« 2012年12月 | トップページ | 2013年2月 »

2013年1月27日 (日)

沖縄に無関心ではいられない

「オール沖縄 首相に直訴へ」 「オスプレイ、普天間・・・怒りぶつける」
「全市町村長ら28日」「前日(27日)に銀座デモ」

(1月22日の東京新聞朝刊見出しより)
沖縄の米軍普天間飛行場(宜野湾市)への新型輸送機オスプレイの配備撤回などを求め、沖縄の全四十一市町村の首長と議会議長、四十八県議の計百三十人が二十八日、安倍晋三首相に直訴する。米軍基地という重荷を背負わされ続けている沖縄県民の怒りを、党派を超えて新政権に突きつける。

この事態がどんなに大変な事か、当の首相を始め、国会議員、官僚たちはたぶん理解しないでしょう。
こんども政府は従来の持論を繰り返し、沖縄との断絶は深まるばかりです。
沖縄だけに苦しみを押し付ける事が限界にきている事を、ひしひしと感じます。沖縄に無関心では済まされません。
事実上、沖縄は日本国から切り捨てられている現実は、お座なりの負担軽減策、沖縄振興策などでは解決しません。尖閣諸島に海上保安庁の(沿岸警備隊員)を常駐させるなどの中国との外交問題とは異なります。憲法違反状態に置かれている沖縄の現状をどう考えるかの日本の国内問題です。
直訴とは、沖縄は立ち上がった事を表します。日本という国家全体の統合の危機的状況が先に見えます。安保条約に基づく日米同盟の強化をこのまま堅持するなら、沖縄をその枠組みから外すことを沖縄県民から求めれれるでしょう。
そうする以外に在日米軍基地の74%が沖縄に集中している状況を変えることは不可能だからです。
日本政府に日米安保条約の見直し、米軍基地の撤去などが先に見えないなら、極論するならもう「琉球国」に帰り米軍基地と決別するしかありません。
それが政治特別自治区なのか、連邦制なのか、独立国なのかまだわかりません。それに伴い、日本政府は今度こそ米軍基地は内地に分散するか、撤退させるかの決断が必要になります。
沖縄からの直訴の皆さん、今、本土の人間は全部とは言えませんが、決して沖縄問題に無関心ではありません。

| | コメント (2)

2013年1月24日 (木)

みどりの山手線車両を見ました。その後「切手の博物館」へ

Ca390040_800
昨日、新宿駅で山手線への階段を登りホームへ出た時、目の前に動き始めたみどりの車両が見えました。慌てて携帯を取り出し、なんとか写したのがこの写真です。内回りでした。全山手線車両の中で1編成しか運行されていない話題のみどりのラッピング車両に出会えたのは幸運でした。

その後、目白駅で下車し、「切手の博物館」に寄りました。目白駅から徒歩約3分の近さです。
知りませんでしたが毎月23日は「ふみの日」のため入館無料だそうで、そのお知らせが出ていましたが、見学時間が無くお目当ての1階のミュージアムショップだけのぞいてみました。
親族が収集した膨大な記念切手シートの整理を手伝っていることは書きましたが、それも大体片付き、処分した切手シートから抜き出しておいた鉄道切手をチビスケ達に贈ろうと思ったのです。そんなわけで、和紙模様の小版切手アルバムとDAVOのピンセットを2セット買い求めました。
Ca390041_800


「切手の博物館」のミュージアムショップでは日本や外国の切手、関連書籍などをを販売していますが、切手専用アルバムなど収集用品もいろいろ販売しているのです。
今の子供が切手収集などに興味を持ってくれるかはわかりませんが、切手をやみくもに収集するのではなく、テーマを決めて集める楽しみを知ってもらえたらと思っています。

Ca390042_800

Dsc00447_800

ミュージアムショップで購入したA5サイズよりやや大きな切手アルバム。和紙模様の表紙がきれいだ。ピンセットはDAVO製。

Dsc00451_800

切手アルバムには、「電気機関車シリーズ」や「SLシリーズ、その他戦後の鉄道関連の記念切手を収納してあげた。

Dsc00452_800

| | コメント (0)

2013年1月21日 (月)

