« ユーロの1、2セント硬貨が消える? | トップページ | 海賊対処法によるソマリア沖船舶護衛その33(2013年3月と4月)---武装警備員同乗の法案成立か »

2013年5月25日 (土)

換気扇を動かすとは!---日本原子力開発機構のあきれた研究者たち

My26002_1024 僕は怒っている。あきれ果てている。
東海村の「原子核素粒子実験施設」の内部映像をみて驚いた。「排気ファン」などと勿体つけて言うが、町の機械工場の壁に取り付けられているような、雨水の浸入を防ぐ風圧式シャッターガラリがついた一般形換気扇が見えている。
研究者たち、部屋の放射線量が高いぞ、外に出しちゃえ、出しちゃえとばかり、この情けない換気扇を動かして漏洩した内部の放射性物質を外部に出してしまった。
この人達、研究室や病院などに普通にある「ドラフトチャンバー」やアスベスト除去工事の際に使われる負圧集塵機などを見たことが無いのだろうか。
原子力関係の研究者たちは「フィルター」という言葉を知らないらしい
焼肉屋さんでも排気に臭いをとる装置をつけているのに。
在日米軍施設のの事務室の改修工事などで、床のアスベストタイル(昔一般にPタイルと呼ばれた)を僅かでも除去する場合、部屋を密閉したうえ、負圧集塵機を入れて作業しなければならない。周囲の部屋にアスベストが僅かでも飛散しないような対処がないと工事できない。
工事関係者以外の人達(米軍関係者)が、アスベストを吸引しないようにしているのだ。
原子力開発機構などと偉そうな名前をつけているが、なんども同じ事を繰り返す安全管理の出来ない集団。
発表された研究者たちの内部被ばくの線量など、とても信用できない。被ばく者が増え、実は内部被ばくの線量はもっと大きかったなどという発表がなされるのではと危惧している。
当分研究中止にして、安全管理体制の徹底と研究者たちへの長期の安全講習会を受けさせろ。被ばくした研究者に同情などしない。馬鹿者ども!。僕は怒っている。

|

« ユーロの1、2セント硬貨が消える? | トップページ | 海賊対処法によるソマリア沖船舶護衛その33(2013年3月と4月)---武装警備員同乗の法案成立か »

コメント

私はこの事象(!)を知ったのは25日の夕方だった。あまりの恐怖と衝撃にどうしたらよいか判らず武田先生にメールしました(ブログ参照)風向きは南西、埼玉、東京に風が吹いてくる!これから成長する野菜、葉物、果物、畜産に茨城以西の関東はもろ影響を受ける。武田先生の言葉をお借りすると1000億ベクレルの被爆だと言う。都民は、ばかか???毎日一体何を見て何を考えて生きているか?ネットがあると言うのにくだらないナウなツイッターしかやらんのか!私は皆に怒っています。
一日も早く岡山辺りまで逃げたいが人生を捨てる決断がなかなかできません。

投稿: ウルル | 2013年5月29日 (水) 02時18分

>ウルルさま
放射性物質の近隣への拡散などについては、今、なんともコメントできませんが、ともかく、怒りをぶつけて、事故の責任をとらせ、同じ事を繰り返させない事が大切だと思います。この組織が「動燃」と呼ばれていた時から、体質は全く変っていないと実感します。

投稿: Souroku | 2013年5月29日 (水) 09時01分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ユーロの1、2セント硬貨が消える? | トップページ | 海賊対処法によるソマリア沖船舶護衛その33(2013年3月と4月)---武装警備員同乗の法案成立か »