« 梅の実の収穫---映画「奇跡のリンゴ」から農薬を考える | トップページ | 築20年で解体される高層ビル--旧日本長期信用銀行 »

2013年6月30日 (日)

チビスケ2号は釣り名人と錯覚?---柳瀬川でアユを釣る

Dsc00954_320 2013年、6月30日。
柳瀬川でアユを釣りたいとチビスケ2号が、また、一人で東京からやって来ました。
何しろ我家から歩いて5分で釣り場なのですから。
以前アユを釣ったと作文に書いたら、先生からおじいちゃんの家は秩父のほうなのと聞かれたとか。無理からぬこと。
さて、昨日の試し釣りの結果はまあまあ。今日は朝から釣るんだと志木大橋下流のいつもの河原にお出まし。ここはコンクリートの護岸が無く、小さな子供でも安心して釣ることが出来る良い場所です。(写真上)
なるべく小さな当たりもわかる様に、昨夜遅くまで爺が「しもり浮き」に変えたことなど意にかえさず、オランダ仕掛けを投げ入れると、これがよく釣れる、釣れる。
針をかえしの無いアユスレ1.5号にしたので、途中で釣り落とす事もありますが、それでも2時間ほどで16匹釣ったと大喜び。
仕掛けもえさも、爺の苦労あっての事なのに、自分は釣り名人ではないかと、すっかり錯覚してしまったチビスケ2号でした。
釣れるアユは大小ですが、中に13cmほども混ざるようになり、引きはなかなかのものです。
これからも楽しめそうですが、時間帯により釣果に差が大きいようです。
Dsc00953_320

(写真左上、撮影のため、ポリバケツに入れました)
(写真下、何日か前に河原で釣っていた方に教えられ、今日は玉浮きをシモリ浮き(?見よう見まねです)に変えてみました。この方が子どもには当たりがわかるようです)

Dsc00960_320

|

« 梅の実の収穫---映画「奇跡のリンゴ」から農薬を考える | トップページ | 築20年で解体される高層ビル--旧日本長期信用銀行 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 梅の実の収穫---映画「奇跡のリンゴ」から農薬を考える | トップページ | 築20年で解体される高層ビル--旧日本長期信用銀行 »