« 2012年11月 | トップページ | 2013年1月 »

2012年12月27日 (木)

海賊対処法によるソマリア沖船舶護衛その31(2012年10月と11月)---日本関係船舶は何処に?

インド洋給油活動の時と同じように、派遣前には、あれほど大騒ぎしたマスコミが、その後の状況をまったく報じなくなった、海賊対処法によるソマリア沖派遣護衛艦の毎月の活動を書いています。(防衛省、国土交通省海事局発表資料、ソマリア沖EU部隊、NATO部隊資料、海上自衛隊情報、ジブチ情報その他資料による)

*平成24年10月の海賊対処法による船舶護衛実績(396回護衛~405回護衛の10回)
   護衛艦(第13次派遣部隊)  まきなみ   ゆうぎり     
 
 護衛した船舶  日本籍船 0隻 
            日本の船舶運航事業者が運航している外国籍船    8隻
                   合計8隻  1回平均0.8隻
           
              外国籍船 44隻  1回平均4.4隻 

護衛回(日程)                   日本籍船  日本関係外国籍船   外国籍船 
396 (9/28-10/1)    東行き       0         0           3 
397 (10/1-3)        西行き        0          2              7
398 (10/3-6)       東行き       0           0              8
399 (10/6-8)        西行き      0           0            1 
(10/8-11) ジブチ基地にて4日間補給、休養
400 (10/12-14)      東行き      0           0            8
401 (10/16-19)     西行き     0          0             6   
(10/19-21) ジブチ基地にて4日間補給、休養
402 (10/22-24)      東行き      0          2            4
403(10/24-26)       西行き      0          1            2
404(10/27-29)       東行き      0          0            2
405(10/29-31)       西行き      0          3            3

合計                                0                 8                      44

*平成24年11月の海賊対処法による船舶護衛実績(406回護衛~412回護衛の7回)
   護衛艦(第13次派遣部隊)  まきなみ   ゆうぎり     
 
 護衛した船舶  日本籍船 0隻 
            日本の船舶運航事業者が運航している外国籍船    1隻
                   合計1隻  1回平均0.14隻
           
              外国籍船  26隻  1回平均3. 7隻 

護衛回(日程)                   日本籍船  日本関係外国籍船   外国籍船 
406 (11/3-5)       東行き       0         0           1 
407 (11/6-8)        西行き        0          0              6
408 (11/9-11)      東行き       0           0              5
409 (11/11-13)      西行き      0           0             1 
(11/13-16) ジブチ基地にて4日間補給、休養
410 (11/17 -19)      東行き      0           0            3
(11/19-24) この間、船舶集合待ちの洋上待機なのか不明
411 (11/24-26)      西行き     0          0             1   
412 (11/26-29)       東行き     0           1            9

合計                               0                  1                     26

今年最後の「海賊対処法によるソマリア沖船舶護衛」報告です。
11月の護衛実績を見ると、最近の日本関係船舶の状況が良くわかります。
7回の護衛船団が組まれましたが、うち6回は日本貿易関係船舶は0隻
かろうじて第412回目の護衛に日本の運行会社によるパナマ船籍のタンカーが1隻加わっただけです。
ソマリア沖を航行する日本関係船舶は年間2000隻もあり、一回の護衛に10隻の船舶が加わるから、護衛艦2隻では不足だ、4隻は出せと騒いで防衛省、海上自衛隊を困らせていた自民党の某議員さんは、この実情を理解しているでしょうか。今度の衆院選挙で返り咲いて今また、ホルムズ海峡に護衛艦を出せ、インド洋給油を再開せよと叫んでいるのでしょうか。
日本関係船舶の護衛に限って言えば、最早派遣開始時の大義名分は消滅しています。
何度も書くように、ソマリア沖船舶護衛の戦略も見直す時期にあると思われます。
 尖閣諸島を巡る中国との軋轢のなか、中国の脅威をあおって、普天間基地移設問題から、集団的自衛権の行使容認、憲法改正、国防省、国防軍創設などの道筋を立てたい対米追随路線の安倍政権にとって、海上自衛隊護衛艦が護衛している外国籍船の半数が中国船籍、並びに中国の船舶運航会社の船舶というのは皮肉です。

