« 2013年4月 | トップページ | 2013年6月 »

2013年5月29日 (水)

海賊対処法によるソマリア沖船舶護衛その33(2013年3月と4月)---武装警備員同乗の法案成立か

インド洋給油活動の時と同じように、派遣前には、あれほど大騒ぎしたマスコミが、その後の状況をまったく報じなくなった、海賊対処法によるソマリア沖派遣護衛艦の毎月の活動を書いています。(防衛省、国土交通省海事局発表資料、ソマリア沖EU部隊、NATO部隊資料、海上自衛隊情報、ジブチ情報その他資料による)

3月、4月と海上自衛隊護衛艦による護衛船団に加わった日本籍船は0隻、日本の船舶運航事業者が運航している外国籍船の数は、3月が僅か2隻(護衛回数7回中)、4月が4隻(護衛回数9回中)と、このところなぜか減少の一途をたどっています。
日本商船艦隊は壊滅かと思わせる状況に、それでは、外国籍船に乗る日本人船員はどうかとみると、これまた1人もおりません。

政府、官(国土交通省)、財(日本船主協会、経団連)などの根回しにより閣議決定にまで進み、今国会で審議中の「海賊多発地域における日本船舶の警備に関する特別措置法案」が成立しそうです。(この事は、前回の「その32」で書きました)
http://www.mlit.go.jp/policy/file000003.html     国土交通省国会提出法律案

しかし民間武装警備員の乗船が可能となっても、特定警備される船舶法第1条に規定された日本船籍の船が存在するのかと、そちらのほうが気になります。
日本船主協会の望んだ建前と、現実とのギャップは大きいようです。


*平成25年3月の海賊対処法による船舶護衛実績(439回護衛~445回護衛の7回)
   
   護衛艦(第14次派遣部隊)  すずなみ   きりさめ     
 
 護衛した船舶  日本籍船 0隻 
            日本の船舶運航事業者が運航している外国籍船    2隻
                   合計2隻  1回平均0.28隻
           
              外国籍船 17隻  1回平均2.42隻


*平成25年4 月の海賊対処法による船舶護衛実績(446回護衛~454回護衛の9回)
   
   護衛艦(第14次派遣部隊)  すずなみ   きりさめ     
 
 護衛した船舶  日本籍船 0隻 
            日本の船舶運航事業者が運航している外国籍船    
                   合計4隻  1回平均0.44隻
           
              外国籍船 31隻  1回平均3.44隻
  (今回も、護衛回数ごとの実績は、0隻ばかりが並びますので省略します)

上の表からもわかるように、外国籍船も含めても護衛艦に前後を守られて、ソマリア沖で長い船列を組むはずだった船舶が、毎回1~3隻程度であり、とても護衛船団とは呼びにくい状況になっています。
僅か1隻の外国籍船を2隻の護衛艦が護衛するという破格とも思える国際貢献さえも多いのです。
この事はマスコミもあまり報道しませんので、知らない方も多いと思います。
残念ながら、最近は護衛される船が日本関係船舶より、中国籍の船のほうが多いのが現実です。
今でも、日本の政官財、そしてマスコミは何かあるたびに輸入に頼る日本の生命線、ソマリア沖を航行する年間2000隻の日本関係船舶などと云いますが、この2000隻の数字は本当に正しいのか。今年の1月4隻、2月3隻、3月2隻、4月4隻という護衛実績からいくと、2013年度はいいところ50隻程度の護衛数にしかなりません。
中国を筆頭に、ギリシャ、シンガポール、トルコ、ドイツ、インド、韓国などの多数の外国籍船の護衛という国際貢献を果たしているといった評価はあっても、年間約200億円以上(調査中)もの経費が掛けられている海賊対処法による民間船舶護衛の再検証が必要ではないかと思います。

| | コメント (0)

2013年5月25日 (土)