湯たんぽを知っていますか、それと梅酒の梅など

今夜から明朝にかけて、また雪の予報が出ています。
実は先日の降雪で転倒しました。右足がすっと滑り、尻から着地。スーパーで買い物をした後、外に出ようとして、床のタイルと外の雪面との境目でした。原因を底のすり減ったトレッキングシューズだと思うことにしたのですが、都会の雪程度で転倒するなど、ショックでもあり、精神的ダメージも大きい。
左手に買い物の荷物を持っていたので、右ひじを打ったらしく、今でも少し痛いです。我、老いたり。明日は気を付けよう。いや、外に出ないことにしよう。
Dsc00445_320


ところで、老いたといえば、今冬、かみさんの勧めで、湯たんぽを使っています。(写真左上。湯の量を見せるつもりで洗面器に移したのですが、失敗。良く見えませんね)
これが実に良い。別に足が冷たくて眠れないなどということではないのですが、布団の中のほんのりとした温かさが心地よいのです。僅かヤカン一杯のお湯でこれだけの効果があるとは。
ずっと昔、ホッカロンなど無い時代、冬山ではコッフェルに山盛りの雪を溶かしても、得られる水は少なく、翌日の朝食用に水を作り、水筒に入れて凍らせないように寝袋に入れておくのがやっとでした。いつも熱い湯を入れた水筒を寝袋に入れる事を夢見ていたものです。
ああ、湯たんぽ、ありがたや。ところで、最近の湯たんぽはプラスチック製でした。
Dsc00446_320


もうひとつ、昨日、昨年漬けた梅酒を、ボトルに移し替えたところ、残った梅の形がビンんにより写真のように違うのです。左のしわしわのほうが、ブランデーを使ったもの。
右側のビンがホワイトリカーで漬けたもの。こちらは、丸い形が残っています。今まで、果実酒用ブランデーを使っても梅がこんなにしわしわになったことがありません。何故なのかわかりません。ちなみに、過去、梅酒作りには、ホワイトリカーより、果実酒用ブランデーが良いとこのブログでも書いてきましたが、今年はなぜか味に差がありません。これも不思議です。

| | コメント (0)

2013年1月18日 (金)

新宿駅新南口ビル(仮称)は今年9月に着工

Ca390039_800今日、用事で新宿駅に出たので駅南口で行われている「新宿交通結節点整備工事」をのぞいてみました。(写真左1枚目)

この工事はJR東日本の線路上に東西約127m×南北約120m、面積約1.47haの人工地盤を創出し、駅施設、歩行者広場、タクシーや一般車の乗降場、高速路線バス関連施設などの機能を持った建物を建設する再開発工事です。(写真2枚目)
工事開始から3年ほど経過しましたが、甲州街道側からの外観はそう変化していないように見えます。
しかし実際には工事はかなり進捗しており、(写真3枚目)昨年9月には隣接して建設されるJR東日本の「新宿駅新南口ビル(仮称)」計画も発表され、近いうちに工事入札も行われて今年9月に着工されるようです。写真の右側の大きな穴が開いている部分が高層ビル建設地のようです。
ブログの2010年の12月に書いた記事では、工事の計画案のパースに何故か「高層ビル」が描かれていないと書いたのですが、あの時点ではまだ計画案がまとまっていなかったようです。Dscn5851_1024
新ビルは下記のように発表されています。
(写真4枚目)

新南口駅舎跡地に、JR新宿駅と新宿交通結節点と直結する複合施設として33階建てのビルを整備し、ファッションから食まですべてのジャンルで高いトレンド性をもつ商業施設(床面積:約9,400㎡)を地上1階から5階に設ける。

2013年9月に着工し、2016年春完成の予定で、商業施設の運営はルミネが行う。

施設概要
建物名称:新宿駅新南口ビル(仮称)

Shinjuku08_240111_3

構造:鉄骨造、一部鉄骨鉄筋コンクリート造
規模:地上33階、地下2階建物高さ約170m
延床面積:約111,000㎡
オフィス(6~33F):約77,200㎡
商業施設(1~5F):約9,400㎡
文化交流施設(交通結節点上部5~7階):約3,600㎡
駐車場(B1F~B2F):約280台


3年後には新宿駅南口の景観も大きく変わることでしょう。
http://www.ktr.mlit.go.jp/toukoku/09about/saisei/shinjuku.htm 東京国道事務所HP(工事の全体像がわかりやすい)

20120904jrshinnzyuku_2

| | コメント (2)

2013年1月14日 (月)