104kirisame_320(第13次隊と交代のためジブチ基地に向け航行中の第14次隊の護衛艦DD-104きりさめ)114suzunami_320



(同じく、DD-114すずなみ)

| | コメント (2)

2012年12月24日 (月)

立教大学池袋キャンパスのクリスマスイルミネーション

Dsc00379_320今日、池袋の立教大学池袋キャンパスに寄り、クリスマスイルミネーションを見ました。
池袋駅から歩いて、約10分、広大な立教大学キャンパスがあります。
その、本館前の高さ25mはあろうかと思われる大きなヒマラヤ杉2本に、毎年点灯されるイルミネーションが池袋の名物になっています。
クリスマスイブの今夜は、だいぶ冷え込みましたが、それでも多くの人たちが集い、月明りの夜空に イルミネーションが幻想的に輝く景色を楽しんでいました。

Dsc00380_320

Dsc00381_320

| | コメント (0)

2012年12月21日 (金)

台湾旅行-6 モーリス・ミニのコーヒースタンド---高雄にて

Dsc00208_320平成24年11月7日
日月潭からバスで台中に戻り、新幹線で 高雄にきました。
夕食は旗津半島で海鮮料理を食べようとMRTを乗り継いで西子湾で下車。そこから旗津フェリー乗り場まで歩きました。
旗津フェリーは僅か5分ほどの乗船時間ですが、住民の足になっているようで、バイクや自転車などもどやどやと乗り込んできて、なかなかの混み具合です。
ここでもなんと渡船料の高齢者の半額割引があり感激。
フェリーからは高尾港が良く眺められ、遠くに高尾市の最も高いビルである東帝士85ビルも望め夜景もきれいです。この渡船、安いしお勧めです。
対岸に渡って、旗津半島の夕陽を眺めてから台湾料理の夕食を食べました。台湾料理については、また今度書きましょう。
食事の後、フェリー乗り場に戻るべく、公園を歩いていたら、モーリス・ミニが止まっていて、後ろに牽引した車がどうやらコーヒーの屋台になっているようです。
ちょうど、食後のコーヒーが飲みたかったので、近寄ってみると、なんと牽引されている車もモーリス・ミニです。車体の上半分を外して屋台状に出来ています。
ミニが好きという店主が自作?したとのことで、じつに見事な出来栄えです。しかも、豆を炒り、ミルクを温めて淹れてくれたコーヒーがとてもおいしいのです。僕もミニが好きだよと伝えたら、台湾の愛好者のクラブに入っていると言って、日本にもクラブが有るかと聞くので、ミニの愛好者は多く、クラブも沢山あるよと伝えると嬉しそうに笑いました。
Dsc00210_320旅はいいな。高雄の夜の楽しいひとときでした。

(写真上、黄色いミニの車体が映える、コーヒー屋台全景)
(写真下、屋台のコーヒとしては、60元はちょっと高めだが、美味しいコーヒとモーリス・ミニ屋台の出来栄えに乾杯する僕。
高雄に行く機会があったら探してみてください。屋台の製作費はずいぶん高くついたことでしょう)

 

| | コメント (0)

2012年12月18日 (火)

友の死

旧い山の友が死去しました。病気療養中だったとはいえ、前夜まで元気だったのが、翌朝ベッドでふたたび目覚めることはなかったそうです。
放射能ホットスポットでの心臓疾患による急死には、因果関係になにか引っかかるものがありますが、それを考えてももう友は帰りません。
陸上自衛隊を除隊してから、高校に入りなおしたという異色の経歴の持ち主で、山岳部では下級生ながら兄貴のような存在でした。

当時出版された作家、安川茂雄さん初の山岳小説「霧の山」に続く第二作目の「朝焼け」に登場する「大人」と呼ばれた勝呂順造という登山家を彷彿させる友でした。
彼の結婚式の祝辞で、僕が初めて会ったとき、まるで満州馬賊のようだったと話したら、皆が大いに賛同してくれました。事実、彼の一家は満州からやっとのおもいで日本に引き上げてきたと話してくれました。

