« 高層ビル群と絶景露天風呂---伊豆大島行き | トップページ | 最高裁が二審支持---水俣病初認定で遺族勝訴、それにしても情け無い!最高裁の田中幸太郎長官。そして外務、防衛省官僚たち »

2013年4月13日 (土)

菜の花を見に行ったら、農家の方から蕪(かぶ)を頂いた

我家からの散歩コースの一つに「お得コース」なるものがあることは、以前に書いたことがあります。コース途中に数か所の農家の無人直売所があり、採れたばかりの新鮮野菜を安く買えることから、名付けてお得コースです。
このコース途中の畑一面に、今菜の花が咲いています。我家から歩いて10分、隣の三芳町になります。乾燥した畑の土ぼこりが風で飛ばされるのを防ぐのが目的です。
畑の脇に立つ看板には「花は自由にお摘みください」と書かれていて、誰でも自由に持ち帰ることができます。
帰り道、かぶの収穫をしている畑で、写真を撮らせてもらったら、農家の方から「おいしいから食べてみなさい」とかぶを頂きました。菜の花とかぶ、これぞ、まさに本当のお得コースでした。
Dsc00679_320

(一面の菜の花畑が広がります)

Dsc00692_320

(竹間農地環境保全協議会のやさしい気持ちに感謝)

Dsc00682_320

(畑から収穫した株を軽トラックに積んでいます)

Dsc00683_320

(農家の方から頂いた大きなかぶ)

Dsc00689_320


(家に帰り、菜の花を活けました)





|

« 高層ビル群と絶景露天風呂---伊豆大島行き | トップページ | 最高裁が二審支持---水俣病初認定で遺族勝訴、それにしても情け無い!最高裁の田中幸太郎長官。そして外務、防衛省官僚たち »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 高層ビル群と絶景露天風呂---伊豆大島行き | トップページ | 最高裁が二審支持---水俣病初認定で遺族勝訴、それにしても情け無い!最高裁の田中幸太郎長官。そして外務、防衛省官僚たち »