« コタキナバルにて | トップページ | 「やなっぱ」----柳瀬川図書館のカッパ像 »

2013年10月30日 (水)

ニュータウン秋色---ああ、「積極的平和主義」という日本の秋色

Dsc01304_1024
今日は30日、はや10月も過ぎようとしています。上州武尊山も冠雪したとの事、上越方面から冬が近づいて来る足音が聞こえます。
このところの朝晩の冷え込みで、志木ニュータウンの紅葉も始まり、図書館へ行きがてら、しばらくぶりにマロニエ通りを歩いたらだいぶ葉が色づいていました。(写真上)
そして近くの農家の柿園の柿も赤くなってきました。(写真下)

Dsc01311_320 いつも秋が深まると何となく淋しいものですが、今年の秋、僕はテレビに映る安倍首相のしたり顔、とくに「積極的平和主義」なる言葉を聴く度に、寂しいというか心が沈みます。
自衛隊員の募集標語にも、何とも違和感を感じる「平和を、仕事にする」があります。
どちらも「戦争も辞さない」という言葉が巻頭につくはずです。
戦争をしたい国、出来る国にする為に「集団的自衛権」を、そして共に戦おうと誘う国の軍の為に、「特定秘密保護法」が制定されようとしています。
どんなに理由づけようとも、素直に謙虚に見つめれば、戦前に戻る道を歩んでいるとしか思えません。
僕が小学生の頃、戦争で生きるすべを失っていた父に「どうして、日本がこんなになるまでみんな何もしなかったの」と訊ねたように、愛するチビスケ達から同じ言葉を聞かされることを避ける努力をしなければなりません。
戦前の「治安維持法」、「軍機保護法」がそうであったように、制定されるかもしれないた怪しい法は限りなく社会の幅広い分野に拡大解釈されます。
以前このブログで、「海上自衛隊によるインド洋給油」を書き続けた時、情報漏れを危惧したのか、その筋と思われるチェックを何度か受けました。
これからは、同じことを書いてもチェックだけでは済まされない事態が生ずるのでしょう。何しろ、何が秘密なのかも知らされない、秘密が秘密なのです。
怪しい法に隠された良い戦争、平和のための戦争なども絶対に無いのです。

|

« コタキナバルにて | トップページ | 「やなっぱ」----柳瀬川図書館のカッパ像 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« コタキナバルにて | トップページ | 「やなっぱ」----柳瀬川図書館のカッパ像 »