もし、「自衛隊が国民に銃を向けるようなことが起きたら、俺は戦うね」と射撃がうまかったという彼。「その時は小銃の撃ち方を教えてくれ」と僕。
いつも山に入る時は、自衛隊で使っていたという環状の金具の穴がたくさんついている布製の太いバンドに、フックで水筒をぶら下げていたのが印象的でした。
途中、雪にも降られた初冬の山岳部合宿の八ヶ岳縦走の終盤、権現岳を越え、編笠山から小淵沢駅までの長い下りの途中、枯葉の厚く積もった林の中で、敏捷とは云いがたい体躯で、リスを追い掛け回していた姿を思い出します。
寂しくなりました。

| | コメント (0)

2012年12月16日 (日)

安倍自民党総裁の選挙演説打ち上げ演説は、日の丸で囲まれた---憲法改正、国防省創設は我が手中にありと!

Ajg3usccaazecp

「憲法改正」、「国防省、国防軍創設」、「集団的自衛権の行使」「原発推進」「インド洋給油再開」は、明日は我が手中にありと、日の丸を掲げて気勢を上げる自民党安倍総裁の選挙打ち上げ演説。
田母神元幕僚長、桜井よしこ氏
(入閣するとの噂あり)は、涙を流して喜んだ事だろう。

自分は、国民に同情はしない。国民がみずからこの運命を選択したのであれば、なおのことだ。1933年、ドイツの国際連盟脱退の是非を問う国民投票が行われた時、国民は自由投票によって隷属の政治を捨て、果敢な挑戦の政治を選ぶ決断をした(この投票では4500万人の有権者の95%が脱退に賛成したとされる)。その挑戦が今や挫折したのだ。こう述べるとゲッベルス(注:第二次大戦時のドイツ宣伝)は席から立ち上がって、つけくわえた。

「確かにこのことは少なからぬ人々にとって驚きだろう。……しかし思い違いをしないでもらいたい。われわれはドイツ国民に無理強いしてきたわけではない。同じように私はいかなる人間に対しても、自分の部下になるよう無理強いした覚えはない。国民が自分の方からわれわれに委任したのだ。……つまりは自業自得ということだ」。(岩波書店 ヒトラー最後の12日間より)

Ajwhd2ccaavpzd

*(投票日の今日、天候が良くて良かった。少しでも投票率が上がってくれ)

*(3年前、金庫内の3億円の現金を全て持ち逃げした自民党に、内閣官房調査費というおいしい金蔵が戻りそうだ)

*(野田首相、代表は辞めざるをえないだろうと側近に語る)

| | コメント (0)

2012年12月15日 (土)

脱原発を支持。憲法改正反対。明日は選挙に行きます

日本は残念ながら、進みだしたら歯止めが効かない国です。
この地震国に立地の安全調査など置き去りにして、僅か数十年の間に54基もの原発を作って稼動させ、世界有数の原発大国になりました。その上、世界を驚かす福島原発の事故を起こしてしまったのに、反省も無く原発は再稼動されてしまい、その稼動数を増やそうと画策し、いや新設さえも進めようとしています。

国や地方自治体の借金が1000兆円以上という天文学的な数字に膨れ上がっているのに、まだ借金を重ねる事にブレーキをかけられません。

戦力保持は原則できないはずなのに、いつのまにか世界で十指に入る軍事予算と軍事力を保持するに至りました。陸海空の総合戦力という面では、いびつな構造を持つ特異国とは言え、P3C哨戒機を米国に次ぐ90機も保有したり、効果が疑問視されるミサイル防衛システムに巨費を投じ続けようとしています。

税制面での有利さが有るとなれば、先を考えない船舶会社は、気がついたら日本国籍の船がほとんど無くなり、日本人船員にいたっては壊滅状態になるまでに至りました。

書き出したらきりがありませんが、歴史を振り返っても、大国ロシアとの日露戦争、そして中国から超大国米国との勝算無き戦いへと突き進みました。

この歯止めの効かない国が、今、「国防省、国防軍」「憲法改正」「憲法破棄」「自主憲法制定」「集団的自衛権の行使」などというきな臭い方向へ大きく舵取りし、それを選挙で確実なものにせんとしています。
事実、マスマディアの世論調査では、それを公約とした政党が過半数を占めるなどと報道されています。