換気扇を動かすとは!---日本原子力開発機構のあきれた研究者たち

My26002_1024 僕は怒っている。あきれ果てている。
東海村の「原子核素粒子実験施設」の内部映像をみて驚いた。「排気ファン」などと勿体つけて言うが、町の機械工場の壁に取り付けられているような、雨水の浸入を防ぐ風圧式シャッターガラリがついた一般形換気扇が見えている。
研究者たち、部屋の放射線量が高いぞ、外に出しちゃえ、出しちゃえとばかり、この情けない換気扇を動かして漏洩した内部の放射性物質を外部に出してしまった。
この人達、研究室や病院などに普通にある「ドラフトチャンバー」やアスベスト除去工事の際に使われる負圧集塵機などを見たことが無いのだろうか。
原子力関係の研究者たちは「フィルター」という言葉を知らないらしい
焼肉屋さんでも排気に臭いをとる装置をつけているのに。
在日米軍施設のの事務室の改修工事などで、床のアスベストタイル(昔一般にPタイルと呼ばれた)を僅かでも除去する場合、部屋を密閉したうえ、負圧集塵機を入れて作業しなければならない。周囲の部屋にアスベストが僅かでも飛散しないような対処がないと工事できない。
工事関係者以外の人達(米軍関係者)が、アスベストを吸引しないようにしているのだ。
原子力開発機構などと偉そうな名前をつけているが、なんども同じ事を繰り返す安全管理の出来ない集団。
発表された研究者たちの内部被ばくの線量など、とても信用できない。被ばく者が増え、実は内部被ばくの線量はもっと大きかったなどという発表がなされるのではと危惧している。
当分研究中止にして、安全管理体制の徹底と研究者たちへの長期の安全講習会を受けさせろ。被ばくした研究者に同情などしない。馬鹿者ども!。僕は怒っている。

| | コメント (2)

2013年5月20日 (月)

ユーロの1、2セント硬貨が消える?

My20001_1024
(東京新聞2013年5月17日夕刊記事)
東京新聞記事によると、欧州通貨のユーロの1セントと2セント硬貨が消える可能性が出てきたと報じられています。
製造コストが高いことが原因との事です。
しかし、小額硬貨の場合、発行される総額より製造コストが高いのはどこの国にもいえることですから、それだけの理由とは思えません。
1セント単位の物価を5セントにに切り上げても、それほど支障は無いと思われる実情があるのではないでしょうか。
ユーロ圏での1セント、2セント硬貨の流通事情などには無知ですが、旅行者と生活者とでは差が有るとは思いますが僕の数少ない現地経験では5セント硬貨は小銭入れに結構溜まりましたが1セント、2セント硬貨が使われる状況はは少なかったように思います。

製造コストが高いといえば、日本の壱円硬貨は製造原価がユーロの1セントより割高のようで2.5円から3円と伝えられています。
ただ、流通が少なくなったこともあり、壱円硬貨は2012年も1枚も製造されず、これで2年連続となったとの事です
五円と五十円の両硬貨も3年連続で製造が見送られています。電子マネーやICカードの普及で小額貨幣での決済が減少していることが背景にあるそうです。
来年、消費税が8パーセントになると、一時的に1円硬貨の流通が増えると予想され、ことによると製造再開もあるかもしれません。100円ショップなど間違いなく1円硬貨が必要とされます。
JR東日本の「Suica」使用の場合、消費税が8パーセントになったら、1円での運賃設定も考えると発表されていますし、日本では当面1円のやり取りは続くものと思われます。
ユーロの1セントは、日本の1円程度に換算されますが、1セント単位が無くなって物価を
四捨五入などの規則が適用される事には反対意見が多いかもしれません。

ところで1ドル=100円前後のときにデノミを行い、1ドル=1円前後にするといった提案は周期的に話題になりますが、今回ばかりはその話は全く出てきません。この話、今は全く論外なのでしょう。
Dsc00805_320 (写真左、上段左から1、2、5ユーロ硬貨。下段は日本の1円と5円硬貨)

| | コメント (0)

2013年5月14日 (火)

室内の放射線量も決して低くない


今日のブログ記事とは直接関係ありませんが、昨日の参議院予算委員会で「みどりの風」の谷岡郁子議員が、なぜ、「福島では血液検査をしないのか」と、子供たちの低放射線量被ばくの問題と国の検査について、厳しい質問をしておりました。それに対する安倍総理、石原環境相の答弁からは、現在の自民党政権の被ばく問題の消極的対応しか見えてきません。
今、恐ろしい事態が進行している気がしてなりません。


