« 日向山に登る | トップページ | 福島原発の汚染水処理。廃炉にむけて政府が全面に立つ---避けられないか自衛隊の投入 »

2013年9月 6日 (金)

オリンピック招致---今後、世界のアスリート達に嘘をつき続けるのか!

http://www.kantei.go.jp/jp/tyoukanpress/201309/05_p.html
2013年9月5日 菅官房長官のオリンピック招致に関連する記者会見

http://youtu.be/qpiyFsAoOz0  Youtube動画

ともかくこの動画をご覧ください。
菅官房長官が、オリンピック招致の為の苦し紛れなのか、確信犯なのか、または放射線被ばくに無知なのか、日本政府の公式発表としてはありえない嘘をついています。
政府が対策の前面に立つので安心だ、世界最高水準云々などはともかくとして、福島県における年間被ばく線量は1ミリシーベルトの100分の1以下だとはっきり言っています。
エッと思わず、何度も繰り返し動画を見て確認してしまいました。
先ず、1ミリシーベルトの100分の1などとわかり難いことを言わずに、10マイクロシーベルトと言えば良いのにと思います。官僚の作る原稿は、いつもなるべく被害を過小に、そしてわかり難く書く事に腐心するので嫌になります。
1ミリシーベルトの100分の1ですって!。
我家は埼玉県と言えども、安心だ、安全だと世界に発信している東京都内まで10kmと離れていません。
その我家の室内でも毎時0.1マイクロしーベルトが計測され、空間被ばくだけでも年間0.1/時×24時間×365日=876マイクロシーベルト(0.876ミリシーベルト)の被ばくをしています。
実際には外部はもっと放射線量は高いですから、これを下回る事などありません。この数値は」食品摂取などによる内部被ばくは勿論含まれていません。

もう一つ。福島原発から漏れた放射能汚染水は原発の湾内0.3キロ平米に留まっていると確かに言っています。これは、ここで書くまでも無いことでしょう。湾外にでている事は周知の事実ですから。

この二点だけでも明らかな政府の発表した嘘ですから、オリンピック招致が東京に決定した後で訂正する事は、もう出来ないでしょう。
しかし、しかしです。その他、もろもろ、福島原発の現在の危険性を隠蔽したまま、世界のアスリート達にずっと嘘をつき続けることが出来るでしょうか。今後、参加する予定のアスリート達からの拒否反応が出てくる事を心配しています。

|

« 日向山に登る | トップページ | 福島原発の汚染水処理。廃炉にむけて政府が全面に立つ---避けられないか自衛隊の投入 »

コメント

東京開催、決まってしまいましたね~。
いくら日本が元気になっても放射能汚染を消すことはできないのです。。。

投稿: トックリヤシ | 2013年9月 8日 (日) 08時42分

>トックリヤシさま
海洋の放射能汚染はますます拡大し、各競技会場の放射線量も無視できなくなります。世界の厳しい視線に、どう応えてゆくのか。世界のアスリート達がどんな反応を見せるのか、招致のお祭り騒ぎは終わり、正念場はこれからやってくるとみます。五輪開催準備以上に、崩壊した原発の対処、避難せざるを得ない福島県民への対応、その他原発事故に起因する驚くほど多岐にわたる問題に政府がどう対処していくのか、厳しく見詰めて、発信していきたいと思っています。これからも、応援よろしくお願いいたします。

投稿: Souroku | 2013年9月 8日 (日) 10時02分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 日向山に登る | トップページ | 福島原発の汚染水処理。廃炉にむけて政府が全面に立つ---避けられないか自衛隊の投入 »