世論調査について書き出すと、これまた云いたいことが山ほどあるのですが、選挙戦終盤、なぜかマスメディアの選挙報道が少なくなった感じられ、その中で、世論調査も含めて「日本未来の党」に対する無視、攻撃などが目に付きます。
一例を挙げると朝日新聞の世論調査で、他の党の獲得議席数が予測的表現なのに対して、唯一「大幅後退が確実」などと、嫌味なほどに言い切っている事に、今のマスメディアの姿勢が垣間見えるのです。
以下、一部転載

衆院選中盤の情勢について、朝日新聞社は11、12の両日、全300小選挙区の有権者を対象に電話調査を実施し、全国の取材網の情報も加えて情勢を探った。

自民は小選挙区で優勢な選挙区が170あまりに達している。競り合っている選挙区などの上積みを加えると、05年の219議席を上回りそうだ。比例区は60議席前後になりそう

 公明は8選挙区で議席獲得に見通しが立ちつつあり、残る1選挙区でも競り合う。比例区と合わせ、計30議席台が有望だ

 民主は反転の兆しがみられない。議席獲得の見込みが有望な小選挙区は20程度にとどまり、比例区との合計で80議席に届くかどうかの情勢だ。

 維新は小選挙区では序盤とほぼ同じ14議席前後の見通し。比例区では30議席台前半にとどまりそうだ

 日本未来の党は、小選挙区、比例区合わせて10議席前後で、公示前61議席から大幅後退が確実。

みんなの党は比例区で大きく伸ばし、全体で10議席台後半をうかがう

 共産は比例区で前回とほぼ同じ8議席前後。社民は2議席ほど、新党大地と国民新党も1議席を確保する可能性がある。

「転載終わり」

さて、いよいよ明日は衆院選挙投票日。
本当に多数の国民が
、「原発推進」、「消費税増税」、「憲法改正」、「国防軍創設」、「集団的自衛権行使」などを支持して、投票するのだろうか。昔と同じ道を歩む一歩を選択するのだろうか。もう、歯止めが効かなくなっているのだろうか。
「もうお願いするしかありません」
まだ、
投票議員を決めていない、そして投票支持政党を決めていないという有権者のうちの5割の皆さん。マスメディアの怪しい世論操作報道に騙されないでください。日本の右傾化を防いでください。あとから、あの時の選挙で、こんなふうになってしまったと後悔しないようにしたいのです。
憲法改正、集団的自衛権の行使、国防軍創設などは、原発問題の後に考える事にしませんか。なぜ、今早急に結論を急ぐのでしょう。僕はこの問題の12年間の先送りを提案します。


| | コメント (0)

2012年12月11日 (火)

今ならまだ阻止できる日本右傾化

1217_top
(写真上、TAIM誌最新号の表紙。国旗中央の日の丸を右にずらして日本の右傾化を表している)
終戦後、疎開先の福島県から戻ったばかりの小学生だった僕と父の会話。うろ覚えですが、こんなことを話した記憶があります。
僕「なぜ、アメリカのような大きくて強い国と戦争したのだろう」
父「日本はいつも後先の事を考えないのだよ」

憲法改正、天皇を国家元首に、国防省に、国防軍創設、徴兵制導入の検討、集団的自衛権の行使、交戦規定整備、原発は抑止力、稼動継続、核兵器の研究準備などなど、、選挙運動で聞こえてくる恐ろしい公約、談話などを聞くにつけ、なんともいえない焦燥感と不安にかられる毎日を過ごしています。そして5日後に衆院選挙が迫っています。

新聞、テレビは連日、経済問題、日本の再建などを論点にして、実は本当は一番取り組みたいこれらの問題をオブラートに包んで選挙戦を戦っている自民党、日本維新の会、国民新党などの選挙での躍進予測を報道しています。

