« 54年ぶりの花園へ---県立浦和高校ラグビー部を応援する | トップページ | 靖国神社と英霊を考える »

2013年12月27日 (金)

天皇陛下の平和憲法発言をカットしたNHKニュースに対し、NHKに抗議の声が寄せられた

NHKのニュースは、政官財にとって都合が悪いと思われることをカットして編集することが多いので、自民党政権にとって有利な報道がなされているとして見たほうが良いと思う。
12月23日のニュース番組中、天皇陛下の80歳の記者会見の模様が伝えられたが、平和憲法についての発言部分が全く報道されなかった。
天皇陛下の記者会見での、重要なご発言部分が、カットされたことについて、NHKに対し多くの抗議が寄せられたとの事なので、この部分を書いておく。

12月23日NHKニュース概要
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20131223/k10014040061000.html

「天皇陛下は、誕生日を前に、皇居・宮殿で記者会見に臨まれました。
この中で天皇陛下は、80年を振り返って最も印象に残っているのは日本人のおよそ310万人が犠牲になったと言われる先の戦争のことだと述べ、「前途にさまざまな夢を「持って生きていた多くの人々が、若くして命を失ったことを思うと、本当に痛ましいかぎりです」と話されました。
そして、「戦争で荒廃した国土を立て直し、かつ、改善していくために当時のわが国の人々の払った努力に対し、深い感謝の気持ちを抱いています」と述べられました。
また、「戦後60年を超す歳月を経、今日、日本には東日本大震災のような大きな災害に対しても、人と人の絆を大切にし、冷静に事に対処し、復興に向かって尽力する人々が育っていることを、本当に心強く思っています」と話されました。

そのうえで天皇陛下は、「傘寿を迎える私が、これまでに日本を支え、今も各地でさまざまに、わが国の向上、発展に尽くしている人々に日々感謝の気持ちを持って過ごせることを幸せなことと思っています」と語られました。
また、これからの人生の歩みについては、「年齢による制約を受け入れつつ、できるかぎり役割を果たしていきたい」と述べられました。
さらに、「天皇という立場にあることは、孤独とも思えるものですが、私は結婚により、私が大切にしたいと思うものを共に大切に思ってくれる伴侶を得ました」と話し、「皇后が常に私の立場を尊重しつつ寄り添ってくれたことに安らぎを覚え、これまで天皇の役割を果たそうと努力できたことを幸せだったと思っています」と語られました。
一方、オリンピックの招致活動などを巡って論議が見られた皇室の活動と政治との関わりについて、天皇陛下は、「日本国憲法には『天皇は、国政に関する権能を有しない』と規定されています。この条項を遵守(じゅんしゅ)することを念頭において、私は天皇としての活動を律しています」と述べられました。
そのうえで、「問題によっては、国政に関与するのかどうか、判断の難しい場合もあります。そのような場合はできるかぎり客観的に、また法律的に、考えられる立場にある宮内庁長官や参与の意見を聴くことにしています」と話されました。
皇居では23日に一般参賀が行われ、天皇陛下は皇族方と共に、午前中3回、宮殿のベランダに立ち、お祝いを受けられます。

「天皇記者会見(問1)全文」

天皇陛下は23日、80歳、傘寿の誕生日を迎えられました。
誕生日を前に皇居・宮殿で行われた記者会見の(問1)全文は次のとおりです。

下記、平和憲法に触れられた赤字部分が、意図的削除ではないかとの、質問や抗議が寄せられた箇所です。

(宮内記者会代表質問)
(問1)
陛下は傘寿を迎えられ、平成の時代になって、まもなく四半世紀が刻まれます。
昭和の時代から平成の今までを顧みると、戦争とその後の復興、多くの災害や厳しい経済情勢などがあり、陛下ご自身の2度の大きな手術もありました。
80年の道のりを振り返って、特に印象に残っている出来事や、傘寿を迎えられたご感想、そしてこれからの人生をどのように歩もうとされているのかお聞かせください。
(天皇陛下)
80年の道のりを振り返って、特に印象に残っている出来事という質問ですが、やはり最も印象に残っているのは先の戦争のことです。
私が学齢に達したときには中国との戦争が始まっており、その翌年の12月8日から、中国のほかに新たに米国、英国、オランダとの戦争が始まりました。
終戦を迎えたのは小学校の最後の年でした。
この戦争による日本人の犠牲者は約310万人と言われています。
前途にさまざまな夢を持って生きていた多くの人々が、若くして命を失ったことを思うと、本当に痛ましいかぎりです。

戦後、連合国軍の占領下にあった日本は、平和と民主主義を、守るべき大切なものとして、日本国憲法を作り、さまざまな改革を行って、今日の日本を築きました。
戦争で荒廃した国土を立て直し、かつ、改善していくために当時のわが国の人々の払った努力に対し、深い感謝の気持ちを抱いています。
また、当時の知日派の米国人の協力も忘れてはならないことと思います。

戦後60年を超す歳月を経、今日、日本には東日本大震災のような大きな災害に対しても、人と人との絆を大切にし、冷静に事に対処し、復興に向かって尽力する人々が育っていることを、本当に心強く思っています。