日本フィル指揮の西本智実や深川不動尊など

今日は、珍しい大雪に見舞われました。カラカラに乾燥し、枯葉が舞っていた志木ニュータウン内もすっかり雪化粧して、我家の窓からの景色は白黒映画の映像のようです。(写真下)
Dsc00444_320
正月気分が抜けないうちに、月半ばの連休でなかなかしゃんとしません。
年が明けて、1月6日には、東京芸術劇場コンサートホールで、西本智実指揮の日本フィルを聞きました。
日本フィルはサントリーホールでの毎月の東京定期公演しか聞く機会を持たないので、新装なった東京芸術劇場コンサートホールで是非聞いてみたいものと、昨年チケットを購入しておいたのです。
女性指揮者、西本智実さんを聞くのは初めてです。
定期演奏会しか知らない僕が驚いたのが、圧倒的に女性客が多いこと。年齢層も若い。
そして1999席のホールが満員の盛況です。これは最近の定期演奏会ではとても望めないことです。
そして、演奏後は宝塚スターのような颯爽たる姿で指揮をする西本智実さんのファンと思われる方達が立ち上がって熱烈な拍手をおくるのです。なかにはショールのようなものを振りかざす人もいて、普段の演奏会では見られない光景でした。西本人気恐るべしです。
昨年からミュージックパートナーとして日本フィルの指揮をするようになった西本智実さんが、厳しい状況にある楽団経営にとって救いの女神となるかもしれません。
Ja14001_1024

1月12日は、友人との新年会を門前仲町で行ったので、ついでに深川不動尊と富岡八幡宮に参詣することができました。実は東京や埼玉に長く住みながらどちらも初めて訪れる場所で、その社殿の立派な事や賑わいにこれまた、驚かされたのでした。
恥ずかしながら、深川不動尊が我家の宗派である真言宗智山派の成田山新勝寺の東京別院であることも知ったのでした。

その他、手伝っている沢山の記念切手の整理で、日本の切手より中国切手の圧倒的な価値の違いに驚かされもしたりしながら、なんだかあっという間に1月も半ばになったというわけです。

明日から正月を引きずるのは無しとして、活動して行きたいと思う連休最後の夜でした。

Ca390025_320

Ca390030_320

| | コメント (0)

2013年1月 9日 (水)

初日カバー(切手)は僅か5円にしかならない

Dsc00442_320最近、事情があって親族の収集した膨大な切手コレクションを整理する手伝いをしています。
郵便局で日本の記念切手を購入する際は、どうしてもシートで購入することになるので、50年も切手収集を続けていれば、その切手シートの量たるや半端ではありません。
もちろん、記念切手はバラでも購入できるはずですが、郵便局のほうでも、記念切手はシート売りがたてまえのような販売を続けていますから。
後で売れるかもしれないなどと思ってつい2枚も購入したりしてしまいます。
世界の先進国の中でも、ずば抜けて記念切手の発売が多い日本では、全国の家庭で使われずに眠っている記念切手の額面金額の総額は数兆円にもなると言われていますがはっきりしたことはわかりません。
郵政省は記念切手の発売にはとてもご執心ですが、実際に発売した切手のうち、どのくらいが消費(使用)されたか発表していないからです。
その記念切手ですが、かなりのプレミアがついて売買もされていた時期もあったのですが、最近の価値の低下は驚くべきものがあります。
切手収集家の間でも評価が高く、かっては数万円で売買されていたこともあった、かの有名な「見返り美人」でさえも、いまや2千円もしないで購入することも可能になっています。プレミア切手の王様がこれですから、あとはおして知るべしです。

切手収集の一つに初日カバー(写真上)というものがあります。
郵便切手の発行初日に、その発行日当日の消印が押された封筒類をいいます。これもつい、同じものを数枚購入したりするものですから、溜まってみれば切手より収納場所もとるのでかなりの分量になります。
これなども、少し整理しようと切手買取り業者に持ち込んでも、額面金額に関係なく1枚5円前後でしか購入してくれません
 プレミアのついたほんの一部を除き、記念切手のシートの大部分は額面金額の60~80パーセントでの売却が良いところですから、収集しておきたい大切なものを除き、記念切手シートで持っている記念切手は、どんどん使用したほうが得だと思います。額面の価値が生きるのですから。
整理中の膨大な記念切手シートを見ながら、つくづくそう思い知らされました。

| | コメント (4)

2013年1月 6日 (日)

