« 庭の梅の花が咲きました---もう「アルプ」終刊から30周年になるのか | トップページ | 新2円切手 »

2014年2月14日 (金)

歌舞伎座の大屋根から雪が落ちる---今日も雪模様

Dsc01459_320 今朝は雪が降っています。まだ先日の雪も残っているのに、またまた雪景色です。(写真上)

2月9日(日)に歌舞伎座に行きました。
観劇は夜の部で、通し狂言「青砥稿花紅彩画」(あおとぞうしはなのにしきえ)ご存知「白波五人男」です。
染五郎、菊之助、松緑、七之助、亀三郎の若手陣が熱演で、美しい舞台を楽しみました。

ところで、観劇前に雪も止んだ歌舞伎座の正面入口で、建物を見上げていたら屋根から夏みかん大の雪の塊りが落下して、道路で炸裂しました。驚きました。前から落ち続けていたようで、落下部分に工事用のA型バリケードが置かれていましたが、その内側にも人が歩いています。
雪は最上階大屋根から滑り落ちているようで、丸瓦と丸瓦の間の平瓦部分に溝状に積もった雪が押し出されているように見えました。どうも雪止めは付いていないようです。
歌舞伎座さん、屋根からの落雪対策をしっかり立てないと、今の状態とても危険です。(写真下)
Dsc01451_320

Dsc014512

|

« 庭の梅の花が咲きました---もう「アルプ」終刊から30周年になるのか | トップページ | 新2円切手 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 庭の梅の花が咲きました---もう「アルプ」終刊から30周年になるのか | トップページ | 新2円切手 »