それでは本題。
志木市では、毎月1回、特定市有施設の空間放射線量を測定し、市のホームページで公開しています。
http://www.city.shiki.lg.jp/51,36128,270,1156.html (最新測定日:平成25年4月18日木曜日)

最新の測定である4月18日のデーターでもわかるように、市内25箇所の測定場所で、ほとんど毎回放射線量の高いトップは館保育園の庭です。(4月18日測定値 0.081マイクロシーベルト)
前を通る度に、小さな子供たちが保育園の庭を遊びまわっている光景を見るにつけ、市の除染基準以下であり、たとえ被ばくの影響少ないとしても、市内最高放射線量の測定場所が保育園の庭というのは、あまり気持ちのよいものではありません。
思い切って庭の表土を剥がすなどの除染処理をして、放射線量ワースト1が保育園の庭であるという事態を解消してしまう気は市には無いものでしょうか。

この問題はおくとして、市のホームページには次のようにかかれています。
国が定めている年間1ミリシーベルト以内の被ばく量から換算した数値です。
すなわち環境省が示している毎時0.23マイクロシーベルトの算出根拠です。

一日のうち、8時間を屋外、16時間を屋内にいるというという前提で、365日を暮らした場合、年間1ミリシーベルトになるには0.23マイクロシーベルト/時という数字が計算されるからです。

「志木市のホームページより」
年間換算値の計算式(簡易な試算方法です)

{(測定値×8時間[屋外にいる時間])+(測定値×0.4[屋内での放射線の低減率]×16時間[屋内にいる時間])}×365日÷1000=年間換算値(ミリシーベルト/年)
なお、年間換算値については、1時間あたりの値をもとに試算した参考値です。


計算例:館保育園地表付近の場合{(0.081×8)+(0.081×0.4×16)}×365÷1000=0.4257≒0.426(ミリシーベルト/年)〔小数点以下第4位を四捨五入〕

8時間を屋外で過ごし、16時間を屋内でという設定には当てはまらない生活環境の人のほうが多いとも思われますが、この16時間過ごす屋内の放射線量の低減率が屋外の40%という捉え方は問題です。
福島原発事故直後は、多くの家庭で窓を閉め切る、外出から戻ったら埃を払うなどしてなるべく放射線物質を屋内に入れない努力をしていたと思います。また居住環境の気密性の良し悪しも関係した事でしょう。
しかし事故から2年以上経過して、その間窓を開放する事も多く、室内には放射性物質が堆積してしまいました。
Dsc00794_320 コンクリート造集合住宅1階に住む我家の室内の床や家具、布団などの表面の放射線量は、はっきり言って外部の庭とほとんど変りません。
測定機の違いによる数値の誤差はありますが、「SOEKS 01M」の数値をそのまま表示すると、我家の室内の計測値は0.12~0.13マイクロシーベルトあります。(写真左)
庭の1メートル高さの数値もこの程度なのです。
掃除していないだろうですって、そんなことはありません。もう、床、壁、家財、衣類などに付着して掃除の問題ではないと思われます。
とても室内の放射線量は、外部の0.4倍だという仮定は当てはまらない状況です
ゆえに年間被ばく1ミリシーベルトからの換算値、毎時0.23マイクロシーベルトは適用できません。
ちなみに、常に動かしている空気清浄機のフィルターは、掃除で埃を除去しても0.17マイクロシーベルト程度は示します。

いままで書いてきたことは、あくまで「外部被ばく」の事であり、実際には外部被ばくより恐ろしいとされる、呼吸、、飲料、食品による「内部被ばく」は考慮されていません。
多くの方が指摘されているように、この内部被ばくは、外部被ばくの陰にされ、年間1ミリシーベルトの被ばく限度から隠され、ごまかされてきたような気がします。

| | コメント (0)

2013年5月 8日 (水)

