« 海賊対処法によるソマリア沖船舶護衛その32(2012年12月から13年2月)武装警備員同乗の法案と云うけれど日本船籍の舶は3ヶ月で0隻 | トップページ | 菜の花を見に行ったら、農家の方から蕪(かぶ)を頂いた »

2013年4月 9日 (火)

高層ビル群と絶景露天風呂---伊豆大島行き

Dsc00695_1024


Dsc00705_1024


Dsc00710_320昨日(2013年4月8日)、東海汽船の高速ジェット船で伊豆大島に行ってきました。
かみさんと一緒に日帰りのツアー参加です。
ジェット高速船で往復し、昼食、露天風呂入浴付で9800円という価格設定の魅力に惹かれました。何故かって、高速船の通常料金は大島まで往復15000円もするのです。今回は新しく就航した高速船の就航を祝う特別企画なのです。これは乗ってみる価値ありの船旅です。ただし、これを読まれた方が行ってみようと思われても、残念ですがこの企画は4月12日(金)までの限定です。
竹芝桟橋を朝8時半に出港すると、途中久里浜経由で約2時間、10時40分には伊豆大島岡田港に到着です。
大島へは以前、新島へ向かった船が、海が荒れて接岸できず、やむを得ず引き返す途中、大島に寄って時間調整をした際に、数時間立ち寄った経験があります。この時は、料金が全額返済され、新島には行けなかったけれど、何となく得したような覚えがあります。
そんなわけで、今回の大島行きも格安のちょっとにんまりの船旅です。
本当は佐渡やマカオ行きなどで乗ったことがあるジェット船は、走行中シートベルトで座席に縛られていますので、船旅としては面白くなく、それほど好きではないのです。しかし、早いのは魅力ですが。
それでも、好天に恵まれ大島に向かう途中、右手には洋上から眺める富士の雄姿が常に眺められこれは素晴らしかった。三原山も全貌が見れたし、絶景露天風呂(写真上から2枚目)に大満足。これで昼食の不平は申し訳なくて言えません。もうひとつ、良かったのが久しぶりに訪れた竹芝桟橋埠頭からの高層ビル群の眺め(写真一番上)は拾いものでした。

Dsc00699_320

(写真左上、三原山山頂口の展望台からの三原山全景)

(写真左下、波浮の港を見下ろす)

Dsc00708_320

|

« 海賊対処法によるソマリア沖船舶護衛その32(2012年12月から13年2月)武装警備員同乗の法案と云うけれど日本船籍の舶は3ヶ月で0隻 | トップページ | 菜の花を見に行ったら、農家の方から蕪(かぶ)を頂いた »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 海賊対処法によるソマリア沖船舶護衛その32(2012年12月から13年2月)武装警備員同乗の法案と云うけれど日本船籍の舶は3ヶ月で0隻 | トップページ | 菜の花を見に行ったら、農家の方から蕪(かぶ)を頂いた »