« 都市対抗野球決勝戦 | トップページ | 福島第一原発3号機の蒸気---拙い実験をしました »

2013年7月30日 (火)

鶴岡八幡宮の大銀杏の再生そして我家の銀杏盆栽?

Dsc00967_1024

(上写真、ランドマークタワー展望台からの眺め。20周年?とかで普段1000円の展望台入場料が無料でした。女子高生たちがラッキーと嬉しがっていました)
先日、横浜のグランドインターコンチネンタルホテルに泊まる機会があり、中華街での食事やランドマークタワー、赤レンガ街の観光散策、そして20日にブログに書いた「バックヤードプロジェクションマッピング」などを見たりしました。その翌日、折角だからと鎌倉まで足を延ばすことにしました。
我家は志木市に来る前は横浜市に住んでいました。横浜市とはいえ、鎌倉市に隣接した場所だったので、鶴岡八幡宮までは車で15分程であり、日曜日の朝など子供たちを連れてよく遊びに行きました。
楽しみはそこから小坪漁港に廻り、魚市場で魚を仕入れる事でした。
獲れたばかりの魚の入った箱の横に陣取り、釣銭が出る客を面倒くさがる、おばさんから、魚のことなど教えてもらったものです。

さて、古い話はここまでとして、鎌倉駅に着いてから目指したのはもちろん鶴岡八幡宮です。
あの強風で倒れてしまった大銀杏がその後どうなっているのか、この目で確かめたかったのです。
若宮大路を抜けて、鳥居をくぐり八幡宮の石段に着くと、横にはあの大銀杏は勿論ありません。確か、小学校の遠足では、ここで銀杏をバックに記念写真を撮った覚えがあります。
800年前、公暁が源実朝を暗殺した際に、その陰に潜んでいたという伝説のある大銀杏のあった場所から少し離れた所に、大きな切り株が保存されていました。(写真下、1枚目)
元の位置にある根の部分の切り株には新しい芽が出て、1メートルほどに成長しているのが見て取れました。(写真下、2枚目)
何本かの若木を大切に育て、その中から2代目?の銀杏を再生させようとの試みがなされているようでした。上手く大木に育ってくれると良いのですが。
Dsc00997_320_2さて、銀杏といえば、我家に植木鉢で育てている銀杏の木があります。
家の前の銀杏並木のギンナンを拾い、土中で皮が取れるのを待とうと埋めておいたのですが、いつか忘れてしまい埋めた場所も分からなくなってしまいました。
そのうち、しばらくして土中から何本かの芽が出てきてしまったというわけです。
小さな芽でしたが、葉がちゃんと銀杏の葉の形をしているので、すぐ分かりました。
どうしたものかと思案したのですが、そうだ盆栽にしてみようと、そのうちの数本を植木鉢に移植してみました。(写真下、3枚目)
しかし、駄目でした。銀杏は背丈が低い若木でも、葉だけがどんどん大きくなってしまDsc00999_320_2いました。写真のように60cmほどの木でも、葉は大木並みの大きさで、盆栽とはとても呼べません。
大きな銀杏のミニチュアには見えず、風情のないことこの上無しです。さて、これをどうするか、今、困っています。

Dsc01023_320_2

 

|

« 都市対抗野球決勝戦 | トップページ | 福島第一原発3号機の蒸気---拙い実験をしました »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 都市対抗野球決勝戦 | トップページ | 福島第一原発3号機の蒸気---拙い実験をしました »