舶数が多いのです)
2.ギリシャ 5隻
3.トルコ 4隻
4.シンガポール 4隻
5.インド 1隻
6.韓国 1隻
7.イタリア 3隻
8.UAE 4隻
9.タイ 1隻
10.パナマ 1隻

先日のTBSラジオ「荒川強啓Dキャッチ」に出演し、集団的自衛権について語った岡崎久彦氏が「CTF151部隊」微妙な立場で参加している海上自衛隊の護衛艦のゾーンディフェンス活動について、とぼけているのかと思ったら、どうやらほとんど無知なのだとわかり、
改めてこの人に驚かされています。「論客」?この人がと、その発言のひどさに暗澹たる思いです。

|

« 今夜、三芳町竹間沢こぶしの里でホタルを見ました | トップページ | ねむの木にこんなに花が! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 今夜、三芳町竹間沢こぶしの里でホタルを見ました | トップページ | ねむの木にこんなに花が! »