« 汚染された場所の放射線量は減らない | トップページ | 放射能汚染より「PM2.5」か?---ちょっとおかしい報道 »

2013年2月27日 (水)

温暖化と寒冷化のせめぎ合い?---太陽に異変!

一昨日(2月25日)の朝の我家の庭の寒暖計は氷点下4度を指していました。これだけの低温はあまり記憶にありません。
青森県酸ヶ湯温泉の5.61mの積雪を始め北日本の豪雪がニュースになっていますが、今日の朝刊のスキー場の積雪情報でも3m以上では驚かず、六日町八海山5.00m、GALA湯沢が4.70m、赤倉温泉4.00m、白馬コルチナ4.40m、谷川岳天神平4.45mなど4mを越えているところが幾つもあります。
上越のスキー場など、リフトの下を塹壕のように掘り込んでいる事でしょう。昔、石打丸山ゲレンデで、リフトの椅子の高さが周りの雪面より低い状態を体験しました。
大雪はそう珍しいことではありませんが、今冬の特徴は気温が低いことです
酸ヶ湯温泉でも積雪量は例年並みだが、気温が低いので雪が溶けないことが、積雪新記録の原因だということです。
今、太陽にまれにみる異変が起きているそうです。太陽活動の低下傾向です。
太陽活動の活発さを現す太陽の黒点の数は長期の観測結果から11年周期で増減しているとされています。本来ならば活動のピークに向けて今年の秋には黒点の数が100以上は観測されるべきなのですがまだ、やっと半分ほど、ことによるとここで折り返して不活動期に向かう恐れもありそうです。
周期そのものも延びる傾向にあります。
その異常さに伴うように、太陽表面に現れる磁場もバランスが崩れているとのことです。この詳細はネット上でも多数報告されていますので省略して、今心配なのが300年前の太陽活動極小期の再来があるのではないかとの恐れです。地球が冷えて小氷河期とも言われました。日本でも良く知られている1783年~1788年にかけて奥州より全国に及んだ天明の大飢饉の時期と合致します。
このところの世界的な異常気象現象も、短期的に増大してきた地球温暖化と、長期的寒冷化傾向とのせめぎ合いだとの説もあります。
はたして、地球は温暖化傾向のまま進むのか、人為的なそれを押さえ込むほどの太陽活動低下と関連した地球寒冷化が再現されるのか、今、世界のそして日本の気温変動に眼が離せません。

|

« 汚染された場所の放射線量は減らない | トップページ | 放射能汚染より「PM2.5」か?---ちょっとおかしい報道 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 汚染された場所の放射線量は減らない | トップページ | 放射能汚染より「PM2.5」か?---ちょっとおかしい報道 »