« 日経平均株価、年内2万円を信じる人、信じない人 | トップページ | 横須賀港から原子力空母が去る日---福島第一原発の海洋汚染 »

2013年8月24日 (土)

清瀬のひまわりフェスティバルへ

「8月21日」
S通信員からの情報では24000㎡(7300坪)の農地は見渡す限りのひまわり畑とか。
是非見てみたいものと、出かけてみました。場所は清瀬市の下清戸地区。。
志木駅から、清瀬駅北口行き(61系統)のバスに乗り約20分、下宿入口で下車しました。バス停から徒歩約5分。期待のひまわり畑で見たものは。えっ、まだ咲いてない!。
そうなんです。今年は7月末の低温とその後の日照り続きで、開花が遅れているのだそうです。全体から言えば2分咲とか。
それでも入口付近に、地元中学生が植えたという一画があり、そこには満開のひまわりが咲きそろっていました(写真下)Dsc01072_1024
このひまわり畑は、毎年小麦を生産する畑に、収穫後ひまわりを緑肥として栽培しているそうです。
農園の持ち主の好意で一般公開するようになって、今年で6回目を迎えたという「清瀬ひまわりフェスティバル」ですが、残念なことに9月1日で終了です。
たとえ、それまでに花が満開にならなくとも、全部刈り取って粉砕し、緑肥として使うとのことです。今年は8月の最後の週末が見納めということになります。それまでに、ひまわりの花がが大きく開いて欲しいものです。
Dsc01071_320

(バス停下宿入口側から入ると、この光景が目に飛び込んでくる。地元中学生が植えた一角で、ここだけ満開になっている。しかし全体から見るとほんの一部である)

Dsc01076_320

(これでも、ひまわり畑の全体の半分くらいか。ともかく広大である)

Dsc01078_320

パイプ足場で作った仮設の展望台からの眺め。ひまわりの背丈が高いので、少し高い場所でないと、全体が見渡せない。
惜しむらくは、花が2分咲きなので、緑一色のひまわり畑である。満開であったらさぞかし壮大な眺めだろう。残念)

|

« 日経平均株価、年内2万円を信じる人、信じない人 | トップページ | 横須賀港から原子力空母が去る日---福島第一原発の海洋汚染 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 日経平均株価、年内2万円を信じる人、信じない人 | トップページ | 横須賀港から原子力空母が去る日---福島第一原発の海洋汚染 »