明治維新から30年も経たないうちに日清戦争、その10年後には日露戦争、それから32年後にはまたしても泥沼の日中戦争から、ノモンハン戦争、そして太平洋戦争へと突入し、ナチドイツと共に完膚なきまでに叩きのめされ、大敗して敗戦を迎えました。
明治維新からわずか78年後の事です。
戦後、押し付けだと言われようとも平和憲法の下に約70年近い間、戦争で国民の命が失われる事なく過ごしてきました。
300万人、国民の25人に一人が死亡した太平洋戦争の悲劇を再び繰り返さないという思いを、国民が重く受け止めた結果です。

いままた、愛国心を煽り、好戦的な意見をとなえる勢力が国の実権を握らんとしています。
太平洋戦争が敗戦で終わるまでの戦争の相手国には、常に朝鮮、中国が絡んでいました。
そして、尖閣諸島での紛争もまた、中国です。
日本は過去、中国に対して常に武力を行使して対抗してきました。中国海軍に海上自衛隊は勝利」出来るなどの週刊誌の見出しを見るにつけ、日本は「後先の事を考えないのだ」という父の言葉を思い出します。
選挙での改憲派の言葉が、国民にどう響いているのか。閉塞感に包まれた国の現状が、それらの威勢の良い呼びかけに魅力され、流れが一気に右傾へと進むことが心配です。
経済成長と繁栄が続き、勢いのあるときは見過ごされてきたナショナリズムが、国の脆弱と共に台頭してきています。
戦後、子供たちを徴兵制などに晒されたくない思いで右への勢力と対抗し、なんとか今まで平和憲法を守りきることができました。
少子化に歯止めがかからない現状では、今でも不足している自衛隊兵力維持の延長に、国防軍の準徴兵制などがあり得るとしたら、孫にどうして反対してくれなかったと云われて、老いた僕はなんと答えたら良いでしょう。
一億玉砕が叫ばれ、陸海軍の特攻隊による自爆攻撃が行われ、多くの若者たちに死ぬ事を求めた異常な国です。
憲法が改正され、国防軍という組織が出来れば、また同じ道を進む事になる危険があります。近隣国との関係を、日本の将来にどう位置付けるかなどの長期的展望をいまだ思考出来ない国なのです。昔と変っていません。だから右傾化することが危ぶまれる国なのです。
自衛隊が国防省下、国防軍となるのは、単に名前の変更などではなく、はかりしれない危険をはらんでいます。反省無き国、責任を取らない国の軍事化は危険です。
大国の中国と力で争う事が出来ると言う人達の声が大きくなっています。
戦争を知っている世代にとっては信じがたい思いです。

選挙において、支持政党の見つからないと言う皆さん、投票率の低いと言われる若者の皆さん、選挙に行かないつもりの皆さん日本を立て直すとか、維新などという響きの良い言葉に騙されないでください。本当は明治維新以後、太平洋戦争で敗れて以来の最大の難局に国民が晒されています。最大の岐路に立たされています。
どうぞ、日本国に強まる権限と戦力増強に反対し、右傾化を防ぐべく、選挙権を行使してください。今ならまだ間に合います。

| | コメント (0)

2012年12月 5日 (水)

台湾旅行-5 やにわに腕にスタンプを押された!---日月潭遊覧船

11月6日、台湾旅行3日目。台湾中西部の「日月潭」に向いました。
台北から新幹線で約1時間。台中駅で下車してバスに乗り換えます。
台湾新幹線で何より嬉しいのは切符購入時にパスポートを見せると、65歳以上は半額になることです。
ちなみに台北、台中間の料金は半額で350元、日本円で約1000円です。
日本の東海道新幹線に当てはめると、同じ程度の距離の東京から三島までの料金が約4000円ですから、その安さがわかります。
購入窓口も身体障害者、高齢者専用窓口まで設けられています。これは日本でも見習って欲しい。新幹線も快適で、揺れも少ない車内の速度表示板は300km近くで走行していることを教えてくれます。
それと新幹線の駅や車内では、11時から14時までの間、ほかほかに温められた駅弁が売られ、これがどれもとても美味しいのです。