横浜港で客船SUN PRINCESSを見ました

Dsc00791_1024
ゴールデンウイーク最終日の6日、横浜中華街に出かけました。みなとみらい線の「元町・中華街駅」まで東武東上線から乗り換え無しで直結しています。
ゴールデンウィーク期間中の元町・中華街駅の利用客は昨年同期と比べて31.2パーセントも増加したと発表されましたが、本当に中華街は人出が多く、道路は大混雑でした。
昼食をを中華街で食べた後、元町から港のみえる丘公園経由で山下公園まで散策しました。
山下公園からは赤レンガ街経由のシーバスに乗り、短いながらクルージング気分を味わい横浜駅東口に戻りました。
船の中から大桟橋に停泊中の客船「SUN PRINSESS」の白い船体を間近に見ることが出来ました。総トン数77,441トンのこの船は1995年の竣工当時は世界最大の客船でしたが、その後の大型客船ブームで10万トン以上の船が多数建造されて、いまや大きさランキングで言えば、50位に届かないかもしれません。それでも近くで見ると大型ビルのように巨大で、かなり引かないと全貌がカメラに捉えることが出来ませんでした。
Dsc00779_320 (横浜中華街の混雑振り)

| | コメント (0)

2013年5月 5日 (日)

マロニエの花

今、志木ニュータウン内のマロニエ通りのマロニエ(セイヨウトチノキ)の花が咲いています。白い小さな花が集まって30㎝ほどの円錐状になっています。この花の集まりから秋に栃の実が5~6こぐらいつくそうです。木の高い部分に咲くので、上を見ないと見過ごしてしまいます。
Dsc00761_320

Dsc00763_320

Dsc00762_320

Dsc00766_320





| | コメント (0)

2013年5月 2日 (木)

田麦山で空を見る---田麦山自然塾に参加

Dsc00745_1024
4月28日。友人に誘われて新潟県長岡市の田麦山地区で開催された「田麦山自然塾」という催しに行ってきました。ここでは、春、秋の自然塾、他にロードレース、森の音楽祭などが行われますが、居住者は僅か6軒の集落なのです。
張られたテントでは、焼きそば、トン汁などが売られ、イワナ、ニジマスの塩焼きもあります。フォルクローレの演奏もあったりして賑やかな会場では皆の笑顔が揃います。
僕は、ビールの酔いもあって会場脇に敷かれたシート(空を見る場所)に横になって空を見上げました。空と大地の間を行く山登りでも、こんなに長い時間空を見上げていることは滅多にありません。
青い空に雲がゆっくりと流れるのを見ていると、心が落ち着いていつの間にか少し眠ってしまいました。
短い夢を見たような気がします。神風特攻隊の若い隊員達の出撃前の苦悩を描いた映画「雲流れる果てに」の最後の一場面です。沖縄の米軍機動部隊に突入するも、次々と撃墜される特攻機の群れ。今と変わらぬ美しい空と雲。
今また憲法改正、国防軍創設、歴史認識の訂正などなどに執念を燃やす安倍政権のもと、マスコミも支持応援するその怪しい動きにのせられそうな国民。
空と海で人間を爆弾に乗せて突入させた国、一億玉砕を叫んだ国、天皇に命を捧げることを要求した国。田母神氏のような人物でなければ制服組のトップにはなれない国。地震国に54基もの原発を作り、事故が起きても対応できない国。
反省無き国が戦争をできる国に変わる事、それは日本がかなり特殊な国であった過去を思えば、この先どんな事が待ち受けるのかと暗澹たる気持ちにさせられるのです。
目覚めると美しい山里の景色に、いやな思いをしばし忘れます。
集会後、自然塾のMさんの持つ寮に泊めてもらい、美味しい手打ちそばをごちそうになり、山菜料理をさかなにまた酒盛り。
翌朝、皆でお土産用に山菜取りに出かけ「こごみ」、「うど」を沢山採らせてもらい、明るい里山の春を満喫しました。
Dsc00744_320

Dsc00734_320

Dsc00735_320

Dsc00750_320

(写真いちばん下:谷筋には残雪が残るこんな場所の急斜面で、うどを採りました。いや、採ってもらったというほうが正しいです。自然環境保護者、画家でもあり8000m峰も経験する登山家であるMさん、さすがどんな急斜面でも巧みに登って、うどを採って投げてくれました)

| | コメント (0)

« 2013年4月 | トップページ | 2013年6月 »