« 日本三大奇橋のひとつ、猿橋を見ました | トップページ | 100年安心年金の崩壊 »

2014年5月21日 (水)

海賊対処法によるソマリア沖船舶護衛その36(2013年11月~2014年4月)

インド洋給油活動の時と同じように、派遣前には、あれほど大騒ぎしたマスコミが、その後の状況をまったく報じなくなった、海賊対処法によるソマリア沖派遣護衛艦の毎月の活動を書いています。(防衛省、国土交通省海事局発表資料、ソマリア沖EU部隊、NATO部隊資料、CTF-151部隊、海上自衛隊情報、ジブチ情報その他資料による)

久しぶりに海賊対処法によるソマリア沖船舶護衛の記事を書きます。
休載していたというより、サボっていた訳は、海上自衛隊護衛艦による日本貿易関係船舶を護衛する為の活動内容が、一回に10隻護衛(月間約90~100隻)を想定した当初の護衛艦派遣の理由付けとはかけ離れた状況が続いていたからです。
いちばん護衛対象になるはずの「我が国運行事業者が運行する外国籍船」が1ヶ月に数隻程度であり、ましてや「日本籍船」など皆無に近い状況で、僕が恥じる必要はないのですがデーターをお見せするのが気が引けるくらいです。

護衛する船舶の8割は日本以外の貿易関連船舶で、国際協力の趣旨は理解できるとしても、圧倒的に多いのが中国貿易関連で、最近の中国の原油輸入量の増大に伴うタンカーが目立ちます。
一部の方には、目を覆いたくなる光景でしょうが、中国国旗を掲げた超大型タンカーを、海上自衛隊の護衛艦「さみだれ」が粛々と護衛しているわけです。
それでも、書いてみようと思ったのは、最近の安部政権が目指す「集団的自衛権」行使容認に向けての論旨は、ソマリア沖海賊対処の経過を思い起こさせるからです。

ソマリア沖海賊対処の緊急性と称して「海上警備行動」の拡大解釈から護衛艦の派遣を急ぎ、それを追うように国会審議の必要のない恒久法である海賊対処法の成立。
武器使用条件の緩和、そしてジブチ基地(防衛省は基地ではなく拠点と言う)の恒久化。
派遣時当初の議論からはあり得なかった閣議決定でのCTF-151部隊への参加(ゾーンディフェンス)等々。
まず既成事実化、そしてその後の拡大解釈。自民党政権のお定まりの手法です。
*平成25年11月の海賊対処法による船舶護衛実績(509回護衛~516回護衛の8回)
 
 護衛艦(第16次派遣部隊)  ありあけ    せとぎり

      
護衛した船舶  日本籍船 0隻 
    日本の船舶運航事業者が運航している外国籍船   
                  合計6隻 1回平均0.75隻 
 
               外国籍船 25隻  1回平均3.12隻

*平成25年12月の海賊対処法による船舶護衛実績(517回護衛~525回護衛の9回)

 
 護衛艦(第17次派遣部隊) さざなみ さみだれ(ゾーンディフェンス艦)

      
護衛した船舶  日本籍船 0隻 
    日本の船舶運航事業者が運航している外国籍船    2隻  
                 合計2隻  1回平均0.22隻
 
                外国籍船 21隻  1回平均3.12隻

*平成26年1月の海賊対処法による船舶護衛実績(526回護衛~534回護衛の9回)

 
 護衛艦(第17次派遣部隊) さざなみ さみだれ(ゾーンディフェンス艦)

      
護衛した船舶  日本籍船 0隻 
    日本の船舶運航事業者が運航している外国籍船   
  合計7隻 1回平均0.77隻                                    
                外国籍船 22隻  1回平均2.44隻

*平成26年2月の海賊対処法による船舶護衛実績(535回護衛~542回護衛の8回)

護衛艦(第17次派遣部隊)  さざなみ  さみだれ(
ゾーンディフェンス艦)
      護衛した船舶  日本籍船 0隻
    日本の船舶運航事業者が運航している外国籍船    1隻
 合計1隻 1回平均0.12隻                                    
                外国籍船 25隻  1回平均3.12隻

*平成26年3月の海賊対処法による船舶護衛実績(543回護衛~550回護衛の8回)


護衛艦(第17次派遣部隊)  さざなみ  さみだれ(ゾーンディフェンス艦)
      護衛した船舶  日本籍船 0隻
    日本の船舶運航事業者が運航している外国籍船    6隻
 合計7隻 1回平均0.75隻                                    
                外国籍船 25隻  1回平均3.12隻

*平成26年4月の海賊対処法による船舶護衛実績(551回護衛~558回護衛の8回)

護衛艦(第17次派遣部隊) さざなみ  さみだれ(ゾーンディフェンス艦)
護衛艦(第18次派遣部隊) うみぎり  いなづま(ゾーンディフェンス艦)       第17次から第18次派遣部隊に555回護衛より交代(4月7日より4月13日まで、ジブチ基地に停泊し引継ぎ交代)

     護衛した船舶  日本籍船 0隻
    日本の船舶運航事業者が運航している外国籍船    5隻
 合計5隻 1回平均0.62隻                                    
                外国籍船 21隻  1回平均2.62隻

|

« 日本三大奇橋のひとつ、猿橋を見ました | トップページ | 100年安心年金の崩壊 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 日本三大奇橋のひとつ、猿橋を見ました | トップページ | 100年安心年金の崩壊 »