« 寒い!午後6時の外気温は7度---湯豆腐がうまい | トップページ | 田麦山で空を見る---田麦山自然塾に参加 »

2013年4月26日 (金)

「ヘンリー4世」と「おのれナポレオン」を見ました

Dsc00728_320今週は、昨年の12月に東急シアターオーブで見た「劇団新感線」の公演「ZIPANG PUNK五右衛門ロックⅢ」以来、久しぶりに二つの演劇公演を見ました。
昨年の締めに見た五右衛門ロックⅢは僕は当時感想を書く気もおきなかったほどの少しも楽しめなかった舞台でした。けちくさいけど12500円ものチケット代が惜しまれます。
物語もつまらなかったし、大音響は良しとしてもセリフが聞き取れないという芝居は出来、不出来以前の問題です。これを、寝ることもかなわず、それでも最後まで見ましたがこの感想は僕だけでなく、一緒に観劇した毎月多くの芝居を見て、いつも的確な評論を聞かせてくれる友人は途中で出てしまったし、新感線公演をよく見ている他の友人もちょっとひどかったねと悲しげでした。こんな事もあるのですね。
さて、今週は。
まず、東京芸術劇場の「おのれナポレオン」
http://www.geigeki.jp/performance/theater018/ おのれナポレオン
三谷幸喜作演出、俳優としてだけの野田秀樹がナポレオン役で主演するということで評判を呼んでいる舞台です。どうも僕は三谷作品とは相性が悪いようで、こんども期待したほどの満足感は得られませんでした。ナポレオンのセント・ヘレナ島での死の真相に纏わるストーリー展開ですが、ミステリー仕立ての筋もわかりやすく、随所に笑いが入るのですが、全体として深みがないというか、どうも引き込まれない脚本でした。
それでも、主演の野田秀樹さんのナポレオンは格段の見ごたえがある熱演で、他の俳優陣も皆役にはまって舞台を引き締めています。役者は揃ったが、作品として感動が今一つわかなかったというのが観劇後の感想です。でも、これは僕の三谷作品への偏見もある片寄った見方に問題があるのかもしれません。観客席は満員で、立ち見?の方もいたようだし、当日券売り場には長い行列ができていました。

Dsc00724_320もう一つ、さいたま芸術劇場の「ヘンリー4世」
http://www.saf.or.jp/arthall/event/event_detail/2013/p04_henry.html ヘンリー4世
彩の国シェイクスピア・シリーズ第27弾。蜷川幸雄演出、出演は吉田鋼太郎、松坂桃李他。
ここも満席で観客の9割は若い女性と思われ、1階男子トイレも臨時に女性用に変更されていました。
舞台はこんなに奥行き感が出せるのかと驚いた、壁などの装置の少ない空間で始まり、最初から引き込まれました。
大筋はわかっている舞台ですが、大きな腹と丸い体型の愛すべきキャラクターのフォルスタットを吉田鋼太郎がのびのびと演じ、楽しげです。
ハル王子役に抜擢されたの松坂桃李も声がよく通り、長セリフもよどみなく実に見事な演技でした。
2部作を一本にまとめ、休憩15分を挟んで4時間を越える長編でしたが、僕は最初から最後まで楽しめ、見てよかったと誘ってくれた友人に感謝しました。

|

« 寒い!午後6時の外気温は7度---湯豆腐がうまい | トップページ | 田麦山で空を見る---田麦山自然塾に参加 »

コメント

ありゃりゃ。

私も両方観劇しましたけど、おのれナポレオンは面白く、ヘンリー4世は面白くなかった…人の感じ方、見方って色々ありますね。


投稿: 永池 | 2013年4月26日 (金) 04時12分

>永池さま
「おのれナポレオン」に感動しない観客は少ないのでしょう。僕も面白面白く見ましたが、ちょっと三谷+野田初のタッグ的な期待が高すぎたのかもしれません。最近の野田マップでの野田さんの演技より、ナポレオンは良かったです。

投稿: Souroku | 2013年4月26日 (金) 08時52分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 寒い!午後6時の外気温は7度---湯豆腐がうまい | トップページ | 田麦山で空を見る---田麦山自然塾に参加 »