台中駅で、日月潭周遊チケット(1枚990元)を購入しバスに乗り込みました。日月潭は、「地球の歩き方」にこう書かれています。
「台中の南東約40kmに位置する総面積793ヘクタールのダム湖。湖に浮かぶ拉魯(ラル)島から東側が太陽、西側が三日月に似ていることから日月潭という名前がついた。山と湖面が水墨画のような景色を織りなす風光明媚な景勝地である。原住民族サオ族の文化でも知られており、ロープウエィが発着する伊達邵は彼らの集落である。」

以前見たテレビ番組で、蒋介石総統も愛した土地で、その別荘(現在はホテルになっている)もあったと紹介されていて、その映像で見た日月潭の美しい景観と原住民族14族の文化をモチーフにして造られているテーマパーク九族文化村を是非訪ねてみたいと思ったのです。
バスに揺られること約1時間半で日月潭湖畔に到着しました。そう、到着して受けた印象は日本の箱根の芦ノ湖のような感じです。
日月潭については、ネットで多くの紹介記事がありますので省略しますが、ここの遊覧船での面白い出来事を紹介します。
 Dsc00142_800 伊達邵の湖畔のホテルに荷物を預けてから、近くの船着場(伊達邵碼頭)で遊覧船に乗り込み、対岸の水社碼頭に渡りました。
付近を散策などしてから、次の目的地である幻光寺の船着場まで渡るべく、遊覧船に乗り込もうとして周遊チケットを見せたところ、乗船口の女性係員は、半券の切られた乗船券を見て、「一度乗ったので二度は乗れません」と云う。
変だなそうだったのかな、それではバスにするしかないかと思っていたら、かみさんが別の場所の机の前にいた係員に、周遊チケットの船路を指差して、本当に戻れないかと日本語で聞いたところ、なんとやにわに腕をつかまれて、パンと押してくれたのが上の写真のゴム印の赤いマーク。どうやら、これが一日乗り降り自由のチケット代わりのようです。やはり調べていたように周遊チケットについている乗船券は、乗り降り自由だったのです。

東京ディズニーランドの再入場の場合に、蛍光塗料のスタンプを腕に押してくれますが、あれは見た目には何も無く、ブラックライトで照射しないと確認できない特殊インキを使う心配りがあります。
ところが、ここは荷物に押すように、有無を言わせず腕にスタンプを押すとは。
驚くより笑ってしまいました。どうせ説明しても、中国語が理解できないだろうと、手のほうが動いたというわけでしょう。
続いて僕もポント押してもらったというわけですが、確かにいちいちチケットを提示するより、腕を見せればよいので合理的です。これだから旅は楽しい。これを見せながら他の船着場でも遊覧船を乗り降りして、元の場所まで戻ったというわけです。
Dsc00137_320

Dsc00149_320

Dsc00147_320

Dsc00133_320

(写真左)台湾は、4つ星程度のホテルでもBOOKING.COMで上手く予約すると、とても安い。この日月潭湖畔にせり出すように建つ総ヒノキ造りのホテルは各国のVIPも宿泊したそうで、通常の宿泊費はかなり高いのですが、キャンペーン予約が上手く出来て3人で朝食付き一泊23500円程度でした。
写真左下)メゾネットタイプのトリプルの部屋も広くて快適でした。

Dsc00150_320

| | コメント (0)

2012年12月 4日 (火)

志木市で縦揺れの微振動が続いています

2012年12月4日。午後5時30分現在。
志木ニュータウンで、午後4時頃より縦揺れの微振動が1時間半も継続しています。
横揺れをほとんど感じない、ちょっと普通でない感じの揺れです。もし縦揺れを感じたり、めまいを感じる敏感な方がいらしたら、それは気のせいではありません。
今日は全国的に地震の少ない日で、これに該当する地震情報はありません。
局地的な微振動だと思いますが、今までに無い揺れなので、少し気にしておいて下さい。
   日本気象協会地震情報 http://bousai.tenki.jp/bousai/earthquake/

| | コメント (0)

« 2012年11月 | トップページ | 2013年1月 »