傘寿を迎える私が、これまでに日本を支え、今も各地でさまざまに、わが国の向上、発展に尽くしている人々に日々、感謝の気持ちを持って過ごせることを幸せなことと思っています。
すでに80年の人生を歩み、これからの歩みという問いにやや戸惑っていますが、年齢による制約を受け入れつつ、できるかぎり役割を果たしていきたいと思っています。
80年にわたる私の人生には、昭和天皇をはじめとし、多くの人々とのつながりや出会いがあり、直接、間接に、さまざまな教えを受けました。
宮内庁、皇宮警察という組織の世話にもなり、大勢の誠意ある人々がこれまで支えてくれたことに感謝しています。
天皇という立場にあることは、孤独とも思えるものですが、私は結婚により、私が大切にしたいと思うものを共に大切に思ってくれる伴侶を得ました。
皇后が常に私の立場を尊重しつつ寄り添ってくれたことに安らぎを覚え、これまで天皇の役割を果たそうと努力できたことを幸せだったと思っています。
これからも日々、国民の幸せを祈りつつ、努めていきたいと思います。
(問2、問3、関連質問省略)

|

« 54年ぶりの花園へ---県立浦和高校ラグビー部を応援する | トップページ | 靖国神社と英霊を考える »

コメント

私は昭和一桁うまれです。戦争の悲惨な事を経験しています。
平和への努力は最優先にすべきと思います。
特に近隣諸国との互恵関係は優先課題と思います。UEの目的はお互いが平和共存を根底にしている事を知り、ますます近隣諸国との友好関係の樹立が国民が安定した生活をいとまれる根源とおもいます。

投稿: 五郎 | 2013年12月28日 (土) 19時20分

>五郎さま
太平洋戦争により祖父母、父母は生活は一変し、私も厳しい疎開生活を体験しました。平和への努力を最優先するとのお考えに同感します。

投稿: Souroku | 2013年12月29日 (日) 13時47分

カットして当然だと思います。
現在、憲法改正が国政の重要な争点となっています。その中での今回のご発言は政治への介入そのものであり、仮にご本人の意志による発言であれば、周囲の人たちが止めるべきであったし、もし周囲が承知の上でのご発言ならば、「天皇の政治利用」と言われても仕方がありません。
今後、中国が台頭する中で、日本国の独立を守るためには、現在の憲法が足かせとなる可能性もあり、そのような状況の中でのこのご発言は適切なものと言えないし、発言されてしまったものなら、放送に載せないことが次善の策でしょう。

投稿: ゆういち | 2013年12月31日 (火) 09時15分

会見の一部をカットするのはよくない。これでは、会見者の意思が正しく伝わらない。一種の報道統制であって、主権者国民の知る権利を侵すもの。また、会見内容だが、冷静に読めば敗戦当時の状況を前提に「平和と民主主義を守るべき大切なものとして憲法を作った」という趣旨で、現在の改憲論議に踏み込むものではない。ちなみに、私は九条改正論者だが、平和や民主主義を否定しようとは一切思わない。中国等の脅威に対して、国力を高め、侵略に対処できる体制を整えることは必要。それこそ、都合の悪いことは国民に知らせない等、中国・北朝鮮とかわらない。

投稿: 司馬遷都 | 2013年12月31日 (火) 15時55分

>ゆういちさま
天皇の政治利用を企てた周囲の人が誰かわかりませんが、私は天皇陛下が自らのお気持ちを表された言葉として素直に受け取りました。私は自民党の憲法改正案の天皇国家元首案に対して、天皇陛下ご自身が否定されることを信じています。

投稿: Souroku | 2014年1月 1日 (水) 01時06分

>司馬遷都さま
同感です。私は日本の放送倫理基本綱領を支持しますが、若干足りない部分もあると思っています。報道の自由は国民全体に属するもので、私たちに判断が下せるよう情報を客観的、正確、公正に伝えてくれることを願っています。時の政権に偏った報道姿勢には、異議を唱えます。私の愛読書の中に「実録 侵略戦争と新聞」があります。

投稿: Souroku | 2014年1月 1日 (水) 01時30分

「知日派の米国人」を現在の日本人は無視して無思考の愛国心に逃げ込もうとしかけています。天皇が靖国参拝しないのはA級戦犯の存在が大きいでしょう。占領憲法と云って被害者面をして侵略したことをごまかそうとしています。東京裁判に文句があるならば日本人による裁判をやり直すべきでしょう。だいたい良い軍人は死んで悪い軍人が生き残るものです。有罪の老害がはびこってるのではないですか?安倍首相の主張はあまりにも後ろ向きで未来構想がありません。カイゼンして良い製品にするのが日本人の得意技です。現行憲法もそうです。60年間殺し合いを避けてきたのです。世界の憲法が日本のを真似すべきで、国防軍を自衛隊と変えるべきなのです。安倍首相の言い分にはA級戦犯を逃れてCIAに協力して首相になった祖父の名誉回復しか視野にないように感じます。

投稿: 木村哲夫 | 2014年1月 3日 (金) 04時49分

A級というのが凄い悪いことをした人と思われている方が多すぎますね。
B・C級の方がA級より悪い。

投稿: 学名ナナシ | 2014年1月 3日 (金) 11時17分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 54年ぶりの花園へ---県立浦和高校ラグビー部を応援する | トップページ | 靖国神社と英霊を考える »