« 海賊対処法によるソマリア沖船舶護衛その34(2013年5月と6月)---護衛船舶少なく、米国の要請もあり遂に護衛方式を変更 | トップページ | 東京都の山本太郎氏、沖縄県の糸数慶子氏の当選を喜ぶ »

2013年7月20日 (土)

横浜ドックヤードガーデンのプロジェクションマッピングを見ました

Photo02

「2013年7月16日」
横浜ランドマークタワーのドックヤードガーデンで行われている「プロジェクションマッピング」(上、動画)を体験しました。
ドックヤードガーデン(写真左)は日本に現存する商船用石造りドックとしては最も古い、旧横浜船渠(せんきょ)第2号ドックを復元したコミュニケーションスペースで、1997年に国の重要文化財に指定されています。

Dsc00993_1024

Dsc00991_1024


初日ということからでしょうか、19時30分の初回から、40分おきに5回の映像投影が行われるのに、午後4時に整理券を受け取る行列に並んで、取れた入場整理券は最後の22時10分のものでした。それも260番。
毎回、500人が入場できる会場ですからすごい人気です。

プロジェクションマッピングについては、動画を見ていただければわかりますが、そのHPに次のように説明されています。
高さ約10 メートル・横幅約29メートルの船型の石壁に沿って映像を投影することにより、その世界に入り込んだような感覚が味わえる屋外では日本初の180度体感型
プロジェクションマッピングとなっています。
「AUDIENCE(観客) から ACTOR(役者) へ」これまで全く味わったことのない「壮大なスケール感」。まるでジェットコースターに乗っているような「スピード感」。そして、あたかも自分がその世界に入り込んでしまったかのような「臨場感」。いままでにない映像体験をあなたに」

さて、実際夜10時過ぎまで待って見た映像の感想は。
プログラムは、横浜開港から現代、未来のみなとみらいまでを表現したストーリーで構成されているとの事ですが、凸凹の石壁に投影される映像はストーリーを捉えるほどの鮮明さはなく、音(大音響です)と切り替わる投影画面のスピードに圧倒されるだけでした。
体験できたことは良しとして、残念ながら僕には前宣伝ほどには、感動しなかったとお伝えしましょう。もう一度見たいかと聞かれればノーです。

石畳の上に、直接腰を下ろして見る会場なので、衣服が汚れないように、なにか小さな敷物を持って行くと良いと思います。

|

« 海賊対処法によるソマリア沖船舶護衛その34(2013年5月と6月)---護衛船舶少なく、米国の要請もあり遂に護衛方式を変更 | トップページ | 東京都の山本太郎氏、沖縄県の糸数慶子氏の当選を喜ぶ »

コメント

私も昨日、観て来ました。
東京駅の映像をTVで観て、テンションMAXで行ったので、「あれ?あれれ???」って感じで、正直感想は、最低です。
まったく観る価値なしです。

投稿: みーやん | 2013年7月29日 (月) 11時16分

>みーやんさま
私も東京駅の映像をテレビで見ました。建築物の壁面や開口部と、映される映像の取り合いの美しさに驚きました。同じ思いで横浜に見に行ったのはみーやんさんと同じです。結果は期待外れでしたが。

投稿: Souroku | 2013年7月29日 (月) 16時48分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 海賊対処法によるソマリア沖船舶護衛その34(2013年5月と6月)---護衛船舶少なく、米国の要請もあり遂に護衛方式を変更 | トップページ | 東京都の山本太郎氏、沖縄県の糸数慶子氏の当選を喜ぶ »