« 安倍首相が大納会で鐘を鳴らしたせいだと嘆く証券マンたち‐‐‐1月の日経平均1500円下落 | トップページ | ウオーキングで野菜を買う »

2014年2月 3日 (月)

冬の野鳥観察会に参加---オオバンを見ました

Dsc01432_320 「2月2日」
毎年実施される、柳瀬川の「冬の野鳥観察会」に参加しました。
主催は「埼玉県生態系保護協会志木支部」と「NPO法人 エコシティ志木」です。

柳瀬川駅前に9時に集合し、柳瀬川の土手と水谷田んぼを歩く、約2時間の野鳥観察会です。
毎年、約30名ほどが参加します。
今年も、両会の講師の方の説明を聞きながら歩き、25種類i以上の野鳥を見ることが出来ました。少し寒かったけれど楽しいバードウォチングでした。

「見ることが出来た野鳥」
ちょっと歩くだけで、こんなに多くの野鳥に出会えるのです。普段は見過ごしていますが、柳瀬川沿いは野鳥の宝庫なのです。

1.カイツブリ、2.カワウ、3.カルガモ、4.コガモ、5.ヒドリガモ、6.オナガガモ、7.アオサギ、8.ダイサギ、9.コサギ、10.イカルチドリ、11.イソシギ、12.チョウゲンボウ、13.キジバト、14.キセキレイ、15.ハクセキレイ、16.セグロセキレイ、17.タヒバリ、18.ヒヨドリ、19.モズ、20.ツグミ、21.メジロ、22.ホオジロ、23.スズメ、24.ムクドリ、25.ハシブトガラス、26.ハシボソガラス、27.オカヨシガモ、28.オオバン
なかでも収穫は、3羽の「オオバン」に会えたことでしょう。講師の方の説明によると、この黒い鳥を柳瀬川で目撃するのは珍しいとの事で、ラッキーでした。

観察会に参加して、いつも感心することがあります。
僕は高山植物もそうなのですが、野鳥の名前もまた、なかなか覚える事が出来ません。
しかし、生態系保護協会とエコシテイの方は、聞くと即、あれは何鳥と答え、生態などにも実に詳しい。出来の悪い生徒からみると、どうしてあんなに覚えていられるのだろうと思ってしまうのです。茂みの中、木の枝などにいる野鳥を見つける早業にも感服します。
Ooban





見ることが出来た「オオバン」




Ooban2






写真はWikipediaより
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AA%E3%82%AA%E3%83%90%E3%83%B3  オオバン(ウィキペディアより)

2月5日(水)追記
オオバンは、「埼玉県絶滅危惧1A種」に指定されていたのですね。
ちなみに絶滅危惧1A種とは、「ごく近い将来における野生での絶滅の危険性が極めて高いもの」だそうです。





|

« 安倍首相が大納会で鐘を鳴らしたせいだと嘆く証券マンたち‐‐‐1月の日経平均1500円下落 | トップページ | ウオーキングで野菜を買う »

コメント

Appreciate you spreading, outstanding blog. Gratitude Again.

投稿: Lydia | 2014年2月 9日 (日) 17時59分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 安倍首相が大納会で鐘を鳴らしたせいだと嘆く証券マンたち‐‐‐1月の日経平均1500円下落 | トップページ | ウオーキングで野菜を買う »