« 青山劇場「真田十勇士」を見ました | トップページ | 安倍首相が大納会で鐘を鳴らしたせいだと嘆く証券マンたち‐‐‐1月の日経平均1500円下落 »

2014年1月29日 (水)

房総の保田に水仙の花を見に行き、浅間山で道に迷う

Dsc01421_1024

Ja270021月24日
(写真上、鹿嶺方向から下ってきて、信福寺の石段を降りると、誰もいない水仙の道が続いていた)

〇千葉県の鋸南町保田に水仙の花を見に行き、ついでに東京新聞に紹介されていた裏山を歩くプランをたてました。旅の提案はかみさん、山で道を見失ったのは僕。

東京新聞「とっておきの山歩き」の欄の「浅間山から 鹿嶺」の記事を参考にしました。
これを安易な山と考えたのが、僕の最大のミス。(
写真左いちばん上。「水仙の群落を訪ねる」 クリックすると拡大します


東京駅発7.30の内房線特急「さざなみ1号」に乗ると9.03に保田駅着。
駅前の案内所で、コースの事を聞くと、「登山の方が登るようですが、けもの道だそうですよ」とのこと。
けもの道?、本当かなと思いつつ、記事の案内に従い足立区鋸南自然の家に向かう。
記事最初の権現山は、山というより、自然の家の敷地内の展望台といった感じだが、山頂?写真左、上から2枚目)からは海側の展望が素晴らしい。仝3枚目)
階段を下りてきて自然の家の建物の裏手の屋外ステージ上部の扉から裏の山道に入る。仝、5枚目)
ここからは、新聞記事だけを頼りに歩く。
始めは歩きやすかった道も、急坂を登ると藪こぎがあったりして、とたんにわかり難くなったが、なんとか記事中の広場に到着。(仝6,7,8枚目)
確かに三角点と陸軍の標識があったが、神社Dsc01405_320の建物は取り壊されて廃材が積み上げられていた。
ここから北東方向に林の中の尾根道を行き、ちょっとした広場に出た。なんの標識も無かったが、ここが浅間山らしい。保田港方面が見える箇所もあるが、眺望はほとんど無い。
ここから下り道になったが、尾根上に登山道らしきものは見当たらず、踏み跡も無く非常にわかり難い。
ことによると僕がここらあたりで、ルートを外したのかもしれない。
記事中の「のど」なる場所も似たような地形が多くわからないまま、「水仙ピーク」なる場所を求めて登る。
「鹿峰、浅間山→」(仝9枚目)と書かれた標識のある場所に出たが、後で考えるとこの付近の近くの斜面が水仙の群落があった場所らしい。残念、無念、素晴らしい場所を見逃してしまった。
Dsc01409_320だいたいが、標識の矢印の浅間山方向とは90度違うほうから、ここに到達した。ここらあたりから、恥ずかしながら現在位置がわからなくなった。

ともかく鹿峰と信福寺への分岐を求めるなか、東の枝尾根に惑わされて下降したりして、一時林間をさまようことになった。途中、作業の休憩に使ったような、陶製便器の見える小さな小屋の廃墟があった。
200mに足らない裏山だからと、新聞の切り抜き1枚だけで、地図も持たずに出かけてきたことが失敗。
これほど、ふみ跡の無い山とは思わなかった。全くのところ、雨具もライトも持たずに来ているのでちょっと焦る。
ひとりなら、斜面を強引に下る事もできるが、かみさんを巻き込むわけにはいかない。
それでも、樹林帯のなかの、木の幹に巻かれた古い赤テープを時々確認し、なんとか鹿嶺へ登るルートらしきものを見つけた。
帰りに保田港にある「ばんやの湯」に入りたいという気持ちがあったので、もう鹿嶺は諦め、信福寺へ下ることにした。
途中、リフトの残骸らしきものと、荷物運搬に使ったらしいモノレールに行き当たった。鹿除けDsc01408_320の壊れた古い電柵もある。
レールを乗り越え、右か左か下降路に迷ったが、右には横たわる大きな鹿の死骸があったので敬遠し左方向に下った。こちらには木に赤いテープも見つけた。
何となく踏み跡らしきものを見つけながら、林間の下降を続けると、右手斜面に水仙の花の群落があった。しばらく鑑賞する。なかなか、良いところだ。
そこから、しばらく下ると突然舗装路が現れ、その右手に古い建物があった。なんとか信福寺に到着できたようだ。
しばらくすると、ご夫婦らしい二人連れが、同じ方向から降りてきた。今日、初めて会った登山者だ。聞けば、同じ東京新聞の切り抜きを頼りに登ったようで、わかり難い登山Dsc01411_320 道ですね、どうなるかと思ったと感想を話してくれた。僕たちだけではなかったのだ。
僕のルート選びが下手だったのだから、大きなことは言えないが、東京新聞の記事だけで、安易にこのルートを歩くのは注意したほうがよさそうだ。
信福寺からの下りは、道の両側に水仙の花が綺麗に咲いていて、(いちばん上の大きな写真、僕たちを喜ばせてくれた。
しかし、この道もすぐ終わり、記事に書かれたように延々と続いてはくれなかった。
このあたりの事も何故か、よくわからない。
仕方ないので、川沿いの道を権現橋まで戻Dsc01413_320り、そこから安房勝山方向に少し戻って、花咲き乱れる水仙ロードを散策した。この道は観光客も多い。
露天で水仙の花束と、食用の菜の花を買った。とても安いとかみさんは大喜び。
その後、保田港の「ばんや」に寄り、遅い昼食をとった後、保田駅まで戻り、特急電車で帰ってきた。
水仙と菜の花を見る事はできたが、結構しんどく、反省多い山登りを味わった一日だった。

Dsc01415_320

Dsc01417_320

Dsc01418_320

|

« 青山劇場「真田十勇士」を見ました | トップページ | 安倍首相が大納会で鐘を鳴らしたせいだと嘆く証券マンたち‐‐‐1月の日経平均1500円下落 »

コメント

The facts mentioned inside the post are a few of the top accessible

投稿: Addison | 2014年2月19日 (水) 09時57分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 青山劇場「真田十勇士」を見ました | トップページ | 安倍首相が大納会で鐘を鳴らしたせいだと嘆く証券マンたち‐‐‐1月の日経平均1500円下落 »