« 東京都の山本太郎氏、沖縄県の糸数慶子氏の当選を喜ぶ | トップページ | 鶴岡八幡宮の大銀杏の再生そして我家の銀杏盆栽? »

2013年7月24日 (水)

都市対抗野球決勝戦

昨夜は、東京ドームで都市対抗野球の決勝戦、「JR東日本」(東京都)「JX-ENEOS」(横浜市)を見ました。
僕とかみさん、それにチビスケ2号も一緒で、もちろん電車好きのチビスケが応援するJR東日本チームの応援です。
さすがに決勝戦、激しい雷雨をものともせず、双方の応援席には続々と観客が詰めかけて、広い東京ドームもほぼ満員です。写真下2枚、上がJX-ENEOS、下がJR東の大観衆)
JR東の試合の応援は何度か見ていますが、決勝戦の興奮を応援団のステージ近くで見ながら楽しみたいと思ったのですが、係員に誘導され、座れたのは3塁側の4階席で、残念ながらここからはステージは見えません。
応援チームの受付で入場券と応援グッズを無料で貰っているから、文句は言えません。

試合は配られた緑のタオルを振り、ウエーブを繰り返した大応援の甲斐もなく3対1で惜敗。順々決勝戦では、同じように配られた緑のリブスを全員が着て、緑の集団になったのに、今日はなぜか誰も着ません。せっかく持ってきたのに。
「JR東」は、先発投手吉田に打球が当たるアクシデントがあり、代わった片山投手が準決勝からの連投の疲れもあったか、打ち込まれました。
それでも7回には2アウトながら、満塁、8回にも1塁、2塁と詰め寄ったのですが、あと一発が出ませんでした。これで「JX-ENEOS」が昨年に続き、連覇の優勝。強いチームです。
それでも、昨年、初めて見て以来、選手の真剣なプレーと、応援ステージで繰り広げられる地方色が発揮された個性ある応援が好きで、都市対抗野にすっかりはまりました。応援が忙しくてビールが飲みにくいのはちょっとつらいですが。来年こそ、JR東の優勝を願ってチビスケ2号とまた応援するよ。がんばれ、「JR東日本」

Dsc01022_320 相手の「JX-ENEOS」チームのステージを写してみました。

Dsc01017_320

Dsc01013_320

Dsc01014_320

|

« 東京都の山本太郎氏、沖縄県の糸数慶子氏の当選を喜ぶ | トップページ | 鶴岡八幡宮の大銀杏の再生そして我家の銀杏盆栽? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 東京都の山本太郎氏、沖縄県の糸数慶子氏の当選を喜ぶ | トップページ | 鶴岡八幡宮の大銀杏の再生そして我家の銀杏盆栽? »