厳寒と冬のオリオン座

Dsc00396_3201月6日、今朝の我家の外気温度計は氷点下4度を示していました。大地は冷え切り、庭には霜柱がびっしりと立っています。
正月、我家に来ていたチビスケ2号(小4)が、宿題の星の観察をするというので、この寒空の夜、防寒具を厚く着込んで中央公園に出かけました。
「オリオン座が時間が経つと、どう動くか観察するんだよ」
「えっ、それじゃあ、後でまたここに来るのかい」
「そうだよ。」
「寒いな、酔いもさめるぜ」と僕
「また飲めば大丈夫だよ。1時間くらいしたらDsc00393_320また来ようよ」

「さて、何を見つけるんだっけ」「オリオン座だよ」とチビスケ2号。
凍てつく夜空を見上げ、南に目を向けると、斜め一列に並んだオリオン座の三ツ星はすぐに見つけられました。左上にはひときわ明るく輝く1等星があります。「ペデルギウス」赤い星です。右斜め下にはこれも1等星のリゲルが白く光っています。
こんなに真剣に冬の星座を見ることなど本当に久しぶりです。
チビスケは、開いたノートに、向こうの建物の姿を描いて、その上にオリオン座の7つの星の位置を写しています。
LEDライトを当ててやる僕。
「爺さんと孫、星の観察か、なかなかいいじゃないか」「何をぶつぶつ言ってるの。もう書けたよ」「寒い、寒い。もう帰るよ」「あとで、また一緒に来てね」「動いているといいね」「星は動くんだよ」
1時間は待てずに夜9時半ごろ、同じ場所に立つと、オリオン座は、だいぶ中天に移動しています。「動いたね」「角度も違ったよ」チビスケは2枚目の星座の位置を書いています。
「よし、宿題終わり。あとは感想をちょっと書くだけ」「好かったね」
目が慣れたせいか、星は一段と輝きを増して光ってきました。「足元に気をつけて戻ろう」
「去年の鹿沢高原のキャンプで見た星もきれいだったね」「うん、きれいだった。それよりも立山でみた星がすごかったよ。暗いところより星のほうが多いくらいだよ」「そうかあ、家族で室堂のホテルに泊まったんだね」
僕も、昔、剣沢のキャンプサイトで見た満点の星空を思い出していました。

400pxorion_3008_huge_320

 

 

00042114000101_320

| | コメント (0)

2013年1月 3日 (木)

前駆微振動に関連した地震

20130103002431large1月2日のブログに書きました午後21時30分頃の、志木市の我家で観測した前駆微振動(縦揺れのみ)は、その数時間後に発生した次の二つの地震に対応するものではないかと判断しました。その後、顕著な揺れは観測していません。

発生時刻 2013年1月3日 0時24分頃
震源地 茨城県北部
最大震度 震度1
位置 緯度 北緯 36.9度
経度 東経 140.6度
震源 マグニチュード M3.2
深さ 約10km

20130103045639large




発生時刻  2013年1月3日 4時56分頃
震源地  福島県中通り
最大震度  震度2
位置 緯度  北緯 37.1度
経度 東経  140.6度
震源  マグニチュード M3.8
深さ  約10km

| | コメント (0)

2013年1月 2日 (水)

明けましておめでとうございます

新年明けましておめでとうございます。
平成25年1月1日、穏やかな晴天に恵まれて、いつもどおりに館氷川神社に初詣をすませました。
昨年末の選挙以来、心穏やかならぬ日々を過ごしてきましたが、いつまでも嘆いていても仕方ありません。
心新たに、今年も脱原発、日本の右傾化に歯止めをかけるべく、何をなすべきかを考えて行動してゆきたいと思っています。拙いブログでの発信ですがどうぞよろしくお願いいたします。

ところで、新年早々、あまり嬉しくないお知らせですが、1月2日21時30分現在、志木市では、連続的な縦揺れの微振動が継続しています。
経験的には茨城県、福島県方面2~3日以内のやや深い深度での地震発生の可能性があります。但し、こういった前兆現象があっても必ずしも地震発生に結びつかないこともありますが、少し気にかけておいてください。
Dsc00385_320 (写真左、館氷川神社での毎年見慣れた光景ですが、参拝の為の長い行列が出来ます。参拝後には甘酒が振舞われて、冷えた身体にはうれしい心遣いです)

| | コメント (0)

« 2012年12月 | トップページ | 2013年2月 »