« 心配だ!‐‐‐都知事選と名護市長選 | トップページ | 嬉しい!‐‐‐名護市長選で稲嶺氏の当選確実 »

2014年1月16日 (木)

心配だ!都知事選と名護市長選その2

「名護市長選挙」
1月19日に名護市長選の投開票が行われる。今日は木曜日、あと3日後に迫った。
普天間飛行場の辺野古への移設に反対し、徹底抗戦を掲げ再選を目指す「稲峰進氏」。
かたや辺野古への移設を強行しようとする政府と、埋立を承認した仲井間知事の支援のもと、基地推進派の前県議、「末松文信氏」の一騎打ちだ。
自民党の石破幹事長は、「名護、県北部地域の発展を考える選挙だ。基地の場所は政府が考える」と沖縄県民の民意を平然と言葉で踏みにじる。

僕は辺野古新基地建設に反対だ。何が500億円の名護振興資金だ、石破幹事長の不気味な勝ち笑いなど見たくもない。
反対派と人数は多いと云われる容認派の名護市の市民の苦渋は伝わってくるが、僕はこれ以上沖縄に米軍基地を作ることに絶対反対の立場にたって、稲峰進氏を応援する。
名護市、そして辺野古地区の情勢については、多くの報道があるので、ここには書くまでもないだろう。
僕は選挙後の事を心配する。
現職の稲峰氏が勝利すれば、基地建設に若干なりともブレーキがかかるかもしれないが、政府は埋立、そして基地建設を強行してくるだろう。いままで以上に警察、公安、海上保安庁が投入されるだろう。
容認派の末松文信氏が勝てば、埋立反対の運動は激しく糾弾され、弾圧も強まり厳しい闘いになるだろう。
反対しているのは、地元住民ではない外部の人間ばかりだとも書かれるだろう

新基地建設の反対闘争が、暴力的に排除される事態が生じたら、沖縄に駆け付けよう。民主主義国家の道を外す政府を追い詰めよう。

仕事や地位、立場のしがらみがある若い人達ではなく、前戦争を経験し、もう年齢的に失うものなどない社会的引退者が反対闘争の最前線に立とう。
公務執行妨害だ、テロ行為だと逮捕するならされようじゃないか。とぼけたり、ぼけた振りなどお手のものだ。
「ぼけた振りなんぞと、みえはるでねえ。ぼけてるでねえか!」「おらのことか?」
警察に収容できないほど捕まえてみろ。世界に映像が発信されるぞ。
あとからあとから、それに続く人たちが集まるぞ。60年安保、70年安保の経験者もいるぞ。
幸い沖縄は気候が暖かい。辺野古地区に宿は無くても、野宿や二、三日食わなくても生きられるすべは前大戦後の悲惨な混乱の中で身についている。
倒れるなら警官隊の前でぶっ倒れよう。病人になろう。

願わくば、少し酒量を減らし、小遣いを倹約して沖縄行きの航空運賃を貯めてほしい。長期戦になる。入れ替わり、立ち代り人は多いほど良い。

|

« 心配だ!‐‐‐都知事選と名護市長選 | トップページ | 嬉しい!‐‐‐名護市長選で稲嶺氏の当選確実 »

コメント

こんな理不尽がまかり通る世の中にしてしまう政権、
それを選んだ多くの国民を恨めしく思うばかりです。

投稿: トックリヤシ | 2014年1月17日 (金) 08時58分

>トックリヤシさま
有権者の20数パーセントの支持でありながら、何でもできると考えてしまう政権は、怖いです。有権者の一人として、次の選挙まで、時代の逆行に少しでも歯止めをかける努力をするのが務めと思っています。

投稿: Souroku | 2014年1月17日 (金) 21時32分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 心配だ!‐‐‐都知事選と名護市長選 | トップページ | 嬉しい!‐‐‐名護市長選で稲嶺氏の当選確実 »